ホワイトペーパー

SOA プラットフォーム (ESB) によって為替トレーディング システムを強化

フィオラノ ソフトウェア 株式会社 2008年05月30日

Forex 社は、50,000 人を超えるユーザーと 70 億ドルを超える取引量を支える技術に裏
づけされ、かつアプリケーション システムを迅速に構築できるミドルウェア製品を必要とし
ていました。これを解決するためには、モジュラー技術によるソリューション構築と、信頼
性の高いメッセージング、高いスケーラビリティが必要であるとの結論に達しました。

Forex のソリューションは、Fiorano ESB のコンポーネント アーキテクチャの利点をフル
に引き出すよう設計されています。既存のアプリケーションを作り変えることなく、コンポー
ネント ベースの新たなビジネス プロセスから利用できるようにすることで、従来のトレーデ
ィング システムをモノシリックなシステムから、柔軟性に富むアジャイルなシステムへと変
革しました。

このケーススタディでは、Fiorano SOA プラットフォームの基盤である Fiorano ESB のアーキテクチャ上の利点についても説明しています。Fiorano ESB の利点とは、ピア サーバーを分散配置することで企業内の部門や支店、さらには取引先企業までにもまたがる一本の ESB を敷設することができ、SOA の完全な分散実行をサポートできる点にあります。また、コンポーネント アーキテクチャに基づくビジネス プロセスは、モジュラリティの利点や疎結合の利点をフルに活かしたものであります。個々のコンポーネントは、複数のピア サーバー上に分散させて実行することができ、ロードバランシングや通信効率などの面から SOA の分散実行をサポートします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)