ホワイトペーパー

日本語スパム・画像スパムにも対応するスパムブロックの仕組みを解説

株式会社クオリティア(旧株式会社トランスウエア) 2008年03月10日

多様化・巧妙化の一途をたどるスパムメール。日本語スパムや未知のスパムへの対策に加え、管理者の負荷やコスト、ユーザーごとのスパムポリシーへの対応はどうすればよいのでしょうか。複合的スパムブロックの手法で解決策をたどります。


企業のメールサーバに届くスパムメールは、全体の8割〜9割を占めるまでに至ると言われています。また、スパムメールは多様化・巧妙化の一途を辿り、画像スパムやPDFスパム、特に日本国内環境での利用においては増大する日本語スパムへの対策も重要な課題になっています。さらに、新たな未知のパターンのスパムの脅威に晒される危険性も拭えません。


スパムメールは業務効率を低下させるだけではなく、DHA攻撃によるサーバへの負荷や、ウイルス&ワーム、フィッシング、スパイウェア、スプーイング、ゾンビプログラム、DoS攻撃などの実害を受けるリスクを著しく増大させます。


管理者の負荷やコストの増大も大きな問題です。また、ユーザ毎に異なるスパムポリシーにはどのように対処すれば良いのでしょう。


このような環境の中で、企業のシステム管理者はどのような対策でメールシステムとエンドユーザを保護すれば良いのでしょうか。本資料では複合的スパムブロックの手法により、課題を解決するアプローチをご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)