ホワイトペーパー

仮想化の効率的な管理方法: テンプレート

Parallels 2008年08月28日

なぜハードウェア仮想化でサーバ・スプロールに関する問題を解決できないのでしょうか。
 
多くの IT 部門がサーバ・スプロールを解決しようとして VMware や Xen といった仮想化ソリューションを検討しました。ハードウェア仮想化はサーバ統合やハードウェアコストおよびインフラコストの問題を解決しましたが、「OS や VM のスプロール現象」という新たな問題を発生させています。あらゆる仮想サーバには、ホスト OSと 同様、各仮想マシンに OS が存在します。 (「hypervisor」でさえ Linux ベースの OS です。) さらに、仮想化によって新しい OS インスタンスのプロビジョニングがとても簡単になったため、管理者はより複雑にカスタマイズされた OS 環境を構築するようになっています。その結果、管理者は、それぞれ個々に更新が必要なオペレーティングシステムや IIS、ASP.NET、SQL サーバやその他のミドルウェアの膨大なコピーと一緒に、何百もの VM イメージを管理することになっています。
 
この問題に対処するため、Parallels Virtuozzo Containers (パラレルス・バーチュオッゾ・コンテナ) は、ソフトウェアプロビジョニングに効率のよいテンプレートベースのアプローチを採用しています。それは異なる仮想環境で稼働している OS やアプリケーションの類似部分を活用します。テンプレートを利用することにより、管理者は OS およびアプリケーション管理の統合が可能となり、ソフトウェアを使用する仮想環境の数に関係なく、1 台の物理サーバ上でソフトウェアパッケージのインスタンスを 1 つだけ管理すればよくなります。
 
このホワイトペーパーでは、Parallels Virtuozzo Containersのテンプレート技術による仮想化の管理方法の利点を説明するとともに、テンプレートの仕組みおよび管理方法について説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)