ホワイトペーパー

急速に成長するインドネシアの移動体通信市場〜2010年1億3,300万の加入者数が展望される巨大市場を探る〜

株式会社ROA Holdings 2007年10月04日

エグゼクティブサマリー

インドネシアの通信市場においては、今まで多くの人々が広い国土に散在している群島国家であるという弱点が市場の成長を邪魔する要因となっていた。しかし逆に言えば、このような弱点を克服するためのさまざまな技術やサービスが出てくる環境であるともいえよう。現在のインドネシアにおける通信市場は目覚しい発展を遂げており、経済発展及び政府による競争原理の構築により、今後最も注目される産業になると予想される。

インドネシアの移動体通信サービスの加入者は、2006年末時点で6,800万人規模となっており、2007年も引き続き成長を続け、9,470万人まで拡大すると予想される。その後、年平均成長率(CAGR)は18%ほどで推移するとみられる。2010年には人口が2億5,000万人に拡大すると予想されるが、その時には人口の約50%に該当する1億3,300万人が移動体通信サービスに加入するとみられる。まさに、アジアの中でも中国、インドに次ぐ巨大市場になっていくと予想される。

・・・・・・・・・・・・・・
この続きのレポートのサマリーがPDFファイルでご覧いただけます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)