ホワイトペーパー

2008年日本移動体通信市場の予測〜10大トピック分析を中心に〜

株式会社ROA Holdings 2008年01月27日

●報告書の概要●
本レポートは、ROA Groupが2006年以降毎年初めに発行しているシリーズの第三弾であり、日本の移動体通信市場の2008年度を10大トピックの選定・分析によって予測したレポートです。

ROA Groupは、2008年の日本における移動体通信市場を予測するために、次のような10のトピックを選定しました。

2008年の日本移動体通信市場の10大トピック

市場環境の変化
-販売奨励金撤廃の影響
-フィルタリングサービスの義務化が意味するもの

ネットワーク領域
-有無線通信の橋渡し役 WiMax

デバイス領域
-携帯電話のブランド化
-モバイルプラットフォームの変化

コンテンツ及びサービス面
-競争を加速させる積極的な音声料金プラン
-LBSは順調に発展するか
-ポイントと携帯電話の融合による市場の変化
-携帯電話向け電子書籍の活性化へ
-ヘルスケアの中心機器になる携帯電話

本レポートはそれぞれ10のトピックについて、その背景及び現況分析、そして日本市場へのインパクトに対するROA Group研究員の意見を収録しました。

レポートのサマリーがPDFファイルでご覧いただけます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)