ホワイトペーパー

国際会計基準と進行基準

テクノブレーン株式会社 2008年06月12日

受注制作のソフトウェアに関わる会計処理が、2009年4月より、原則、進行基準を適用することとなりました。請負契約の会計処理を進行基準にするためには、受注時点での正確な損益見積、正確な進捗率の把握などが求められます。
会計制度変更により、国際会計基準適用動向、工事契約への進行基準適用についての説明資料になります。

<ご紹介内容>
〜 国際会計基準と進行基準 〜
1.IFRS(国際財務報告基準)を取り巻く状況
2.2011年のコンバージェンス(融合、合致、収束)の東京合意
3.各基準毎の主要相違項目
4.工事契約に関する会計基準
5.請負契約に関わる適用上の課題

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)