ホワイトペーパー

【ローソンソフトウエア ジャパン】 ファッション業界向けインティメートサプライチェーン

ローソンソフトウエアジャパン株式会社 2007年07月17日

今日、アパレル業界はかつてないほど厳しい環境に置かれています。激化する競争に加え、押し寄せるグローバル化の波、短くなる製品のライフサイクル、高まる消費者の要求、そして企業の統合は市場のあらゆる側面に影響を及ぼしています。考えてみましょう。1980 年、米国には 200 社のデパートの看板が掲げられていました。今日、その数字は17社にまで減少しています。さらに、流通チャネルの縮小が加わり、企業が外部調達する商品の品質とコストにおける違いはほとんどなくなりつつあります。この
ように平準化されると、各ファッション企業が調達するものと全く同じものを、競合がより低コストで迅速に調達できることもありえます。ブランドに関しては、商品の特徴は迅速かつ簡単にコピーできるため、デザインの名声は特に危機にさらされています。例えば Zara の場合、ファッションのコンセプトを店頭に陳列するまでの期間は、ファッションショーから10 日後です。

このような「類似性」が発現する環境で、ファッション企業はどうすれば差別化が図れるのでしょう。それは、顧客の要望、ニーズ、要求に合わせて独自の経験を活かしたものを提供することです。この使命の核心は、顧客との親密性にあります。商品とサービスの提供において中核をなすのは、顧客中心という概念です。
顧客中心主義と唱えるのは誰にでも簡単にできます。結局、顧客を喜ばせたくない企業は存在しません。しかしながら顧客と真に親密な関係を保っているファッション企業は、わずか数社に過ぎません。
インティメイト・サプライチェーンに参加しましょう。顧客の経験が推進力となるインティメイト(親密な)・サプライチェーンは、パートナのネットワーク全体の連携と、最高の顧客満足度とサービスレベルの提供への
注力を可能にします。最大限のスリム化を図る一方、情報の迅速な入手、外部調達管理プロセス、カスタマ・リレーションシップ戦略、高い効率性といった、競争力を保持するために必要な要素を確実に提供します。
最先端のファッション企業がこれらのプロセスを実現するためには、統合ERP システムが必要です。これらのテクノロジは、顧客の要求にできる限り柔軟に対応し続けるために、ネットワーク全体の全体像をリアルタイムに提供します。さらに、ERPのバックボーンには、需要計画、アソートメント・プランニング、CRM、外部調達、配送などの機能を追加する必要があります。これにより、アパレル企業は今日の市場で生き残るために必要なツールを入手することができます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)