ホワイトペーパー

なぜ、ERP 導入は敷居が高いのか?−−マイクロソフトが提案する「全社員が使えるERP プラットフォーム」

マイクロソフト 2008年11月04日

1980 年代に米国で登場したERPという概念は、今や日本市場にもすっかり浸透したかのように見えます。

しかしその導入には、十分な投資コストや構築期間、人材の確保はもちろんのこと、大規模な変革に踏み切るだけの相当な覚悟を要し、重大な選択を前に頭を悩ます企業は少なくありません。

また、導入に失敗しないためのノウハウが高い注目を集めるのも、失敗事例が多いこと、導入に伴うリスクが高いことの裏返しと言えます。これほどまでに導入が難しいとされる理由は、いったいどこにあるのでしょうか?

・経営者の期待
・システム管理者の期待
・オペレーター(ERPユーザー)の期待
・一般ユーザー(非ERPユーザー)の期待

それぞれの立場でERPへの期待が異なります。本ホワイトペーパーではそれぞれの立場に応じた、ERPの活用方法をご提案します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)