ホワイトペーパー

リーダー企業が、急な商機や障害にも即応できる理由--常識を「再定義」していくテクノロジー

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年12月09日

いまテクノロジーの力により、従来は難しかった不可能だった、「迅速かつ的確な意思判断」が可能になっています。

本資料は、IBMが「コグニティブ・コンピューティング時代」と呼ぶ、その枠組みの解説と、企業が実現可能な「対応力」について解説します。

例えば昨今、ユーザーとそれを取り巻く世界をテクノロジーの力で感知し、推論し、学習することが可能になっています。その結果、新しいクラスの製品やサービスが生み出されます。

自動車、接客、官公庁、メディア、ゲーム、製造、旅行、エンジニアリング、法律、製薬、科学などの業界では、これはすでに現実です。では、どういったテクノロジーを用い、企業活動の質そのものを、今後変化させていくことAになるのか。

本資料では以下のポイントを解説します。

・今後生じる変化とは
・動き続けるということ:連続可用性の重要さ
・驚異的な数々の利点とレジリエンシー(予測、対応、適応の力)
・コグニティブ機能によってどのようにレジリエンシーを改善できるのか

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)