イータイピング、会員登録数60万人突破!国内最大規模のタイピング練習サイトに!

イータイピング、会員登録数60万人突破!

イータイピング株式会社 2006年10月10日

イータイピング株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表者:香山進 以下イータイピング)は、同社が運営する国内最大規模のタイピング練習サイト「e-typing」において登録会員数が60万人を突破したことを発表しました。

■概要
イータイピング株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表者:香山進 以下イータイピング)は、同社が運営する国内最大規模のタイピング練習サイト「e-typing」において登録会員数が60万人を突破したことを発表しました。

URL: (リンク »)

■本文

◇毎月平均1万人以上の新規会員増

2001年4月に公開したタイピング練習サイト「e-typing」の新規会員登録数が2006年10月9日に60万人を超えました。

イータイピングは過去3年以上もの間、毎月平均1万人を超える新規会員登録のある定番サイトです。国内では最大規模のタイピング練習サイトとして個人だけでなく企業・学校などでも教材として利用されています。

イータイピングはウェブ上でWebアプリ(タイピングアプリケーション)を提供するサービスを行っており、会員登録することで自分の練習記録をグラフ化して見るなどの機能を利用できます。


◇Web2.0時代のWebアプリ

サイト公開時にはまだ数少なかったWebアプリも「Web2.0」の流れの中で評価され、現在はgoogleを始めとする企業からも多くのWebアプリが登場し、新しいアプリケーションの利用スタイルとして定着してきています。

イータイピングでは従来パソコンにインストールして使用していたタイピングソフトを、Webコンテンツとして再構築し、アクセスして30秒以内に利用できるサービスを提供してきました。

また、他のユーザーとランキングで競えるなどコミュニティ要素を持たせる事で利用者は過去の市販タイピングソフトでは得られなかったユーザー体験ができるようになりました。


◇Webアプリでわかる新市場

Webアプリとして展開したことで、中高年の初心者向けと思われていたタイピングソフトに新たな潜在市場を見つけ出すことに成功しました。

イータイピングの利用者の半数以上が20代~30代(女性比率57%)の既にPCを使っているユーザーです。PCをより活用するためのスキルアップを求める層は初心者層よりもはるかに多く存在していました。

こうした層に向けたサービスを取り揃えていくことで、ビジネスモデルが弱いと言われるWeb2.0的サイトの問題を解消しています。新たに開拓した市場へ向けた法人向け教材サービス等は既に多くの企業や学校で導入されています。

利用者の拡大はタイピング能力そのもののステータスを高め、個人ユーザーに対して実施しているオンラインスキルテストなどのサービスでも100万人を超える利用実績を持っています。


◇これから

イータイピングは必要とされるサービスである限り、常にユーザーを最優先し、ユーザー体験を向上させるサービスを提供し続け、これからも継続させていきます。

『タイピングがすこし上手くなると、あなたの可能性が拡がります』



■イータイピング株式会社
(リンク »)
事業所:名古屋市名東区藤が丘140-1 日本生命藤ヶ丘ビル2F
電話番号:052-769-3731
設立:1984年10月
資本金:3,500万円
代表者:代表取締役社長 香山 進

会社概要
(リンク »)

■イータイピングについて
2001年4月16日サービス開始。タイピング練習サイトとして国内最大の会員数(60万人)、月間利用者数120万人を持つ。個人向けパッケージソフト販売、法人向けASPサービス販売、OEM販売、オンライン検定事業などを実施。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
担当:イータイピング・株式会社 島貫 実
メール: mailto:info@e-typing.ne.jp
Tel:052-769-3731 Fax:052-776-0061

※本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。
画面キャプチャーなどご自由に使って頂いて構いません。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イータイピング株式会社の関連情報

イータイピング株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR