NeoCoreXMS、XMLデータベース出荷本数・出荷金額3年連続業界トップ ~今後もXMLデータベースは高い成長率(ミック経済研究所調べ)~

三井物産/三井情報開発 2006年11月24日

 三井物産株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:槍田 松瑩、以下「三井物産」)、三井情報開発株式会社(本店:東京都中野区、代表取締役社長:増田 潤逸、以下「三井情報開発」))が取り扱っているNeoCoreXMSは、情報・通信分野に専門特化してマーケティング活動を行なっている株式会社ミック経済研究所(本社: 東京都港区、代表者:有賀 章)が12年連続調査を行っている、「UNIX-Windows対応ミドルウエアパッケージソフト市場展望2006年度版」の「XML-DBパッケージ」において、出荷本数・出荷金額において3年連続業界トップシェアになりました。
 なお、同調査でのXMLデータベースは、出荷金額で2005年度が前年度対比で196.5%、2006年度の市場展望も前年度対比で125.1%と高成長が予想されています。

 NeoCoreXMSがXML-DBパッケージで業界トップシェアになったのは2004年からであり、今回で3年連続となります。これは、お客様、システムインテグレータ様がXMLデータベースを選定する際に重要視される柔軟性及び拡張性、高速性、大容量データの取り扱い等において、NeoCoreXMSに高いご評価を頂いた結果であると考えており、NeoCoreXMSのサービスと共に、数多くの連携ソリューションがお客様に認められたものと考えています。

 三井物産・三井情報開発は、業界トップとして、XMLデータベースを通してお客様の業務効率化を始め、経営課題の解決に貢献できる質の高い製品、ソリューションの提供を進めると共に、今後もお客様より高い評価が得られるようXMLデータベース市場を牽引していきます。

製品に関するお問い合わせ先
■Mitsui NeoCore Center
 TEL:03-5577-8211
 support@neocore.jp

本件に関するお問い合わせ先
■三井物産株式会社 広報部 報道室
 TEL:03-3285-7566
 FAX:03-3285-9819

■三井情報開発株式会社 総務人事室 広報・IR担当
 TEL: 03-5847-6037
 FAX: 03-5641-9031

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR