日本ピープルソフト、オムロン ヘルスケアに「JD Edwards EnterpriseOne」を導入 ヘルスケア事業の成長を支える基幹システムを構築        

~グロ-バルレベルでの情報連携強化、およびシェアードシステムによるTCO削減を実現~

日本ピープルソフト株式会社 2005年08月30日

2005年8月30日、東京発 - - - 日本ピープルソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:マーク 広渡、以下 ピープルソフト)は、健康医療機器の大手メーカー オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都市右京区、代表取締役社長:赤星 慶一郎、以下オムロン ヘルスケア)が、同社の基幹業務システムに、「JD Edwards EnterpriseOne」(旧PeopleSoft EnterpriseOne、以下EnterpriseOne)を採用し、会計、販売、在庫、調達、生産管理を含めた基幹業務システムをグローバルに構築したと発表しました。

同システムは、2004年10月の日本国内のオムロン ヘルスケア本社とその営業拠点、生産会社、シンガポール販社での本番稼動に続き、2005年5月には、中国の大連販社及び上海営業所にて本稼動を開始しました。すでに欧米の販売拠点では、同システムが導入されており、今回のアジア圏におけるシステム展開によりグローバルでの共通基盤が確立されました。オムロン ヘルスケアは本システムをベースに今後、世界規模での経営管理情報の可視化や多面的な分析を通じて、経営のスピード化を実現していきます。また今回、シェアードシステム化することにより、業務プロセスを標準化するとともに、Total Cost of Ownership (システム総保有コスト、以下TCO)の低減を目指します。

オムロン ヘルスケアはオムロン株式会社ヘルスケアビジネスを前身とし、電子血圧計や体重体組成計、電子体温計などの健康医療機器の研究開発および製造・販売を行っています。同社では2003年7月のオムロンからの分社を機に、独立会社として経営情報を迅速かつ多面的に管理でき、また事業特化による業務プロセスやビジネス環境の変化に対応できる独自のシステム基盤の構築が急務となっていました。また同社では1991年に世界市場への供給基地として設立された中国の生産拠点から全世界へ商品を供給するというグローバル展開を図っています。このような状況下、業務プロセスを含むシステムの標準化による管理レベルの底上げなど、同社のグローバル経営をサポートし、かつ成長と変化に対応できる拡張性の高いシステム基盤が検討されていました。

今回、EnterpriseOneが採用された理由として、まずパッケージでありながら手作りのシステムにも劣らない高い柔軟性を持つ製品であったことが挙げられます。EnterpriseOneの持つ柔軟性によって、オムロン ヘルスケアの事業規模や事業特性に適合したシステム基盤を比較的短期間で構築することができると判断したこと、また、シェアードシステム化することでシステムのスリム化、ひいてはTCOの削減が期待できたこと、さらに、欧米拠点で既にJD Edwardsが使われている実績があったことも採用の決め手となりました。

EnterpriseOneを採用した新システムへオムロン ヘルスケアが期待する効果は以下の3点です。

(1) 経営管理情報の可視化と多面的な分析によるグローバル・スピード経営の実現
グローバルでの共通情報基盤を構築することで、情報の可視化とスピード向上、ならびに早期分析を可能とし、スピード経営の実現に役立てる

(2) TCOの削減
シェアードシステム化によりメンテナンスと運用コストを低減し、トータルコストの削減を目指す

(3) グローバルに標準化されたシステム基盤づくり
グローバルに事業を拡大していくにあたり、世界規模での業務プロセス標準化を可能にする柔軟なシステムの基盤を作る

日本ピープルソフトは、今後もEnterpriseOneによりオムロン ヘルスケアのグローバルな事業展開と経営のスピード化をサポートしていきます。

以上

「JD Edwards EnterpriseOne」について
「JD Edwards EnterpriseOne」は、中堅企業市場を対象にしたオール イン ワン型で短期導入が可能なビジネス アプリケーションスイートで、特に製造、流通、サービス、建設・不動産業に特有のソリューションに強みを有しています。
詳細は、 (リンク ») をご参照下さい。

オムロン ヘルスケア株式会社について
本社所在地   : 〒615-0084 京都市右京区山ノ内山ノ下町24番地
代表者     : 代表取締役社長 赤星慶一郎
売上高     : 506億円  (05年3月期実績/連結数字)
従業員数    : 2,683名  (05年3月末時点/連結数字)
事業内容    : 家庭用・医療用健康機器の開発・販売、生活習慣改善
          プログラムの開発・販売など
URL : (リンク »)

日本ピープルソフトについて
日本ピープルソフトは、Oracle Corporationの100%出資の子会社です。PeopleSoft EnterpriseとJD Edwards EnterpriseOneは、世界150カ国、25種以上の産業において、1万3,400社の企業で導入されています。日本では、トヨタ自動車、NTTグループをはじめとする優良企業が当社製品を採用しています。詳細は (リンク ») まで。

Oracle、PeopleSoft、JD Edwardsおよびそれらに付随するロゴはOracle Corporationの登録商標です。その他の会社名および製品名は、所有各社の商標です。
All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本ピープルソフト株式会社の関連情報

日本ピープルソフト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR