ウイングアーク、名古屋・大阪・東京で「帳票SOA DAYS 2006」を開催

内部統制強化の視点から全社帳票運用の一極集中を提唱、 帳票分野からのIT対応の現実解を訴求

ウイングアーク1st株式会社 2006年05月24日

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、企業の内部統制対応を推進する業務改革部門様やIT推進部門様、情報システム部門様、システムインテグレーション企業様を対象に、オリジナルイベント「ウイングアーク 帳票SOA(TM) DAYS 2006」を5月26日(金)名古屋、6月9日(金)大阪、7月14日(金)東京、の3都市にて、全体で500名規模の動員を予定し開催することになりましたので、お知らせいたします。

 昨今、ビジネスに対して迅速なITへの対応が注目されています。内部統制の強化やビジネスや事業構造の変化に即応できるITのあり方は、企業の業務改革担当部門やIT推進部門にとって、重要かつ急務のテーマとなっています。
 ウイングアークテクノロジーズでは、避けて通れない内部統制強化や今後有効な手当てとなるSOAの考え方を取り入れたIT基盤を見据えて、業務にとって必要不可欠なシステムからのアウトプットを形成する「帳票・ドキュメント」の分野からより具体的な情報システムの対応を解決します。
 このたびの「帳票SOA DAYS」は、名古屋、大阪、東京の3都市で、ウイングアークテクノロジーズがお客様に向けて発信する帳票ソリューションの新コンセプト「帳票SOA(※注1)」を具現化した成功のシナリオを紹介するはじめてのイベントです。とくに、基幹システムのオープン化でこれまで実現できなかった全社帳票運用の「一極集中化」を軸に、今後の内部統制強化や日本版SOX法対応、さらにこれから企業がむかうSOAを取り入れたITの対応を帳票・ドキュメントの分野から現実な解を紹介する機会となります。


「帳票SOA DAYS 2006」の開催詳細につきましては、下記をご参照ください。
ウイングアーク 帳票SOA DAYS 2006( (リンク ») )

【ウイングアーク 帳票SOA DAYS 2006 in 名古屋】
=============================================================================
■日程:2006年5月26日(金)15:00~17:20
(開場13:00  13:00~14:30まで製品展示をご覧いただけます)
■会場:ヒルトン名古屋 〒460-0008愛知県名古屋市中区栄1-3-3 4F 竹園の間/TEL052-212-1111
■参加費 : 無料
■プログラム内容
□ご挨拶とウイングアークのビジョン
 [常務取締役 リージョナル営業本部長 杉澤 俊也 ]
□ウイングアーク製品:情報システムの「入れる・ためる・引き出す」一気通貫ソリューション
 [StraForm事業部 事業部長 谷口 功氏]
□「帳票SOA」の考え方だからできる「帳票運用の一極集中」の現実
 [技術本部リージョナル技術部 澤井 良二]
□全社規模で企業のデータを活用できるDr.Sum EA活用事例 一挙公開




【ウイングアーク 帳票SOA DAYS 2006 in 大阪】
=============================================================================
■日程:2006年6月9日(金)13:30~17:30(開場13:00)
■会場:ホテル阪神 〒553-0003大阪市福島区福島5-6-16クリスタルルーム/TEL06-6344-1661
■参加費 : 無料
■プログラム内容
□ご挨拶とウイングアークのビジョン
 [常務取締役 リージョナル営業本部長 杉澤 俊也 ]
□基調講演:内部統制におけるIT統制を「情報導線」のSOA対応で実現する
 [株式会社フロンティアワン 代表取締役社長 鍋野 敬一郎氏]
□帳票から考える「日本版SOX法」
 [StraForm事業部 事業部長 谷口 功]
□「帳票運用の一極集中」を軸とした「帳票SOA」三部作の全貌と現実解
 [SVF事業部 事業部長 森脇 匡紀]
 [技術本部リージョナル技術部 澤井 良二]
□ユーザ講演:ITガバナンス実現に向けた出力HUBシステムの全貌と今後の展望
 [シャープ株式会社 経営企画室 IT戦略企画室 第一IT推進部 副参事 岡 政次氏]
□全社規模で企業のデータを活用できるDr.Sum EA活用事例 一挙公開
 [リージョナル営業本部 河北 守]



【ウイングアーク 帳票SOA DAYS 2006 in 東京】
=============================================================================
■日程:2006年7月14日(金)13:30~17:40(開場13:00)
■会場:KOKUYOホール 〒108-8710東京都港区港南1-8-35/TEL03-3450-3712
■参加費: 無料
■プログラム内容
□ご挨拶とウイングアークのビジョン
 [代表取締役社長 内野 弘幸]
□基調講演[1]:攻めのビジネスと避けて通れない情報システムの役割
 [日経情報ストラテジー 編集長 多田 和市氏]
□基調講演[2]:内部統制におけるIT統制を「情報導線」のSOA対応で実現する
 [株式会社フロンティアワン 代表取締役社長 鍋野 敬一郎氏]
□帳票から考える「日本版SOX法」
 [StraForm事業部 事業部長 谷口 功]
□「帳票運用の一極集中」を軸とした「帳票SOA」 三部作の全貌と現実解
 [SVF事業部 事業部長 森脇 匡紀]
□ユーザ講演:ITガバナンス実現に向けた出力HUBシステムの全貌と今後の展望
 [シャープ株式会社 経営企画室 IT戦略企画室 第一IT推進部 副参事 岡 政次氏]



注1:帳票SOA(TM)について
ユーザ企業様が運用する帳票システムの生産性と資産を継承しつつ、企業システムに取り入れられるSOAの考え方に合わせて、SOAの進化に沿うかたちで全社帳票機能を「帳票サービス」として提供する、「帳票SOA」というコンセプトです。標準技術に対応した「柔軟性/即応性/拡張性/再利用性」をもつ帳票運用で、市場の変化に強いシステム構築を実現します。



[Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアークテクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!