(BW)バンダイとピクセル、モバイル用新コンテンツ・サービスで先陣を切る

Business Wire Japan 2005年03月14日

ビジネス関連編集者/電気通信関連記者/ハイテク関連編集者/インターネット関連記者各位
「CTIAワイヤレス2005」

スコットランド・グラスゴー/米ルイジアナ州ニューオーリンズ発(ビジネスワイヤ)2005年3月14日

小型端末の画面上にリッチコンテンツを表示し、複雑な相互作用を直感的に行うソリューションを提供する英国のピクセル・テクノロジーズ社と、日本のコンテンツ・プロバイダー大手のバンダイネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区)は、本日、ピクセルの画期的なコンテンツ・プラットフォームを基盤とし、エキサイティングなリッチ・モバイル・コンテンツ・サービスを共同開発する戦略的な提携関係を結んだと発表しました。
この提携合意において、この日本の巨大企業であるバンダイネットワークスの既に確立されたモバイル提携関係を最大限に活かし、ピクセル・テクノロジーズ製品ラインの一流の販売提携先およびライセンシーとして、バンダイネットワークスが指名されました。同契約は、ピクセルの日本で実績のある販売提携先でライセンシーのカザアナ社の仲介により取りまとめられました。
バンダイネットワークス、ピクセル、カザアナ、その他日本の大手企業に関しての追加発表は、2005年第2・第3四半期に行われる予定です。
ピクセルのイムラン・カンドCEO(最高経営責任者)は、「当社は、最先端のモバイル市場・技術開発の先駆者となるためにバンダイネットワークスと協働することを喜んでおります。私どもの主要戦略の一つは、ユーザーが直感的に操作でき、面白くて魅力に溢れたリッチなユーザー体験を可能にすることで、携帯機器の潜在力を引き出すことなのです。」と述べました。
バンダイネットワークスの高橋豊志常務取締役は、「ピクセルの最先端プラットフォームは、真の付加価値モバイル・サービスの定義において、創造性や革新性を抑制していた障害を打破してくれました。このトップのブランド・コンテンツと最高の技術との提携は、ユーザーに魅力があり有意義な体験を提供する新しいモバイルコンテンツ市場構築の先頭に立つものです。」と述べました。
ピクセルのコンテンツ・プラットフォームは、携帯機器で初めてコンバージド(集約)コンテンツを提供し、無数のコンテンツ・フォーマットを、ミックスし、マッチさせて、新しいモバイル体験を創造することを可能にします。このようにして、内容あるモバイル・コミックなどの新規サービスは、セルアニメーションを創造し、サブ・ゲームやウェブ接続を統合することができます。これらすべてが単一のアプリケーション・インターフェースを通じて行われます。

ピクセル・テクノロジーズについて
ピクセルは、特許取得済みユーザー・インターフェースとアプリケーション機能の独自の集大成により、生き生きとしたモバイルコンテンツを実現し、超小型機器の画面上で、直感的なユーザー体験をもたらします。同社は、欧州、アジア、米国に拠点を持ち、以下の顧客にサービスを提供しています。
モトローラ、サムスン、シャープ、ソニー、パナソニック、NTTドコモ、ベンQの各社です。
CEO(最高経営責任者):イムラン・カンド氏
詳細については、同社ウェブサイト(www.picsel.com)をご覧ください。

バンダイネットワークス株式会社について
2000年9月に株式会社バンダイから分社したバンダイネットワークスは、人気のキャラクターの版権を取得し消費者に受け入れられるように商品化するキャラクターマーチャンダイジングを得意とするバンダイの強さを美気に、独自のサーバ運用のノウハウや優れた企画力・発想力、それにパートナー企業との連携を存分に活かして、モバイルコンテンツ事業やWebコンテンツ事業を広く手がけています。バンダイネットワークスが提供している携帯電話向けコンテンツの有料加入者(国内)は420万人に達しています。2003年12月12日にJASDAQ市場(コード:3725)に株式公開しています。
代表取締役社長:大下 聡氏
詳細については、同社ウェブサイト(www.bandai-net.com)をご覧ください。

カザアナ社について
カザアナ社は2004年5月に東京で設立されました。カザアナ社は日本におけるピクセル社の筆頭販売代理店で、日本でのライセンシー兼提携ディストリビューターとして運営しています。カザアナ社の企業方針は、日本の市場向けにリッチ・コンテンツと技術の集大成を実現することです。
CEO:イク・モハメッド


詳細については、下記までお問合せください:
Mr Iku Mohamed
Khazana, Inc.
Media Relations (Japan)
Tel: +81 (3) 6717 4570
Fax: +81 (3) 6717 4545
Mr Zubair Salim
Picsel Technologies Ltd.
Media Relations (Global)
Tel: +44 141 885 5588
Fax: +44 141 885 5599

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Business Wire Japanの関連情報

Business Wire Japan

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR