独自に開発したミドルウェアとセットトップボックスによるVOD(ビデオオンデマンド)ソリューション「MediaVault for xOD(メディアヴォルト・フォア・エックスオーディー)」の提供を開始

-岩手ケーブルテレビジョンにおいて「MediaVault for xOD」によるビデオオン デマンドとゲームオンデマンドのソリューションを採用、8月より稼動を開始-

株式会社エム・ファクトリー 2005年06月13日

株式会社エム・ファクトリー(以下、エム・ファクトリー 本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:酒井 剛)は、本日2005年6月13日から自社で開発したビデオオンデマンド(VOD)のミドルウェア「.frame MediaVault(ドットフレーム・メディアヴォルト)」を核としたVODソリューション「MediaVault for xOD」の販売を開始します。

「MediaVault for xOD」は、エム・ファクトリーが「.frame シリーズ」の一環として独自に開発したサービスプラットフォーム「.frame MediaVault」と国内外におけるゲームオンデマンドで豊富な実績を持つクラビット株式会社(以下、クラビット 本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:橋本 太郎)が提供するゲーム配信技術「G-cluster(G-クラスタ)」*1を実装しています。また、セットトップボックス(STB)にはエム・ファクトリーとミツミ電機株式会社(以下、ミツミ電機 本社:東京都多摩市鶴牧、代表取締役社長:森部 茂)が共同で開発したSTBを採用しています。

「.frame MediaVault」は、エム・ファクトリーが10ヶ月の期間を経て、開発に至ったもので、ISP、CATV業者など幅広いサービス事業者へ対応しコンテンツの配信を実現します。「.frame MediaVault」は、エンコード済みのコンテンツの利用許諾や公開期限等の管理から、不正なコンテンツの取得を防ぐDRM(デジタル著作権管理)の実装し、万全のコンテンツ管理を提供します。また、CRMへの活用を目的としたビューワーの視聴ログの収集なども可能で、ユーザーとなるサービス事業社が付加価値の高いサービスを実現する機能を提供します。さらに、ミツミ電機と共同開発したSTBは、「.frame MediaVault」専用のSTBであるとともに、今回のクラビットの「G-クラスタ」との連携により、国内メーカーとしては初めてのゲームオンデマンドに対応したSTBとなります。

付加価値の高いミドルウェアとSTBを兼ね備えたVODソリューション「MediaVault for xOD」は、既に岩手ケーブルビジョン株式会社において導入が決定しており、試験運用を経て8月よりVODサービスおよび日本のケーブル局では初となるゲームオンデマンドのサービスを本格的に開始する予定です。なお、同サービスにおけるコンテンツはクラビットが提供します。

エム・ファクトリーは、今年度20億円の売り上げ目標に向けて同事業を展開しており、「エンタープライズモデル」をCATV業者、ISP向けに、また「ビジネスモデル」としてホテル、マンションデベロッパー、病院、福祉施設等に向けて販売していきます。
今後エム・ファクトリーでは、「.frame MediaVault」を活用しVODやゲームオンデマンドだけに留まらず、eラーニングやデジタルサイネージ*2、ホームセキュリティなどのソリューションも販売していくことを計画しています。

なお、「MediaVault for xOD」概要は別記の通りです。

(参考)
クラビット株式会社はソフトバンクグループにおける放送メディア事業セグメントに属し、コンテンツ流通ビジネスを中心に事業を展開。あらゆるコンテンツのアグリゲーターとして映画、ゲーム、音楽、その他のコンテンツを調達し、世界各国に張り巡らせたコンテンツ配信プラットフォームを通じて流通させることをミッションにしています。

ミツミ電機株式会社は、電子部品の総合メーカーとして、新しいエレクトロニクス分野を切り開く独自の“提案型”開発を通して常に市場ニーズに合った最適な電子部品を提供しています。また、このSTBに必要な高周波技術とデジタル技術に関して、数多く実績と長い歴史の中でのノウハウにより、今にとどまらず、様々なニーズに対応した製品を今後も考え提供し続けていきます。

株式会社エム・ファクトリーは1997年に設立されたトータルシステムインテグレーターです。エム・ファクトリーのビジネス領域の中心はブロードバンド、セキュリティ、携帯端末向けのソリューションであり、付加価値の高いシステムの構築、保守、メンテナンスに至るまでの一貫したソリューションを提供しています。中でもブロードバンドに特化したソリューションには特に注力しており、CISSP(国際的に最も権威のあるセキュリティ専門家資格)を擁するセキュリティのノウハウの下、安定的かつ顧客ニーズを先取りした創造性の高いソリューションを提供しています。








「MediaVault for xOD」ソリューション概要


名称: MediaVault for xOD(メディアヴォルト・フォア・エックスオーディー)


価格: エンタープライズモデル:29,000,000円~
ビジネスモデル:5,000,000円~
※お客様のソリューションに合わせた、モジュールの提供も可能です


提供開始日: 2005年6月13日


構成機器: ・VODサーバ
  ・STB(セットトップボックス)
      ・DRM
      ・ファイアーウォール

用語解説

*1 「G-クラスタ」とは、インタラクティブなアプリケーションをプログラムのインストールなしに各種端末に提供する画期的な新技術。従来のゲーム配信サービスは、処理の負荷が膨大な画像計算をユーザー端末で処理していたが、「G-クラスタ」ではゲームサーバ側で処理を行い、ブロードバンドを通じてビデオストリーミングで端末に反映する。つまり、「端末や場所を問わない」「好きなとき、すぐ使える」「端末同士の対戦、対話もOK」という画期的なオン・デマンド・ゲームを可能にする技術。
*2  デジタルサイネージとは、デジタル(ネットワーク)技術を活用したタイムリーな広告配信、情報発信を実現するソリューション。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エム・ファクトリーの関連情報

株式会社エム・ファクトリー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR