ソフィア・クレイドル、BREW圧縮ツールを海外出荷開始

BREWを採用する24カ国45キャリアのアプリ開発会社向けに販売

株式会社ソフィア・クレイドル 2005年06月16日

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、2005年6月16日より、世界唯一のBREWアプリ圧縮ツールである 『SophiaCompress(BREW)』 の、BREW 3.1(最新版)に対応した新バージョンを国内外24ヵ国に出荷開始します。また、同時に同社サイトにて無償評価版の提供を開始します。

2003年2月KDDIが日本に導入した、BREW (※注1)が搭載された携帯電話が現在1000万台を越える規模で普及しています。今年度秋にはNTTDoCoMoからもBREW対応端末が発売されます。海外ではBREWを導入している端末メーカー数は34、通信事業者数は45まで拡大しており(2005年6月現在)、毎年300%増の勢いで総ダウンロード数も急増し、海外市場におけるBREWアプリの圧縮ニーズが急激に高まっています。

このような市場の流れを受け、ソフィア・クレイドルでは世界唯一のBREWアプリ圧縮ソフトである、『SophiaCompress(BREW)』(※注2)を開発しました。この『SophiaCompress(BREW)』を使うとより小さいサイズの多機能なアプリを作ることができ、これまで国内市場において多数のゲームメーカー、コンテンツプロバイダ、システムインテグレーターを中心に採用された実績があります。

この度、2005年6月16日より英語版の『SophiaCompress(BREW)』を海外のBREWアプリ開発会社に向けて販売開始します

本製品は1ライセンス30万円。国内市場を1とすると海外市場の規模は5であると見積もり、従来販売量の500%増を見込んでいます。今年度では全世界で1000ライセンスの販売を計画しています。

なお、下記の当社サイトにて、同時に本製品の無償評価版の提供を開始します。

『SophiaCompress(BREW) Version 2.0』無償評価版申し込みURL:
(リンク »)

本プレスリリースURL:
(リンク »)

以上

■ 主な新機能
BREW 1.x 、2.x 、3.x の全てに対応
Qualcomm 仕様準拠
ドラッグ&ドロップ圧縮機能など操作性の向上
マニュアル及びユーザーインターフェースの英語化
メモリ容量の少ないBREW端末でも利用可能

このプレスリリースの付帯情報

『SophiaCompress(BREW)』の操作画面

用語解説

【※1】BREW
2001年1月に米国クアルコム社が発表した携帯電話向けソフトウェアの規格。「ブリュー」もしくは「ブルー」と読む。異なる携帯電話機のOSの仕様差を吸収し、単一のコンパイル後のプログラムをインターネットからダウンロードし、さまざまな携帯電話機でそのまま高速に動作できるように設計されている。日本ではKDDIが2003年2月よりBREWサービスを提供開始、NTTDoCoMoが今年秋頃からのサービスの開始を発表している。その他にも世界的な規模で普及が進んでいる。


【※2】SophiaCompress(BREW)
ソフィア・クレイドルが2003年11月に発表したBREWプログラム圧縮技術。BREWプログラムのコンパイル後の形式である、modファイルをそのままプログラム圧縮し、実行できる世界唯一のBREWプログラム圧縮ツール。既に大手コンテンツプロバイダや大手ゲームメーカーなどに多数の導入実績があり、本技術を応用したKDDIの公式EZアプリ(BREW)のサービスが開始されている。

●詳細情報URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ソフィア・クレイドルの関連情報

株式会社ソフィア・クレイドル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR