TANDBERG ビデオ会議ソリューションをPCへと拡大

ビジネス品質のPCビデオ会議ソリューション「MOVI」の実環境下での試行運用開始

タンバーグ・テレコム・エーエス日本支社 2006年10月17日

ビジュアル・コミュニケーションのグローバルリーダーであるTANDBERG<R>(本社:ノルウェー王国・オスロ/米国・ニューヨーク州、取引コードOSLO: TAA.OL) は、ワンクリックでの利用が可能で、個別のPCへのソフトウェア・インストールを必要としない、PCビデオ会議システム製品「Movi」を、来年4-6月期を目途に販売開始することを発表しました。

Moviは、PC上からビデオ会議システムへとアクセス可能にし、既存のビデオ会議の利用範囲を大幅に拡大します。

Moviは、使いやすさをどこまでも追求した、企業向けサーバ基盤の映像アプリケーションです。ユーザーは、会議招待メール上のリンク、社内イントラネット上の常設リンク、あるいはMoviアドレス帳の3ヶ所のうち、いずれか1ヶ所をクリックしてビデオ会議を開始します。必要なものは、Webカメラ、マイク、スピーカー、そしてインターネット接続可能なPCだけです。ユーザーはWebブラウザを経由して、ビジネス品質の映像インフラストラクチャへとスムーズに接続します。またIT管理者は、サーバをベースとしたシステムであるMoviをWeb経由で集中管理をすることが可能で、特に個別のPCにソフトウェアをインストールする必要がないため、ソフトウェアの更新等の管理が他のPCビデオツールと比べて格段に容易です。

現在複数の企業ユーザーがMoviの試験的導入を行っており、今後、お客様からの各種要望を取り入れ、さらなる機能向上を図ります。

3G GatewayやContent Serverといった一連のTANDBERGのソリューションにMoviが加わることにより、更なるビジュアル・コミュニケーションの拡大が実現し、生産性の向上が期待されます。PCを利用すれば、即座に直接向かい合っての共同作業が可能となり、自宅や出先で作業しているときに疎外感を感じることもありません。意思決定を迅速化し、遠隔地にいる専門家の知識を活用し、更には組織全体を一体化することができます。

TANDBERGの日本支社長、楠本博茂は次のように述べています。
「より多くの機会にTANDBERGのビデオ会議を利用したいというお客様のご要望にお応えするため、前回の3G携帯電話に加え、今回PCからのアクセスが加わることになりました。既にTANDBERG製品をご利用のお客さまは、より幅広いビデオ会議の活用が可能となり、また、今後導入されるお客様は、TANDBERG製品の持つ様々な機能を、より広範な局面で利用することが可能となります。当社は、HD端末など性能の向上と、利便性向上および利用機会の拡大といった両面を今後とも追求して参ります」

詳しくは、Moviを体験し、フィードバックを提供することができるTANDBERGの新しい双方向サイト、Launch Pad( (リンク ») 、英語のみ)をご覧ください。

用語解説

●TANDBERGについて
TANDBERGは、ビデオ会議システムおよびサービスをリードするグローバル・プロバイダとして、企業が現在直面しているビジュアル・コミュニケーションのギャップを埋めるお手伝いをしています。豊富な業界知識とコンサルティングによるアプローチによってお客様が新しいビジネス・チャンスを生み出せるよう貢献しており、国際標準に準拠したソリューションを通じてビジュアル・コミュニケーション・ツールの利用を推進しています。当社はニューヨークおよびノルウェーの2本社制を採用し、世界90ヶ国以上に導入実績があります。またオスロ証券取引所に上場しています。(TAA.OL)
詳細: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!