マクロミル自主調査 「牛肉の安全意識と実態について」 ■ アメリカ牛「食べたい派」2割、「食べたくない派」4割。 ■ 輸入再開の条件として「全頭検査の実施」が4割でトップ。 政府が提案する「全頭検査の実施ではなく20ヶ月以上の牛の検査」は5%、「全頭検査の実

株式会社マクロミル 2004年08月11日

インターネットリサーチの株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:杉本哲哉)では、牛肉の安全意識と実態に関する自主調査を実施いたしました。 アメリカ牛の輸入停止が長引くBSE問題ですが、食卓に牛肉が並んでいるのはウチだけか?牛丼が食べられない牛丼屋にあいかわらず通っているのは自分だけか?アメリカ産牛肉の輸入再開の条件として「全頭検査の実施」が不可欠と考えているのは少数派か?など牛肉の安全意識と実態について調査しました。 調査期間は2004年8月6日(金)~8月7日(土)。調査対象は一都三県に住む男女20歳~59歳で、本人と家族が食品業界、畜産業界、公務員以外の人に対してインターネット調査を実施しました。有効回答数は1033名から得られました。

【調査結果概要】
1.今アメリカ産牛肉を「食べたい派」は20%にとどまる。反対に「食べたくない派」は39%と格差はおよそ2倍!

年代別でみると、「食べたい派」は特に男性30代に多く31%から回答を得られましたが、反対に「食べたくない派」は女性に多く、特に女性30代(55.0%)、女性50代(57.7%)では半数以上から支持されました。


2. アメリカ産牛肉の輸入再開の条件として、「全頭検査の実施」が全体の40%とダントツのトップ!

次点を「科学的に安全が解明されること」が18%で続くが、日本政府が提案する、「全頭検査の実施ではなく20ヶ月以上の牛の検査」は4.5%、「30ヶ月以上の牛の検査」に至っては1.4%と低く、生活者の納得を得られていない結果が出ました。


3.週一回以上食べる肉として、「牛肉」は55%と半数以上から回答を得られましたが、「ブタ肉」は89%、「魚」は87%、「トリ肉」は82%と牛肉より多く消費されています。

性別でみると、牛肉を週一回以上食べている人は女性(48.2%)より男性(62.4%)に多く、特に男性20代(72.1%)、男性30代(68.2%)が高い。


4.一方、最近3ヶ月内に牛丼チェーン店に行った人は4割を超えるが、行った人の約8割は従来の「牛丼」をメニュー再開してほしいと望んでいる。

性別でみると、牛丼チェーン店に行ったと回答したのは女性(27.7%)より男性(59.7%)に多く、特に男性20代(69.0%)、男性30代(66.7%)、男性40代(58.1%)は半数以上から「行った」と回答を得られました。


株式会社マクロミルについて
 株式会社マクロミルは、独自に開発した自動ネットリサーチシステム【AIRs】(Automatic Internet Research System :エアーズ)を活用し、さまざまな企業の商品やサービス等に対する消費者の声をインターネットで瞬時に集めるネットリサーチのリーディングカンパニーです。2004年1月、ネットリサーチ専門企業として初めて、東京証券取引所マザーズに上場を果たしました。マクロミルのネットリサーチは、全国23万人を超える(2004年8月現在)モニタ会員に対し希望の条件でインターネットによるリサーチが可能です。リサーチ開始から24時間以内に結果納品、100サンプル・10問で5万円からの低コスト・スピーディなネットリサーチを提供します。 マクロミルは、企業の意思決定に必要なマーケティング情報入手の"コスト"と"時間"を劇的にダウンサイズするサポートをいたします。

-会社概要-
社名
株式会社マクロミル(証券コード:東証マザーズ 3730)

本社
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F
〒108-0075
TEL 03-6716-0700/FAX 03-6716-0701

URL
www.macromill.com

設立
2000年1月31日

資本金
8億4,665万円 (資本準備金:9億1,284万円) 
※2004年7月末現在

代表者
代表取締役社長CEO 杉本哲哉(すぎもと・てつや)

従業員数
97名 (うち、2名契約社員) 
※2004年7月末現在

事業内容
-インターネットを利用した自動調査システム
 【AIRs】(Automatic Internet Research System)のASP事業 (QuickMill・OpenMill・CMMill・SampleMill)

-携帯電話を利用した自動調査システムのASP事業(MobileMill)     

-リサーチの企画および設計・分析レポートの作成
 (Quick-ANALYZE・Quick-MINING・Quick-REPORT・Quick-CROSS)

-リサーチ機能を持たない他社サイトへのシステムライセンス提供     

-オーダーメイドによる高度なネットリサーチの提供(OrderMill)
およびマーケティングに関するコンサルティング業務

主な所属団体
社団法人 日本マーケティング協会(JMA)
社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
ヨーロッパ・マーケティング世論調査協会(ESOMAR)


調査結果の詳細に関しましては、別紙をご参照ください。
当社では、今後もインターネットリサーチの特性である、スピードを活かした調査を実施していく所存です。
記事に使用したい調査テーマ、ご意見等ございましたらご連絡ください。

-調査に関するお問い合わせ先-
株式会社マクロミル 担当:山口
TEL 03-6716-0707 FAX 03-6716-0721
e-mail:press@macromill.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マクロミルの関連情報

株式会社マクロミル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR