大塚製薬(株)がナレッジマネジメント・ソリューション REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuiteを導入

~新薬開発の期間短縮を目的としたナレッジマネジメントを開始~

リアルコム株式会社 2005年06月07日

ナレッジマネジメント・情報共有ソリューションを提供するリアルコム株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:谷本 肇 www.realcom.co.jp)は、大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:樋口 達夫 www.otsuka.co.jp)が、リアルコムのナレッジマネジメント・ソリューション、REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuiteを導入し、新薬開発期間短縮の実現を目的としたナレッジマネジメントを開始することを発表します。

大塚製薬は、1日でも早く医療価値のある新薬を提供できるようにするため、開発期間短縮に挑戦しています。期間短縮の実現には、知識共有が重要だと認識し、この度KnowledgeMarket EnterpriseSuiteを導入しました。
今後は、新薬開発本部全員で情報を共有できる場(コミュニティ)をイントラネット上に構築し、日常的に利用している定型・非定型の情報、業務上の疑問やその解決策を共有することで、日常業務の効率化を図ります。

今回の導入に当たっては、過去の導入実績に加えて、Webベースでアクセスが簡単であること、誰にでも使えるユーザビリティの高さとユーザーインターフェースの良さ、そして人の情報を蓄積するKnow-Whoを実装していることがKnowledgeMarket EnterpriseSuite採用の決め手となりました。

リアルコムは、大塚製薬へのナレッジマネジメント・ソリューションの導入を通じて、製薬業界におけるナレッジマネジメント推進のノウハウ蓄積、ソリューション力の向上を実現していきます。

<ご参考>
・KnowledgeMarket EnterpriseSuite の詳細 > (リンク »)
・採用企業・事例紹介> (リンク »)
・セミナー:ナレッジマネジメントによる臨床開発期間の短縮
       ~製薬業界の組織力強化3つのアプローチとは~
 詳細はこちら> (リンク »)

■リアルコムについて
リアルコムはナレッジマネジメント専業ベンダーとしてNo.1の実績を持つベンチャー企業です。
「人中心のKMを通じた企業変革」をテーマに、パッケージソフトウェア「REALCOM KnowledgeMarket」と、 ナレッジマネジメント推進コンサルティングを一体として提供する事で、経営課題解決につながるソリューション提供を実現しています。
REALCOM KnowledgeMarketは今日までに株式会社東京三菱銀行、ソニー株式会社、ファイザー株式会社、NTTソフトウェア株式会社、丸紅株式会社など50社を超える優良企業に採用されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR