松下電工インフォメーションシステムズとインフォテリア、 包括的業務提携を行い、次世代システム連携サービスの開発を加速

松下電工インフォメーションシステムズ株式会社・インフォテリア株式会社 2005年05月17日

 松下電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表
締役社長:浜田正博、東証1部:4283、以下:松下電工IS)とシステム連携ミドルウェアのリーディングカンパニーであるインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下:インフォテリア)は、このたび両社の事業戦略を加速するために包括的な業務提携を行ったことを発表します。包括的業務提携には、松下電工ISからインフォテリアへの資本参加、インフォテリアがもつ製品やXML*1技術を活用した新たな松下電工ISのソリューションサービス開発などが含まれます。

 松下電工ISは、かねてより「レガシー・マイグレーション*2」と「ASP*3」を重要な戦略として掲げ、ユーザー企業の情報資産の戦略的活用を推進しており、その中でパートナーとして協業しているインフォテリアの持つ製品開発力・技術力を高く評価してきました。また、インフォテリアは、先進の「つなぐ」技術を核とした様々なビジネスシステム連携の実現を狙い、積極的な新製品・新技術の開発を行っています。
 これら両社の戦略を背景に、松下電工ISのシステム連携ソリューションの中核にインフォテリアの技術を採用し、XML技術を活用した新世代のシステム連携サービスの開発共同で行うことに合意し、さらに、松下電工ISがインフォテリアに約15%を出資してこれらの計画を推進するという包括的業務提携に至りました。

 松下電工ISでは、既にデータ連携ソリューションとして「ASTERIA for Shunsaku」(2004年12月発売)や「ASTERIA AIM Adapter」(2005年8月発売予定)をインフォテリアの協力の下に開発・販売しており、今回の提携を、同社が重点的に展開しているレガシー・マイグレーションビジネスやXML技術を応用した次世代ASPを実現する重要な施策のひとつとして位置づけ、さらなる売上増大と高い利益率の実現を目指します。

 一方インフォテリアでは、あらゆる形態のデータ連携ミドルウェアの需要が高まる中、同社の強みであるデータ連携技術を核とした製品展開の多様化を図っており、今回の提携をベースに、企業から個人まであらゆるコンピュータ環境の「つなぐ」を実現するための製品開発を加速させ、中長期の新しい事業展開への布石とする計画です。

 今後両社では、40年以上にわたるアプリケーション開発経験をもつ松下電工ISのソリューション力とインフォテリアの先進技術・ノウハウとを統合し、卓越した技術力をベースにした競争力のあるサービスをお客様に提供することで、既存ビジネスの拡大に加え、ニュービジネスの創出・育成にも力を入れていく予定です。

用語解説

*1 XML
インターネット上で扱うデータを記述するための新しいデータ形式。様々な業界で注目され、文書処理から電子商取引にいたるまでネットワーク上のデータ処理のあらゆる面でXMLが活用されている。

*2 レガシー・マイグレーション
大型コンピュータ中心の情報システムから、インターネットなどを用いたオープンシステムへ切り替えること。

*3 ASP(Application Service Provider)
アプリケーション・パッケージを、事業提供者が保有するサーバーに集中させ、各アプリケーション機能をユーザーへネットワーク経由でサービス提供する業態。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR