香港AVC Technology社、デジタルオーディオプレーヤーの国内市場に本格参入

日本法人を設立し、新世界ブランド「SIGNEO」を展開 母体グループの持つアドバンテージと、日本市場に即したマーケティングを可能にする強力な布陣で臨む

株式会社AVC Technology Japan 2005年06月16日

 アジアを中心に世界規模でデジタルオーディオ製品を展開するAVC Technology Limited(本社:香港 以下、香港AVC Technology社)は、この度、日本法人・株式会社AVC Technology Japan(エーブイシー・テクノロジー・ジャパン、本社:東京都千代田区、取締役/COO:矢野間 也寸志)を設立し、国内デジタルオーディオプレーヤー市場に本格参入します。

 香港AVC Technology社は、アジア最大規模のデジタルオーディオ製品メーカーであるAV Conceptグループにおいて、1999年以来、デジタルオーディオ製品の企画・開発・販売を行ってきました。同グループの持株会社であるAV Concept Holdingsの豊富な資金力、グループ内に半導体ディストリビューターを有する部材調達力の高さ、月間40万台をコンスタントに安定供給しているアジア有数の自社工場など、数々のアドバンテージを背景に、昨年の日本市場の2倍に相当する年間300万台を出荷する有力メーカーへと成長しています。

 同社では、今回新たに設立した自社ブランド「SIGNEO」(シグネオ)を展開する上で、日本市場を同社の世界戦略の一翼を担う重要なポジションとして位置づけています。これまでも、総代理店を通じて同社製品(従来ブランド「SiGN」(サイン)製品)の販売を行ってきましたが、日本市場の拡大を鑑み、より積極的に攻勢を図るべく、日本法人によるダイレクトな展開へと方針を転換することにしました。
 日本法人の設立にあたっては、国内で有力ブランドを育て上げたコアメンバーを招致、彼らがこれまで培ってきた豊富な経験と実績を活かして、日本のユーザーニーズと嗜好を把握したマーケティング、セールス、サポートなどを展開し、群雄割拠する国内市場において、いち早く「SIGNEO」ブランドの浸透とシェア獲得を図ります。
 初年度の目標は、売上高20億円(10ヶ月)、販売数2万台/月、国内シェア10%以上を見込んでいます。

--------------------------------------------------
■「SIGNEO」ブランドについて

 香港AVC Technology社が新たに世界規模で展開するデジタルオーディオプレーヤーの新ブランド。「Unique For Life ~身に着けたくなるデザイン。持ち歩きたくなる楽しさ~」をブランドアイデンティティとして掲げ、品質や機能を高水準に保ちつつ、デザイン性、操作性の一層の向上にも注力し、ユーザー訴求力の高い製品群を提供します。今後は、著名なプロダクトデザイナーの起用、他社にないコンセプトや特徴を有するユニークな製品の開発、先進技術の採用と新たな生活シーンの提案などを積極的に展開し、「SIGNEO」ブランドの魅力を次々に打ち出していきます。


■今後発売される「SIGNEO」製品ラインアップ

●「SN-F100」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 鏡面に映える美しいディスプレイを備えたエントリーモデル。電源に乾電池を使用するため、外出中の電池切れも安心です。使用頻度の高いボタンを前面に配置するなど、使い易さに配慮した親切設計。ボイスレコーダーやFMチューナーを備える多機能性は、使う楽しみを広げます。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB/1GB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ボイスレコーダー:WAV形式録音
 ・FMチューナー:WAV形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ディスプレイ:有機ELディスプレイ
 ・電源:単四乾電池
 ・連続再生:最大15時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.6以上
 ・カラー:シルバー/ネイビー/レッド
 ・直販価格:256MB 8,980円/512MB 12,800円/1GB 18,800円(各税込)


●「SN-F110」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 パステルカラーと柔らかな曲面を生かしたフォルムは、パフュームボトルをイメージ。ボイスレコーダーやFMチューナーの搭載、視認性の高い有機ELディスプレイの採用など、エントリーモデルとは思えない贅沢な仕様を実現しています。乾電池方式なので、外出中の電池切れも安心です。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB/1GB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ボイスレコーダー:WAV形式録音
 ・FMチューナー:WAV形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ディスプレイ:有機ELディスプレイ
 ・電源:単四乾電池/連続再生:最大15時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.6以上
 ・カラー:ホワイト/パステルブルー/パステルピンク
 ・直販価格:256MB 8,980円/512MB 12,800円/1GB 18,800円(各税込)


●「SIGN SN-A200」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 クリスタルをワンポイントにあしらった、アクセサリー感覚で身につけられるスタイリッシュなプレーヤー。ハーフミラーに浮かび上がるディスプレイは、不思議な感覚を与えます。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ディスプレイ:有機ELディスプレイ
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大10時間
 ・インターフェース:USB2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.8以上
 ・カラー:チタン/ブルー/ピンク
 ・直販価格:256MB 11,800円/512MB 15,800円(各税込)


●「SIGN SN-A300」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 二つの世界的なデザイン賞を受賞したトップデザインモデル。美しいハーフミラーディスプレイとシンプルなアルミボディは、まるでアクセサリー。秀逸なデザインだけでなく、ボイスレコーダーやFMラジオに加え、ダイレクトエンコーダーも搭載するなど機能も充実。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ボイスレコーダー:WAV形式録音
 ・FMチューナー:WAV形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ダイレクトエンコーディング:MP3形式録音
 ・ディスプレイ:有機ELディスプレイ
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大12時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.8以上
 ・カラー:チタン/ブルー/ピンク
 ・直販価格:256MB 14,800円/512MB 18,800円(各税込)


●「SN-A400」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ブルーの淡い光が溢れ出るアクセサリーのようなデザイン。青い光が映えるよう、ボディカラーは、ホワイト、ブラック、ブルーの3色をラインナップ。高輝度の有機ELディスプレイが、より一層魅力を引き立てます。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ボイスレコーダー:WAV形式録音
 ・FMチューナー:WAV形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ディスプレイ:有機ELディスプレイ
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大10時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.8以上
 ・カラー:ホワイト/ブラック/ブルー
 ・直販価格:256MB 13,800円/512MB 17,800円(各税込)


●「SN-M500」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 カタナをイメージしたシャープなデザイン。落ち着いたトーンのカラーリングと作り込まれたタフなボディはあらゆるシーンにマッチ。高容量バッテリーを内蔵し、30時間の長時間再生を実現。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB/1GB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/WAV
 ・ボイスレコーダー:MP3形式録音
 ・FMチューナー:MP3形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ダイレクトエンコーディング:MP3形式録音
 ・ディスプレイ:4千色CSTNカラー液晶
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大30時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS X 10.2.8以上
 ・カラー:シルバー/ブラック
 ・直販価格:256MB 14,800円/512MB 18,800円/1GB 24,800円(各税込)


●「SN-M600」:7月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 コンパクトボディに迫力の500mW高音質スピーカーを内蔵したハイスペックモデル。お気に入りの音楽はもちろん、FMチューナーやボイスレコーダーで録音した音声も、イヤホンなしで気軽に再生することが出来ます。耐久性の高い薄型USBコネクタを備え、ケーブルレスでパソコンと接続できます。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:256MB/512MB/1GB/2GB
 ・対応ファイル形式:MP3/WMA(DRM)/OGG/ASF/WAV
 ・ボイスレコーダー:MP3形式録音
 ・FMチューナー:MP3形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ダイレクトエンコーディング:MP3形式録音
 ・スピーカー:500mWモノラル
 ・ディスプレイ:6万5千色カラーCSTN 96×96ドット/6行
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大30時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS/Linux
 ・カラー:シルバー/オレンジ/ブルー
 ・直販価格:256MB 16,800円/512MB 21,800円/1GB 29,800円/2GB 43,800円(各税込)


●「SN-M700」:9月発売予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 美しい高精彩TFTカラー液晶を搭載し、MPEG4形式のムービーを楽しむことが可能。SDカードスロットも備えており、音楽やムービーの差し替えも簡単。かつてない先進の機能を搭載したハイエンドモデルです。

【主な仕様】
 ・メモリーサイズ:512MB/1GB/2GB
 ・対応ファイル形式:MP3/MP4/WMA(DRM)/OGG/ASF/WAV
 ・ボイスレコーダー:MP3形式録音
 ・FMチューナー:MP3形式録音(ワールドバンド対応)
 ・ダイレクトエンコーディング:MP3形式録音
 ・ムービー再生:MPEG4 Simple Profile/15fps
 ・ディスプレイ:26万色カラーTFT 128×160ドット/10行
 ・電源:内蔵リチウムポリマー充電池
 ・連続再生:最大20時間
 ・インターフェース:USB 2.0/USB1.1/SDカードスロット
 ・対応OS:Windows 98SE/ME/2000/XP、Mac OS/Linux
 ・カラー:シルバー/オレンジ/ブルー
 ・直販価格:512MB 未定/1GB 未定/2GB 未定

※各製品の仕様は開発段階のものであり、発売時の仕様と異なる可能性が
 あります。

---------------------------------------------------

■香港AVC Technology社について
 アジア最大規模のデジタルオーディオ製品メーカーAV Conceptグループにおける企画・開発・販売部門。香港株式市場に上場している同グループの持株会社AV Concept Holdingsの豊富な資金力と、グループ各社との連携によるアドバンテージを活かし、デジタルオーディオ分野で急成長を遂げています。100人を越えるエンジニア、3箇所のR&Dセンターを抱え、OEM/ODM生産を含め、昨年出荷したデジタルオーディオプレーヤーは、日本市場の2倍に相当する300万台以上に達しており、同社の企画・開発力、生産能力の水準の高さを証明しています。

---------------------------------------------------

<株式会社AVC Technology Japan 会社概要>
 社名:株式会社AVC Technology Japan
 設立:2005年5月6日
 所在地:東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル10F 〒101-0021
 資本金:1億5千万円
 筆頭株主:AVC Technology Limited(香港)
 代表者:代表取締役 Y.K. So
 URL: (リンク »)
 業務内容:デジタルオーディオ機器の企画、開発、販売、サポート、
        マーケティング及び関連事業

■役員プロフィール
●代表取締役 Y.K. So(So Yuk Kwan)
 AVCグループの創設者。エレクトロニクス業界において30年以上の経験をもち、グループ全体の戦略立案、事業開発を総括する。University of East AsiaのMBAをもち、現在、香港電子業商会(HKEIA)の経営委員会 副会長を務めている。

●取締役/COO 矢野間 也寸志
 加賀電子(株)、ソフトバンク(株)を経て、(株)ソニックブルーに入社し、Rioブランドの拡大成長の中心人物として尽力する。2005年4月(株)ディーアンドエムホールディングスを退社、同5月 株式会社AVC Technology Japanの設立に参画、現在に至る。


■読者からのお問い合わせ先
株式会社AVC Technology Japan
TEL:0570-001-006(月-金 9:30-21:30)
E-mail:support@avcj.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社AVC Technology Japanの関連情報

株式会社AVC Technology Japan

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR