インテック、インフォテリア、エリアビイジャパンの3社が協業し、社外からの企業情報の活用と情報漏えい対策を同時に実現するソリューションを提供

~ 社内に散在する重要データを携帯電話などからSSL-VPNでセキュアに閲覧・運用 ~

エリアビイジャパン株式会社 2005年06月30日

株式会社インテック(本社:富山県 代表取締役執行役員社長:宮地 秀明、以下:インテック)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下:インフォテリア)、エリアビイジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 一成、以下:エリアビイジャパン)は、各社の主力製品・サービスを組み合わせたソリューションを開発し、7月より提供を開始いたします。

協業によるソリューションの具体的な内容は、総合IT企業のインテックが、インフォテリア製の企業情報システム連携ミドルウェア「ASTERIA(アステリア)」とエリアビイジャパン製のSSL-VPNソフトウェア「SWANStor(スワンストア)シリーズ」を組み合わせ、企業内に散在する各種ビジネス情報に対し、社外から携帯電話を始め様々なデバイスを使ってセキュアに閲覧・運用できるようにするものです。

企業からの情報漏えいが社会問題となる中、ビジネスにおける効率や生産性の向上だけでなく企業が扱う情報に対する高度なセキュリティの確保もより一層求められています。今回のソリューションは、「ASTERIA」の持つ社内外にとらわれない多彩なアプリケーション・データ連携機能と「SWANStor」の持つ社内データへのセキュアなリモートアクセス機能を組み合わせることで、セキュリティを確保しつつ社内の重要なビジネスデータを社外でも活用したいというニーズに応えるものです。例えば社内の契約状況を、社外で活動している営業担当者が漏えいの心配なく携帯電話で確認することなどが可能となります。このように、場所・時間・人に縛られず全社的な情報共有・全体最適の構造の構築が実現できるソリューションとなっています。
既にソリューションの導入を決めた、鹿島建設グループの建設総合商社 大興物産株式会社 企画本部IT推進部長 釜萢氏は、「弊社では、営業マンによる積極的な情報活用を行うため、携帯電話による契約情報の検索など、現場が利用しやすい情報システムの構築を進めております。このたび、インテックが構築した本ソリューションは、この仕組みの中核を担うものとして最適であると判断いたしました。ASTERIAとSWANStorの機能・実績と、インテックによる高品質なシステムインテグレーション力は弊社の情報システムを支える基盤として不可欠なものであり、より一層のソリューションの向上に期待しています。」と述べられました。

インテック、インフォテリア、エリアビイジャパンでは、年間10社へソリューションの導入を見込んでいます。その達成へ向け、今後は各社による技術交流をはじめ、販売・マーケティング面での協業を推進してまいります。

■ASTERIAについて
ASTERIA(アステリア)は、直観的なグラフィカル・プログラミングによって様々なシステムのデータを連携させることが可能な統合プラットフォームです。データベース、ウェブ、メール、XML、Excel、PDFなど、数多くのデータフォーマットや通信プロトコルに対応したアイコンを、マウスで「つなぐ」ことにより、様々なシステムの連携を極めてスピーディに行うことができます。
レガシーからクライアント/サーバー、インターネットに至るまで、これまで企業内外の業務に活用されてきた様々な世代のシステムを、データを介して橋渡しする基盤として、既に170社以上の企業に導入されています。
■SWANStorについて
SWANStor(スワンストア)は、高い安全性を維持しつつ、PC、PDA、携帯電話などの各種デバイスからのリモートアクセス環境を構築するSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェアです。各種アクセスデバイスにソフトウェアを一切インストールする必要がなく、他社SSL-VPN製品と比べファイアウォール等セキュリティシステムの設定を変更する必要もないという特長を持ち、導入コストおよび管理コストを大幅に抑えることができます。
SWANStor(スワンストア)の製品構成は、SOHO・中小企業向けから中堅・大企業向けまであり、企業規模により導入するオプションを柔軟に選択することができます。現在までに約250社以上の企業に導入されています。

■インテックについて
インテックは1964年創立の独立系総合IT企業です。ITコンサルティング、システムインテグレーション、ソフトウェア開発、アウトソーシング、ネットワークを柱に、医療や金融、行政、製造など様々な分野のお客さまに最適なトータルサービスを提供しています。経営戦略に沿った情報化戦略の立案から、情報システムの設計・開発、ネットワークの構築や基盤システムの運用保守まで、お客さまのITパートナーとして幅広く事業を展開しています。

■インフォテリアについて
1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。「ノン・コーディング」をコンセプトに開発されたデータ連携ミドルウェア「ASTERIA(アステリア)」は、企業内外のさまざまなシステムの柔軟な連携を容易に可能にし、既に170社を超える企業に採用されています。

■エリアビイジャパンについて
エリアビイは2000年12月に米シリコンバレーで創業しSWANStorの開発に着手、翌2001年11月にはエリアビイジャパン株式会社を設立し、日本での販売を開始しました。以来、柔軟に導入することができるSWANStorは数百の企業ユーザーに採用されています。エリアビイジャパンはSSL-VPNを利用したリモート・アクセス・ソリューション分野において、国内におけるリーディングカンパニーです。

<お問合せ先>
株式会社インテック ITプロダクトソリューション部: 今石 光勇
TEL. 03-5665-5140
E-mail. itps_info@intec.co.jp
URL (リンク »)

インフォテリア株式会社 広報担当:小川 優美
TEL. 03-5718-1297
E-mail. press@infoteria.co.jp
URL (リンク »)

エリアビイジャパン株式会社 広報担当: 横田 まい子
TEL. 03-4360-3961
E-mail. mteam@areabe.com
URL. (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エリアビイジャパン株式会社の関連情報

エリアビイジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR