ビートラステッド・ジャパン、プラネックスコミュニケーションズ(株)とSSLサーバ証明書「SureServer」の代理店契約を締結

サイバートラスト 2005年07月29日

ビートラステッド・ジャパン株式会社(代表取締役社長:阿多親市、本社:東京都中央区)はこのたび、プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都中央区)とSSLサーバ証明書「SureServer」の販売について代理店契約を締結したことを発表いたしました。これにより、情報セキュリティのトータルプロバイダであるビートラステッド・ジャパンの「SureServer」を、プラネックスコミュニケーションズが販売いたします。

ビートラステッド・ジャパンの「SureServer」は、国内で最も長い実績を誇る世界最高水準の暗号技術を提供します。万一データが改ざんされた場合でもこれを検知可能とする「サーバ証明書機能」と、サイトを公開している企業の実在性を証明する「証明機能(認証機能)」とを持ち、さらに各種携帯電話(NTT DoCoMo、Vodafone、au)並びに現存するブラウザの99%に対応する汎用性を兼ね備えています。

今後インターネットが社会のインフラとしてさらに普及していく中において、セキュリティがより一層重要な分野となることは明らかです。ビートラステッド・ジャパンとプラネックスコミュニケーションズの協力により、社会インフラとしてのインターネットセキュリティを強化してまいります。

■プラネックスコミュニケーションズ株式会社
(リンク »)
所在地:東京都渋谷区東3丁目16番3号 エフ・ニッセイ恵比寿ビル2F
電話番号:03-5766-1300
設立:1995年7月
資本金:1,066,985,400円(2005年5月現在)
代表者:代表取締役社長 久保田克昭

■ビートラステッド・ジャパン株式会社
(リンク »)
所在地:東京都中央区新川1-3-3 第17荒井ビル6,7F
電話番号:03-3537-2020
設立:1995年9月
資本金:14億2千万円(2005年7月現在)
代表者:代表取締役社長 阿多親市

■プラネックスコミュニケーションズ株式会社について
プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、顧客のニーズに基づく低価格ネットワーク製品の製造・販売、日本企業のためのITシステム構築の提案・LAN工事請負、並びにインターネットデバイスカンパニーとして最新技術を駆使した製品開発を行っております。今回のビートラステッド・ジャパン株式会社との販売提携により、プラネックスでは今後の製品やサービスにおいて、これまでより柔軟かつ戦略的なSSLサーバ証明書の提供が可能となり、それと共に、ますます拡大するセキュリティ分野におけるワンストップソリューションの提供を目指します。

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに本年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-3537-2020  Fax:03-5541-6390
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL: (リンク »)

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 森 龍一
Tel:03-3537-2021  Fax:03-5541-6390
E-mail:press@betrusted.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバートラストの関連情報

サイバートラスト

サイバートラストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR