MCJ、アロシステムおよびシネックスと共同購買・生産機構等の設立で合意

MCJ、アロシステム社、シネックス社と一部資本提携を含む、共同購買・生産機構等の設立で合意

株式会社M C J 2005年08月11日

【1,000億円連合の設立合意に関するお知らせ】


1.提携の狙い

 MCJは、提携により、アロシステム株式会社、株式会社シネックスとの3社連合を構築し、共同購買機構、共同生産機構および共同プロダクトマネージメント等を融合した仮称「PCジャパン」を設立し、運営を平成17年10月より稼動させる予定です。これにより、アロシステム株式会社のPCの主要部品の調達は株式会社シネックスを通じて行われることとなり、大量購買による部品購入コストの低減、物流一本化による生産性の向上、生産拠点集約による生産コストの低減、プロダクト開発集中化によるプラットフォーム等の規格化によるコストの低減、品質の向上、技術力の向上を目指します。

2. 提携の主な内容

(1)第三者割当増資の引受
*MCJは、アロシステム株式会社の発行する第三者割当増資460株の引受と一部既存株主の持ち株287株の買取を行い、合計747株(16.5%)の株式を取得して第二位株主となります。

(2)仮称「PCジャパン」の機能
*仮称「PCジャパン」は、PC業界に一石を投じ、業界改革と推進を目的として発足し、3社合計売上約1,000億円規模の連合体を構築し、共同購買機構、共同生産機構、共同プロダクト開発等を集約し生産性の向上に努め、他社との競争力強化を目指してまいります。

(3)それぞれの役割
a)株式会社シネックスの役割
 シネックス株式会社は、マルチディストリビュータとして、PCの主要部品の共同購買機構の主軸とし仮称「PCジャパン」の購買部門を担います。
b)アロシステム株式会社の役割
 アロシステム株式会社は、共同生産機構のPCファクトリーとして、一貫生産機能を有し、仮称「PCジャパン」の生産部門を担います。
c)MCJの役割
 MCJは、マーケティングを中心としたマーチャンダイズ機能を有し、PC製品のプロダクトマネージメントを中心とした仮称「PCジャパン」のマーケティング部門を担います。

3.本件に関連する会社の概要

【株式会社MCJ】
(1)名称:株式会社MCJ
(2)主な事業内容:パソコンの製造販売事業およびパーツ・周辺機器の販売事業
(3)設立年月日:1998年8月3日
(4)本社所在地:〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸一丁目14番11号
(5)代表者:高島勇二
(6)資本の額: 3,249百万円

【株式会社シネックス】
(1)名称:株式会社シネックス
(2)主な事業内容:PC部品およびPC周辺機器の卸売事業
(3)本社所在地:〒110-0005 東京都台東区上野3丁目2番5号
(4)代表者:関戸明夫
(5)資本の額:499百万円
(6)売上規模:約200億円

【アロシステム株式会社】
(1)名称:アロシステム株式会社
(2)主な事業内容:PC生産販売、PCパーツおよびソフトウエアおよびPC周辺機器の販売
(3)本社所在地:大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目16番1号
(4)代表者:大野三規
(5)資本の額:464百万円
(6)売上規模:約500億円
(7)従業員数:582名
(8)大株主構成:大野三規、大阪中小企業投資育成、日本アジア投資株式会社、アロシステム従業員持株会
(9)当社との関係:特になし


● 関連リンク

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR