MBSDとE3ネットワークスが2005年11月1日付で合併

内部統制時代を視野に入れ、三井物産のIT 専門子会社2 社が対等合併

三井物産株式会社、E3ネットワークス株式会社、三井物産セキュアディレクション株式会社 2005年10月07日

E3 ネットワークスとMBSD は2005 年11 月1 日付で対等合併します。存続会社はE3 ネットワークス、新会社名は『三井物産セキュアディレクション』株式会社となります。 合併後に発足する新会社は、IT マネジメント及び情報セキュリティに関する専門性や先進的な技術力を更に追求し、お客様に一層の「安心」を提供する会社として事業を展開していきます。

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:槍田松瑩、以下「三井物産」)、E3ネットワークス株式会社(本社:東京都中央区、社長:清水隆太郎、以下「E3ネットワークス」)、および三井物産セキュアディレクション株式会社(本社:東京都千代田区、社長:野村一洋、以下「MBSD」)は本日、E3ネットワークスとMBSDが2005年11月1日をもって対等合併することを発表しました。存続会社はE3ネットワークス、新会社名は『三井物産セキュアディレクション株式会社』となります。

三井物産ではかねてより、ITソリューション事業を情報産業本部における重点取組分野と位置付け、ベンチャー企業を中心とした数十社の海外IT企業と提携し、常に最先端のソリューションを提供し続けてきました。また、外部からIT分野に精通した優秀な人材を多数集めて、積極的な事業展開を行ってきました。中でも、ITマネジメントと情報セキュリティについては、企業が情報システムを有効かつ安全に活用していく上での最重要課題と認識し、機動性を高めることを目的として、両分野の社内プロジェクトを分社化する形で、2001年3月にE3ネットワークス、2004年7月にはMBSDを設立しました。E3ネットワークスはシステム運用管理において豊富な構築実績を積み、MBSDは情報セキュリティに特化した技術力をもって高い顧客満足度を獲得し、三井物産は両社を核にしたグループ経営体制を構築してきました。今回の合併は、市場動向にあわせてこうした戦略を更に推し進め、一層のビジネス機会拡大を目指すものです。

従来、社内ネットワークの利便性とパフォーマンスを維持・向上することが目的の運用管理と、インターネットの利用により生じるさまざまなリスクから企業の情報資産を守る情報セキュリティとは、別々の製品・サービスとして提供されてきました。しかし、今年4月に施行された個人情報保護法、及び日本でもその導入が議論されている米国企業改革法(Sarbanes-Oxley法)など、各種法規制への対応を迫られる昨今では、内部統制の確立に向け、これらを融合させてITインフラのあり方を根本から見直す必要が生じてきています。一方で、運用管理製品にはセキュリティ機能が組み込まれ、セキュリティベンダーからは運用管理を視野に入れた製品やサービスが提供されるようになってきています。

E3ネットワークスとMBSDはこうした状況を鑑み、それぞれが培った専門性をより深いレベルで融合させることができれば、この時代の変化の波を捉えて更に飛躍的な成長が可能であるとの合意に達しました。その結果、両社を合併することにより、新たな時代のリーダー企業を目指していく決意に至ったものです。

合併後に発足する新会社は、ITマネジメント及び情報セキュリティに関する専門性や先進的な技術力を更に追求し、お客様に一層の「安心」を提供する会社として事業を展開していきます。その上で、E3ネットワークスとMBSDがこれまで実施してきたサービス内容を単に引き継ぐだけでなく双方の強みを融合させた新たなサービスを提供することにより、将来的には、お客様の内部統制、特にITガバナンスの実現を全面的に支援し、お客様の企業価値向上に貢献する会社を目指す所存です。

【合併及び新会社概要】
新社名: 三井物産セキュアディレクション株式会社
(英文表記: Mitsui Bussan Secure Directions, Inc.、略称:MBSD)
存続会社: E3ネットワークス株式会社
合併期日: 2005年11月1日
本社: 東京都千代田区神田錦町3-26一ツ橋SIビル8F
事業所: 東京都中央区日本橋人形町 1-14-8 TT-1 ビル 9F
大阪市中央区北浜3-7-12 東京建物大阪ビル6F
愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目17番29号 広小路ESビル8F
役員:
取締役 野村 一洋 (のむら かずひろ) 代表取締役社長に就任予定
取締役 清水 隆太郎 副社長に就任予定
取締役 上野 昌章 副社長に就任予定
取締役 佐藤 元信 非常勤
取締役 中村 真理 非常勤
監査役 西川 博恭 常勤
監査役 梅沢 政史 非常勤
資本金: 4億円(旧MBSDの資本金4億8,000万円は資本準備金に繰り入れ)
出資比率: 三井物産株式会社(100%)
従業員: 約120名
事業内容: 情報システムのセキュリティ及び運用管理サービスの企画・運営、関連製品の輸入・販売・サポート

【E3ネットワークス株式会社について】
E3ネットワークス株式会社は、2001年3月の会社設立以来、お客様のIT投資効果を最大化することを使命として、世界中の優れたITマネージメント・ツールサプライヤ、サービスプロバイダ、システムプロバイダとITユーザ(お客様)を結ぶ「ハブ(hub)」の役割を果たしています。ワールドワイドの情報網を駆使して選りすぐった「最良のモノ(ツール)」と「最良のサービス」に、E3ネットワークスの持つナレッジやノウハウを付加することにより、新たな「ソリューション」としてご提供しています。
E3ネットワークスの詳細に関しては、 (リンク ») をご覧ください。

【MBSDについて】
三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は、2004年7月の会社設立以来、「高品質の情報セキュリティ付加価値サービスを継続的に提供し、顧客の企業価値を高める」ことをミッションとして掲げ、情報セキュリティサービスに特化した事業を提供しています。高度な技術力と提案力に基づいたサービスを提供することにより、高い顧客満足度を得ています。
MBSDの詳細に関しては、 (リンク ») をご覧ください。

###
本リリース内に記載されている社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先】
三井物産株式会社
広報部報道室 小塚
TEL: 03-3285-7596  FAX: 03-3285-9819
e-mail: N.Kozuka@mitsui.com

三井物産セキュアディレクション株式会社
コーポレートマーケティンググループ 村上
TEL: 03-5217-2383  FAX: 03-5280-2930
e-mail: press@mbsd.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?