ニイウスメディカルシステム、千葉大学病院のWeb版新DPCシステムを開発、2007年1月に稼動予定

ニイウスメディカルシステム株式会社 2006年09月27日

ニイウスメディカルシステム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:嶂南 利昭、以下NMS)は、千葉大学医学部付属病院(所在地:千葉県千葉市、院長:齋藤 康、以下 千葉大学病院)の新DPCシステムを開発し、2007年1月に稼動予定であることを発表しました。

千葉大学病院は、2007年1月より新システムを稼動させる予定であり、そのうちDPCシステムについては、これまで稼動していたDPCシステムをWeb版に改良・開発し、新DPCシステムとして構築します。

医療費の効率的配分を目的とした診療報酬改定により、急性期診療の診療報酬として、従来の出来高払い方式はなく、DPC(診断群分類別包括評価)による包括支払い方式を導入する医療機関が急増しております。千葉大学病院においてもDPCによる包括支払い方式を導入しており、これまでHISシステム(病院情報システム)の一機能としてDPCシステムを運用していました。NMSはこれを改良し、独立したシステムとして、新DPCシステムを構築します。新DPCシステムは、HISシステムや医事会計システムとの連携機能を備えており、シームレスな情報共有を実現します。

各システムとの連携機能として、HISシステムと連携することにより、各種医療行為の最新の実施情報を参照することができ、より正確で効率的なDPCコーディングが可能となります。また、医事システムと連携することにより、「DPCにて判定された診断群分類」と「医事システムに蓄積された情報」の相関チェックが容易となり、医事部門の監査時における事務作業の負担を軽減します。

また、新DPCシステムは、HISシステムに依存しない独立したシステムとなっているため、変化に強い拡張性の高いシステムとなっています。他のシステムへ影響を与えることなく、DPCシステムをカスタマイズしていくことが可能です。

NMSはDPCシステムのオンラインサービスも提供しており、今後3年間で20病院以上にASPサービスとして、提供する予定です。

用語解説

■ニイウスメディカルシステム株式会社について
ニイウスメディカルシステム株式会社は、ニイウスグループが注力する医療情報システム分野を統括するために設立された、ニイウス コー100%出資会社です。統合医療情報システムパッケージ「NIWS 統合医療情報システム」を中核に、国内外の優れた医療情報関連ソフトウェアを組み合わせて提供します。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

■ニイウスグループについて
ニイウスグループは、主に金融および医療機関向けにビジネス・サーバ・システムによる情報システム構築を行なうソリューション・プロバイダーです。1992年7月の設立以来、高度なSE技術力と積極的な事業展開により、高い成長を遂げてきました。近年は、新たに医療ビジネス分野への参入やデータセンター運用体制の強化に取組んでいます。持株会社「ニイウス コー株式会社」は、グループ全体の意思決定機関として、経営のスピードと透明性の向上を図り、株主重視の経営体制を確立します。傘下の事業会社には、金融機関向けビジネスを展開する「ニイウス株式会社」、金融コンサルティング・ビジネスを展開する「株式会社ニイウス金融エンジニアリング・グループ」、医療情報システム・ビジネスを展開する「ニイウスメディカルシステム株式会社」、金融および医療ビジネスの開発全般を担う「ニイウスSE株式会社」、データセンター事業ならびにJAVA開発センター事業を手がける「株式会社ビックニイウス」があります。
詳細については (リンク ») をご覧ください。



■□━━━━━━━━━━━━━━━■□
   本件に関するお問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━■□

ニイウス コー株式会社
(広報担当:ニイウス コー株式会社 広報室 高山)
Tel:03-5117-7615  
e-mail:press@niws.co.jp
ホームページURL:  (リンク ») (ニイウス コー株式会社)

株式会社パブリシス
(ニイウスPR代理 担当:竹村、竹内)
Tel:03-5719-8901
Fax:03-5719-8919  
e-mail:niws@publicis.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!