PCを最先端HDDレコーダーに デジタルビデオ・レコーダー「WinDVR 3 New Edition」発売のお知らせ

インタービデオジャパン株式会社 2004年07月12日

パソコン用マルチメディアソフトウェアメーカーの米国INTERVIDEO社(本社:カリフォルニア州フリーモント)の日本法人インタービデオジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市 田中 俊輔社長)は、発売中のデジタルビデオ・レコーダー「WinDVR 3」のマスターを最新版にリフレッシュした「WinDVR 3 New Edition」(ウィン・ディーブイアール・スリー・ニュー・エディション、税込み小売希望価格:6,279円)を7月30日より発売する。特にPCユーザーのアテネオリンピックでの予約録画需要を見込んでいる。またソフトウェアDVDプレイヤー「WinDVD 6 Gold」とのセット商品「WinDVR 3 New Edition + WinDVD 6 Gold キャンペーン版」(税込み標準価格:7,329円)と、DVD-Video/-VR編集&オーサリングソフト「WinDVD Creator 2 Platinum」とのセット商品「WinDVR3 New Edition+WinDVD Creator 2 キャンペーン版」(税込み標準価格:13,629円)の2製品も商品ラインアップに加え同時発売する。

「WinDVR 3 New Edition」はPCのTVチューナー/キャプチャ・デバイスで受信した映像信号をリアルタイムでMPEG-1/2にエンコードし、ハードディスクに高画質で録画・保存する。CD/DVDオーサリング/書き込み機能も搭載し、DVD-VideoやVideoCD、SVCDの制作も可能。またDolby Digitalによる高音質/長時間録画や、インターネット経由での録画予約を実現するiEPGに加え、携帯電話でTV番組の録画予約をするreserMail(リザメール)もサポートしている。

「WinDVR 3 New Edition」はDVからの入力もサポート、IEEE1394ポート経由でPCに接続したDVカメラからMPEG-2でャプチャし、DVへの書き戻しが可能。また、トランスコード機能により録画したファイルのプロファイルが変更でき、AVI、MPEGなどの各映像ファイル形式および好みの映像クオリティに変換できる。

「WinDVR 3 New Edition」はDVD-Videoで採用されているDolby Digital音声圧縮機能を搭載し、高音質/長時間の録画ができる。さらにMPEGオーディオに加え、リニアPCMにも対応し、録画ソースそのままの高音質録画も楽しめる。

また、ソフトウェアDVDプレイヤー「WinDVD」シリーズで好評のシャープ製「MovieEffectorII」を搭載、暗くなりがちな液晶モニターでも明るく自然な映像が楽しめる。TVの静止画キャプチャ機能も備え、BMP/JPEGでファイル化できる。

◆「WinDVR 3 New Edition」商品特徴
●Dolby Digital音声圧縮を採用し、高音質長時間録画を実現
●reserMail機能により携帯電話からのリモート録画予約
●iEPGでの録画予約は複数の番組情報サイトから選択が可能
●シャープ製「Movie EffectorII」搭載により暗くなりがちな液晶モニターでも明るく自然に表示
●リニアPCMエンコード機能により非圧縮の高音質録画
●TVチャンネル情報プリセット機能により、受信した放送局名を自動取得
●DVサポートにより、DVカメラからのキャプチャおよび書き戻しが可能
●映像ファイルのトランスコード機能により、録画済みファイルのプロファイルを変更可能。
●スリープタイマー機能によりアプリケーションの終了時間を設定可能。
●録画したTV映像をVCD、SVCD、DVD-Videoへ書き込み可能
●TV視聴時およびファイル再生時の静止画キャプチャ

◆「WinDVR 3 New Edition」動作環境
●OS:Microsoft Windows 2000 Professional、XP Home/Professional日本語版
●CPU: Intel PentiumIII 500MHz以上、AMD Athlon 600MHz以上
●メモリ: 128MB以上
●キャプチャ・デバイス:WDMドライバ使用PCI/AGP TVチューナーカード、IEEE1394接続DV
●HDD:ソフトウェアインストール100MB以上および録画に応じた空容量
●光学ドライブ:書き込み可能なCD/DVD各種ドライブ
●ビデオカード:DirectX8.1以上対応、24bitSVGA以上、オーバーレイ表示可能なAGPカード
●サウンド:44.1/48KHzステレオ再生可能なサウンドボード

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
プロダクト マーケティング
担当:山下 e-mail yamashita@intervideo.co.jp
〒220-6212
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC-12F
TEL045-226-3832,FAX:045-226-3833
Web (リンク »)

紙面等掲載用読者お問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
Web (リンク »)
e-mail tech@intervideo.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インタービデオジャパン株式会社の関連情報

インタービデオジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR