Global Graphics が Jaws PDF Editor SDK v2.3 をリリース(BW)

Global Graphics 2004年07月01日

Global Graphics(R) Jaws PDF Editor(TM) ソフトウェア開発キット 最新バージョンで日本語対応および文書管理機能強化

東京 (2004 年 6 月 30 日) - Global Graphics S.A. (ユーロネクスト証券取引所銘柄 GLOG)の子会社であるグローバルグラフィックス株式会社は本日、Jaws PDF Editor ソフトウェア開発キット (SDK) の最新バージョンを発表致しました。この開発キットにより、ソフトウェア開発者は OEM アプリケーションに PDF ファイルの表示、相互操作、マークアップ、編集機能を組み込むことが可能になります。

Jaws PDF Editor SDK v2.3 では、言語処理機能が拡張され、英語、フランス語、ドイツ語の加え日本語にも対応しました。CID アジア フォントは、Jaws PDF Editor SDK と共にインストールされる Adobe CMap ファイルを介してサポートされます。

さらに、文書管理および PDF ファイル操作に関する以下の機能拡張が行われました。
・より柔軟になった文書マークアップ
・詳細な条件設定ができる高度な文書検索
・イメージ操作機能の拡張
・PDF ファイル操作機能の強化

『Jaws PDF Editor Library Developer’s Guide 』および『Jaws PDF Editor Library ReleaseNotes 』等のドキュメントが、大幅に拡充されました。

互換性、入手方法、および価格
Jaws PDF Editor SDK は、Windows XP (全エディション)、Windows 2000 (Server およびProfessional)、Windows 2003 Server 、Windows NT 4.0 SP6 、Windows Me 、Windows 98 SE 、Citrix Metaframe XP 1.0 for Windows 、Citrix Metaframe 1.8 for Windows 2000 Server で使用できます。また、Visual Basic 6 、Delphi 、C++ Builder などの COM クライアント対応の言語、VisualBasic.NET や C# などの .NET Framework 言語で使用できます。独立系ソフトウェア ベンダ、OEM 、システム インテグレータは、使用許諾契約により、Jaws PDF Editor SDK をご利用いただけます。また、Jaws PDF Editor SDK は、14 日間試用していただくことが可能です。詳しくは、sales@globalgraphics.co.jp まで電子メールにてお問い合わせください。

# # #

Global Graphics について
Global Graphics ( (リンク ») ) は、最新のハイパフォーマンス RIP 、PDF 文書、ワークフロー、カラー ソリューションを OEM 、システム インテグレータ、ソフトウェア開発者、および再販業者を通して顧客用に開発および提供している業界屈指の企業です。パートナー企業には、デジタル プリプレス システム、大判カラー プリンタ、カラー プルーフィング システム、業務用や SOHO 市場用の複写機やプリンタ、およびソフトウェア アプリケーションの最先端ベンダが名を連ねます。Jaws PDF 生成ツールは、1994 年に初期フォーマットが考案されると同時に開発され、改良されてきました。

連絡先:
萩原佳之 (グローバルグラフィックス株式会社)
Tel: 03-5532-7340 
E-mail: yoshiyuki.hagiwara@globalgraphics.com
Jill Taylor (Global Graphics)
Tel: +44 (0)1223 873874 
E-mail: jill.taylor@globalgraphics.com

配信元:
ビジネスワイヤ・ジャパン 
Tel: 03-3239-0755
Email: newsroom@businesswire.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR