サイプレス社 ハイエンドCMOSイメージセンサをサンプル出荷 (BW)

サイプレス セミコンダクタ 2004年09月28日

セキュリティ、マシンビジョン、医療、生物測定向け 4Mピクセルの解像度、高い感光度とフレームレートを実現するLUPA-4000-M

2004年9月28日サンノゼ、カリフォルニア発

サイプレス セミコンダクタ社(NYSE: CY)は、最近買収したFilFactry NV社の製品であるLUPA-4000-M CMOSイメージセンサのサンプル出荷を開始したことを本日発表しました。プロフェッショナル使用及び工業用市場の特定画像ニーズに対して開発されたLUPA-4000-Mのターゲットアプリケーションには、マシンビジョン、計測器、監視装置、生物測定識別装置、医療用画像などがあります。

LUPA-4000-Mは、3つの独自の特長があります。一つ目は次のイメージを取り込んでいる間にもうひとつのイメージを読んだり、歪み無しで動く被写体を取り込んだりできる完全な同期またはパイプラインのスナップショット シャッター、二つ目はユーザが興味のある画像領域だけを読み出すことを可能にしたり、有効なフレームレートを増やすような複数のウィンドウィング(複数のウィンドウを1画面に表示)、三つ目は暗いところでもコントラストを維持しながら明るいエリアを明るくさせ過ぎずに高いコントラストで景色を取り込むことができる複数のスロープ機能です。LUPA-4000-Mは2K×2Kピクセル 4Mピクセルを12×12mm2 ピクセルサイズでフォーマットされており、毎秒15イメージのフレームレートと10ビット パラレル デジタル出力を特長としています。LUPA-4000-Mは今回、モノクロデバイスのみで提供されています。

FillFactory社のシニアマーケティング ディレクタであるLou Hermans氏は次のように述べています。「CMOSイメージ センサは、高速性、ダイナミックレンジ、ウィンドウ機能においてもCCDを超えるものを持ち合わせています。これらはセキュリティ、マシンビジョン、その他のアプリケーションに対するお客様が必要な全ての特長であり、LUPA-4000はこのために設計されました。CMOSテクノロジのパイオニアであり世界のリーダーでもあるサイプレスとの関係は、我々のテクノロジをより大きな市場へと移行する手助けをしてくれます。」

FillFactoryはサイプレスにとって2つの点(キーとなるエンド市場及び製造)において良い戦略と言えます。CMOSイメージセンサは、サイプレスが低消費電力メモリのリーディングサプライヤとして活躍している携帯電話市場で売上げを2倍にする力があります。多種多様なタイミングソリューションを現在も提供しているデジタル静止カメラのサイプレスの市場を広げるでしょう。サイプレスがプログラマブル マイクロコントローラやメモリを提供している自動車市場では、イメージセンサが市場を拡大するでしょう。イメージセンサを作るために使われるCMOS製造プロセスはメモリを製造するのに使われるものと似ており、FillFactryはサイプレスのコアとなる製造能力にぴったりだと言えます。

価格と供給状況

LUPA-4000-Mのサンプルは現在供給中でPGAパッケージで960ドルです。量産は2005年の第1四半期に予定されています。LUPA-4000M用評価キットは、2005年の第1四半期に供給される予定で価格は約5000ドルです。LUPA-4000-Mのデータシートと回路図は、以下のe-mailで請求することが可能です。info@fillfactory.com (英語のみ) info@cypress-japan.co.jp (日本語)。

写真

高解像度のLUPA-4000-Mの写真は以下のサイトでダウンロードできます。

(リンク »)

FillFactory会社概要

FillFactoryは、独自のテクノロジと15年以上に渡り築いたノウハウで革新的な高性能CMOSイメージセンサーを開発、生産、販売しています。FillFactory NVは1999年12月にInteruniversity MicroElectronics CenterであるIMECの独立機関として設立されました。すべての関連するIMECの特許はFillFactoryに譲渡されました。FillFactoryのスタッフの多くは元IMECの従業員で、多くの科学出版物や特許で結果を残しているCMOSイメージセンサの開発と革新的なアプローチにおいて豊富な経験を積んでいます。FillFactoryは、2004年8月にサイプレスセミコンダクタ社に買収されました。

サイプレス社概要

サイプレス セミコンダクタ社(NYSE: CY)は、パーソナル、ネットワーク アクセス、エンタープライズ、メトロ スイッチ、およびコア通信システム アプリケーションに対するハイパフォーマンス ソリューションによって、「Connecting From Last Mile to First MileTM」(地球上のあらゆるものをネットワークで結ぶ)を推進しています。Cypress ConnectsTMは、USB、Fibre Channel、SONET/SDH、Gigabit Ethernet、DWDMをはじめとする、ワイヤレス/ワイヤライン/デジタル/光伝送工業規格をサポートしています。サイプレス社は、高帯域幅メモリ、タイミング技術ソリューション、およびリプログラマブル混合シグナル アレイの広範な製品ラインに加えて、そのプロセス/システムレベルの専門技術を活かして業界最先端の物理層デバイス、フレーマ、ネットワーク検索エンジンなどの開発も行っています。インターネットのホームページのアドレスは、 (リンク ») (英語)および (リンク ») (日本語)です。

-###-

Cypressおよびサイプレス社のロゴはサイプレスセミコンダクタ社の登録商標です。「Connecting From Last Mile to First Mile」、「Cypress Connects」はサイプレス社の商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有企業に属します。


お問い合わせ先

日本サイプレス株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワービル 17F

TEL 03-5371-1921 FAX 03-5371-1955

広報窓口 小佐野

技 術 生駒・大石・山下


配信元:日本ビジネスワイヤ 03-3239-0755  newsroom@businesswire.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR