NEXX、MPEG4-AVI/ MPEG4ハードウェアエンコード機能搭載 TVチューナー&キャプチャPCIカード「NTVC-760PGN」出荷開始 ~PCIカード毎に主要国の言語、規格、方式をサポートし全世界で一斉発売~

株式会社NEXX 2004年12月22日

 デジタルホームとデジタルオフィスに向けた、先進的技術製品のグローバルサプライヤを目指す株式会社NEXX(以下、NEXX、URL=http://www.nexx.co.jp)は、PCIカードとしては業界ではじめてMPEG4-AVI (標準設定時)/MPEG4のハードウェアエンコード機能を備えたTVチューナー&キャプチャPCIカード「NTVC-760」シリーズを発表することになりましたので、お知らせします。サンプル製品は12月最終週より逐次提供を開始し、製品は、2005年1月20日から日本と欧州市場を皮切りに、逐次、アジア、米国市場をはじめとする世界の主要市場に向けて出荷します。   「NTVC-760」シリーズはグローバル仕様を実現しており、日本仕様となる「NTVC-760PGN」は本リリース別紙添付通りの仕様で発売、価格はオープンプライス(市場想定価格28,000円(税込み)、日本国内はNEXXのショッピングサイト(http://www.nexxpro.biz/products.asp 1月15日より受付開始)、量販店などを通じて15,000台、海外市場では台湾に拠点を置く同社海外営業本部を通じ、40,000台の販売を計画しています。  また、来年1月6日開始の米国CESにて、Vweb 社のスイート(Polo Towers Hotel, 3745 Las Vegas Blvd., South, Las Vegas )Room 4 にて、製品の展示とデモを行います。(予約等の詳細はNEXXホームページご参照)。

新製品「NTVC-760PGN」は、PC本体のPCIバススロットに差し込み、TVチューナーからのTV画像や他の映像機器のアナログ出力をハードウェアエンコードし、MPEG4-AVI/MPEG4形式に変換するPCIカードです。エンコードチップには米国Vweb Corporation(以下Vweb社、本社:カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEO:Sho Long Chen氏)製の「VW2010」を採用しています。その「VW2010」を搭載したことで実現したものがMPEG4-AVI/MPEG4エンコード機能です。TVチューナーからのTV画像をMPEG4形式だけでなく、より圧縮率の高いMPEG4-AVI形式へのダイレクト変換を可能にしています。しかも、MPEG4-AVI形式へのエンコード時に変換データを標準添付のデコーディングソフト「DivXプレイヤー」で再生できますので、録画中のTV画像をリアルタイムにモニタすることができます。
 また、NEXX、Vweb両社の技術者によって開発された専用ソフトウェアにより「NTVC-760」シリーズの機能の最適化を図るとともに、簡単な操作で楽めるようになっています。特に、操作画面は、ビデオ録画再生装置型GUIを採用しており、TVチューナやTV画像の録画・再生などの基本操作をはじめ、「iEPG」方式のWebテレビ番組表のサポートによりTV番組の録画情報を取り込んで録画予約するなど、様々な配慮が施されています。

 録画終了後は、標準設定で使用した場合、高度に圧縮されたMPEG4-AVI形式のファイルが生成されますので、ハードディスクにはより多くのTV画像が保存でき、長時間に及ぶTV画像や複数のTV画像を1枚のCDやDVDに保存できます。特に、一般のTVチューナー&キャプチャPCIカードのようにMPEG2で録画されたTV画像を圧縮率がより高いMPEG4-AVI形式に再度変換する手間が要りませんので、CDやDVDに簡単に保存できます。しかも3次元Y/C分離回路やゴーストリデューサー回路といった高性能高画質化回路を標準搭載しており、見やすく、高品質なTV画像を録画、再生して楽しめます。
 音声の再生についても、MPEG-1LayerⅢ時最大320Kbpsという優れたビットレートを実現するなど高性能キャプチャカードに求められる数々の要件を満たしています。

 「NTVC-760」シリーズは、グローバル仕様を実現しており、PCIカード毎に日本語、英語、中国語(簡体/頻体)、ドイツ語他欧州主要言語といったマルチ言語対応、入力映像方式(NTSC、PAL)、FCC・CE規格等をサポートしております。 

 なお、「NTVC-760PGN」の主な仕様は、次のとおりです。

以 上


<製品写真>
お手数ですが、下記URLよりダウンロードしてください。
(リンク »)
・サイズ:5.1MB
・ファイル内容:3点
NTVC-760PGN製品画像
NTVC-760PGN裏面の高画質化回路チップ
NTVC-760PGN用GUI画面ショット

<「NTVC-760PGN」の主な仕様>
■仕様
●エンコードチップ:Vweb 社 VW2010
●チューナーユニット:Philips 社製
●受信TV チャンネル:
・VHF:1~12ch、UHF:13~62ch、CATV:C13~C63ch
●入力映像方式:NTSC-M(Japan)
●高画質化回路搭載:3DY/C 分離回路、ゴーストリデューサ回路
●TV-RF 入力:F 型コネクタ
●TV 音声出力:ステレオ、2 カ国語放送対応(EIAJ 方式)
●ビデオ入力:S ビデオ(ミニDIN4 ピン)、コンポジット(RCA)、ステレオ2ch(3.5 φミニプラグ)
●ビデオ圧縮方式/キャプチャ解像度:
・MPEG4
720x480、640x480、352x240、160x120(AVI 形式対応)*1
・MPEG2
720x480、640x480、480x480、352x480、352x240
・MPEG1
352x240
●ビデオビットレート:
・MPEG4
720x480 1M~3Mbps(VBR)、640x480 1M~3Mbps(VBR)
352x240 0.4M~3Mbps(VBR)、160x120 0.4M~1Mbps(VBR)
・MPEG2
720x480 4M~9Mbps(VBR)、640x480 4M~9Mbps(VBR)
480x480 2M~3Mbps(VBR)、352x480 1.2M~2.6Mbps(VBR)
352x240 1M~2Mbps(VBR)
・MPEG1
1~2Mbps(CBR)
●音声圧縮方式:
・MPEG4
MPEG-1 LayerⅡ、MPEG-1 LayerⅢ
・MPEG1/2
MPEG-1LayerⅡ
●音声ビットレート:32K~384Kbps、MPEG-1LayerⅢのときは320Kbps Max
●音声サンプリング:48KHz(MPEG1のみ44.1KHz)
●動作環境:温度V0 ~ 35℃、湿度20~80%(結露なきこと)
●消費電流:DC+12V 240mA、DC+3.3V 1380mA、DC+5V 310mA
●添付ソフトウエア:DivXNetworks 社 DivX Player、InterVideo社 WinDVD Creator2
※1:ファイル形式については (リンク ») からお問い合わせください。

■PC動作環境
●対応機種:PCI Standard 2.2 準拠で1つ以上の空きPCIバススロットを搭載したDOS/V機
●OS:Windows 2000 SP3~、Windows XP SP1~
●CPU/Memory:Celeron-1.7GHz 以上Memory-256MB 以上(推奨:P4 2.4GHz up Memory-512MB)
●HDD:ATA66以上、1GB以上(推奨:7200rpm、ATA100)
●グラフィック:1024x768dots 24(32)bits color
RAM 8MB以上(64MB以上を推奨)DirectX 9.0C以上
●サウンド:44.1KHz、48KHz
●ファイルシステム:NTFS、FAT32(4GBMax/file)

■外形寸法、重量
●寸法:130(W)x100(H)mm *2
●重量:150g
※2:突起物は除きます。

■付属品
●ソフトウェアCD 1枚
●クイックインストールガイド 1冊
●AV/RCAケーブル(Audio片側ステレオミニプラグ) 1本

以 上

<株式会社NEXXについて>
NEXXは、世界規模のテクノロジーリーダーと生産基地、マーケットを結合し、自社の製品企画と開発エンジニアリングを基盤に、エンドユーザーの求めるデジタルホームとデジタルオフィスの需要に先進的技術を織り込んだ製品の開発と供給をグローバルに行う事を事業目的とした企業です。

※デコードチップでMP3が再生されない場合、MP2に設定を変更することが必要になります。
※文中の企業名、製品名ならびにサービス名は各社の商標もしくは登録商標です。

<本件に関するお問合せ先>
株式会社NEXX
東京都千代田区麹町3-5麹町シルクビル
PRセンター 木寺 まで
電話03-3294-3235
eメール:pr@nexx.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社NEXXの関連情報

株式会社NEXX

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR