ブレケケ・ソフトウェア、SIP IP-PBX 『OnDO PBX』 に カンファレンス機能を追加

ブレケケ・ソフトウェア・インク 2004年12月28日

SIP対応ソフトウェア型 IP-PBX 『OnDO PBX』、来年のバージョンから「カンファレンス機能」を搭載

報道関係者各位
プレスリリース

2004年12月28日
ブレケケ・ソフトウェア・インク
(Brekeke Software, Inc.)

================================
ブレケケ・ソフトウェア、SIP IP-PBX 『OnDO PBX』にカンファレンス機能を追加
================================

ブレケケ・ソフトウェア・インク(米国カリフォルニア州、CEO:山出 晋)は、SIP対応
ソフトウェア型IP-PBX 『OnDO PBX』 について2005年の最初のバージョンから
「カンファレンス機能」(電話会議機能)を搭載すると本日発表しました。

【カンファレンス機能の特徴】

1. 会議メンバー数の制限なし

必要なだけ、何人でも会議に参加させることができます。

2. 海外拠点間でも無料で電話会議

OnDO PBX の内線端末としてお使いのSIP対応電話機を使って、世界中の各拠点からインターネットを経由して通話時間を気にすることなく無料で会議ができます。

3.電話の機種に依存しない操作

サーバ側で実現する機能のため、電話の機種に依存せず、常に同じダイヤル操作で
会議に参加できます。

4. 会議の開始に複数の方法がある

方法1)会議用の番号を決め、参加メンバーはその番号にかけて会議に参加できます。
方法2)通話中に次々と他の人を呼び出して通常の1対1の通話から3者・4者・・・複数メンバーの会議にしていくことができます。
方法3) 同時に複数に発信をして一斉召集をかけることができます。


【OnDO PBX について】

ブレケケ・ソフトウェア・インクが提供する『OnDO PBX』は、IETF (Internet Engineering Task Force)の標準プロトコルである「SIP」(Session Initiation Protocol) に準拠した、ソフトウェア型 IP-PBX です。従来のPBXが備えていた基本的な機能をしっかり継承しつつ、同時に優れたコストパフォーマンス性を発揮。世界各国で導入されている実績ある製品です。

『OnDO PBX』 は、「話中転送」「不応答転送」「代表番号」「留守番電話」「コールパーク」「コールピックアップ」、「コールキューイング機能」など、ビジネスにおけるコミュニケーション効率を大きく向上させる機能を満載。IP電話事業者のSIPサーバと接続したり、VoIPゲートウェイを使用することにより一般公衆回線網との接続も簡単に行えます。

WindowsやLinuxに対応したソフトウェア型製品なので、専用機型と違って、ご使用の環境に合わせたハードウェアやソフトウェアが選択可能。インストールも簡単、ウェブ管理ツールで設定にも手間を取らせません。


【正規版 製品価格】
『OnDO PBX Version 1.3』 Standard版(無制限):US 3,000ドル
『OnDO PBX Version 1.3』 SmallOffice版(40ユーザー/12同時通話数):US 300ドル

※『OnDO PBX 1.3』 無償トライアル版は、現在、下記アドレスよりダウンロード可能です。
( (リンク ») )


【お問い合わせ先】
info@brekeke.com

Brekeke Software, Inc.(ブレケケ・ソフトウェア・インク)

4 West 4th Avenue, Suite 404
San Mateo, California 94402-1614 U.S.A.
+1 650-401-6636

(リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――
ブレケケ・ソフトウェア・インク概要:
2002年6月設立。本社:米国カリフォルニア州サンマテオ市。CEO:山出 晋
VoIP関係のソフトウェアおよびソリューションの開発を行っています。
――――――――――――――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ブレケケ・ソフトウェア・インクの関連情報

ブレケケ・ソフトウェア・インク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR