日産 Cube のスペシャルサイト「cube WIRED」が Macromedia Flash と Macromedia Director を採用

マクロメディア株式会社 2005年01月27日

マクロメディア株式会社(本社:東京都港区赤坂2-17-22、代表取締役:井上 基、以下、マクロメディア)は、日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座6-17-1、代表取締役社長:カルロス ゴーン、以下、日産)が提供する Cube のスペシャルサイト、cube WIRED に Macromedia Director MX 2004、および、Macromedia Flash MX 2004 Professional が採用されたことを発表しました。

ブランドマネージメントを徹底させるため、Web サイトのクオリティに高いレベルを目指した今回のプロジェクト cube WIRED では、クリエイターの優れたアイデアを生かしたいという思いをベースに、自由な発想で表現できるからこそ成り立つ世界観が Macromedia Director MX 2004 によって実現されました。

「cube WIRED は、Cube のデザインやコンセプトからインスパイアされた5人のクリエイターが、サイト上でオリジナル作品を発表し、20~30代前半のターゲット購買層の興味を刺激することを目的としたクリエイティブプロジェクトです。

Cube の個性的でおしゃれなブランドイメージと、機能的で特徴のあるスタイルを訴求するために、スクリーンセーバーを採用しました。スクリーンセーバーは、本人が席を立っている間に、周りの人々がそれを目にする機会がありますので、人から人への広がりを期待できます。また、単なるスクリーンセーバーではなく、新鋭のクリエイターによる斬新なアイデアをどう生かすかということが鍵になりました。

Web でブランドイメージをアピールする場合、Macromedia 製品を欠かすことはできません。特に Flash はマストアイテムとなっていますし、Director はさらに幅を広げ、新しいアイデアを実現するためのツールですので、今後も採用していく方針です。Windows ユーザーだけではなく、Mac ユーザーへもまったく同じ作品を届けることができますし、幅広くエンドユーザーの環境をサポートできますので、コンシューマー向けのプロジェクトに最適だと思っています。」と、制作を担当した株式会社オルカビジョン 制作管理部 制作プロデューサー 行木 稔幸氏は述べています。

cube WIRED は、Cube のブランドイメージを元にした、新鋭のクリエイターによる斬新なスクリーンセーバーを、 Macromedia Flash MX 2004 Professional と Macromedia Director MX 2004 との融合により、Flash だけでは実現不可能であった 3D オブジェクトの動きのシミュレーションを実現し、確実にターゲット層へアピールすることに成功しています。

日産 Cube のスペシャルサイト「cube WIRED」の事例に関する詳細は、 (リンク ») をご覧ください。
【Macromediaについて】

「すべての人に素敵な体験を。」Macromedia, Inc. は、素晴らしいインターネットユーザー体験の創造を通して、さらにその先のビジネスに貢献します。Macromedia の製品によって、何百万ものビジネスユーザー、デベロッパー、デザイナーが、インターネット、CD-ROM、DVD-ROM 等各種メディア、ワイヤレス環境、またはデジタル機器上で、生産性を高めながら魅力的かつ印象的なユーザー体験を創出し提供しています。
(リンク »)
【本プレスリリースに関するお問い合わせ】

マクロメディア株式会社
広報担当:黒田
Tel:03-5563-1980(代表)
電子メール:pr-j@macromedia.com

【製品の販売に関するお問い合わせ】
マクロメディア株式会社
営業担当
Tel:03-5563-1980(代表)
電子メール:sales-j@macromedia.com

Macromedia、Macromedia ロゴ 、すべての Macromedia 製品名および Macromedia 製品ロゴは Macromedia, Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR