個人情報を流出させる「スパイウェア」を根こそぎ駆除

株式会社インターチャネル・ホロン 2005年04月01日

未知スパイウェアにも対応するスパイウェア駆除専用ソフト 「スパイゼロ 2006」 2005年6月3日(金)発売

 株式会社インターチャネル(本社:東京都港区 代表取締役社長:羽室文博 以下「インターチャネル」)は、韓国最大手のセキュリティ企業、株式会社アンラボ(日本法人:東京都千代田区 代表取締役社長:李 鳳基 / 本社:韓国・ソウル市 以下「アンラボ」)が開発した新世代のスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」(以下「スパイゼロ」)を2005年6月3日(金)に発売いたします。

【製品概要】
スパイゼロは、韓国内でウイルス対策ソフトシェア60%以上を誇る ※1 アンラボの最新セキュリティ技術を搭載したスパイウェア駆除専用ソフトです。パソコンに侵入しているスパイウェア(トラックウェア、アドウェア、キーロガーなど)の検出・駆除はもちろん、ネットワークから侵入しようとするスパイウェアもリアルタイムでブロック。ウイルス対策ソフトの「スパイウェア駆除機能」では対応しきれない悪質かつ削除が困難なスパイウェアを確実に駆除して個人情報の外部流出を防止。パソコンを安全かつ快適に保ちます。

本製品は、ブロードバンド先進国・韓国の各種ポータルサイトにてASPサービスとして採用されており、「MSN Korea」、「DreamWiz」、「Cyworld」 といった大手コミュニティポータルを中心に、計20サイトから提供され、約100万人のユーザーに利用されるシェアNo.1の信頼あるものです(2005年2月現在) 弊社「V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ」や他社のウイルス対策ソフトと組み合わせてご利用いただくことにより、更に安全なインターネット利用をサポートいたします。

●高度なスパイウェア駆除機能
プロセスメモリ、ファイルシステム、レジストリなどを複合的にスキャンするスパイウェアに特化した検査方式を採用。セキュリティ専門メーカーならではの豊富なノウハウを元に、ウイルス対策ソフトの「スパイウェア駆除機能」では対応しきれない悪質で削除が困難なスパイウェアを確実に検出し駆除します。 ※2

●未知スパイウェア検出(ヒューリスティック技術)
スパイウェア特有の挙動から不審なファイルを検出し総合的に判断を行う「未知スパイウェア検出」機能を搭載。定義ファイルだけでは対応できない未知の新型スパイウェアについても検出・駆除が可能です。

●超高速スキャン
アンラボ独自の高度なスキャン技術により同タイプ他製品と比較して130%以上の高速スキャンを実現 ※3 他社製品とは異なりスパイウェアが潜む可能性の高いファイルやレジストリから優先的に効率よく検査するスキャン方式(特定位置判別法)を採用し、大容量のハードディスクでも時間を気にせず気軽にスパイウェア検査を実行できます。

●軽快なスキャンエンジン
スキャン中のメモリ使用率は同タイプ他社製品の50%以下 ※3 、CPU使用率も5~10%程度低いなど ※3 、パソコンの動作に極力影響を与えないよう設計された軽快・高速なスキャンエンジンを搭載しております。

●強力なリアルタイム監視機能
ウイルス対策ソフトと同様にパソコンをリアルタイムで常駐監視。スパイウェアなどのプログラムがインストールされないよう確実にブロックします。スパイウェア感染の主な原因である不正なActive X コントロールやアプリケーションに含まれているスパイウェアがインストールされることを防止できます。

●新型スパイウェアに迅速対応
個人情報流出やパソコン動作に影響を与える悪質なスパイウェアを中心に4万2000個以上(2005年2月現在)に対応 ※4 、定義ファイルはパソコン起動後に自動更新されるため ※5 、日々発生する新型スパイウェアや亜種についても常時対応可能です。

●パソコン内に残るプライバシー情報をワンクリックで消去
パソコンに保存されているプライバシー情報※6を一括消去して個人情報の流出を未然に防止。万一、スパイウェアに侵入されても個人情報の外部流出や悪用を防げるとともに、不要ファイルの無い安定したパソコン環境を維持することができます。

●安心のサポートサービス
ユーザー登録日から1年間は、スパイウェア定義ファイルのアップデート、電話・FAX・Eメールでのサポートを無料提供。初心者には判断が難しいスパイウェアの削除方法について、専門のサポートスタッフが丁寧に対応いたします。

※1
IDC Korea調べ

※2
多くのウイルス対策ソフトに搭載されている「スパイウェア駆除機能」では、一部の「トロイの木馬」や「スパイウェア」等を検出できますが、大多数のスパイウェアは、ファイル単位で感染するウイルスと異なり、通常のアプリケーションと同様のインストール方式で感染してしまうため、複数のファイル、レジストリ、関連プログラムを全て削除しなければ完全に駆除することができません。このため、ウイルスと同様の方式で駆除を実行するウイルス対策ソフトの「スパイウェア駆除機能」では、日々進化するスパイウェアに対応しきれなくなっているのが実状です。

※3
「スパイゼロ 2006」と他社同タイプ製品(2商品)のスキャン時間を比較計測(2005年2月 アンラボ調べ)

【テスト環境】
CPU:Pentium 4 2.4GHz メモリ:512MB OS:Windows XP Professional
【テスト内容】
パソコン内のハードディスク (ファイル数:23,096ファイル、合計サイズ:3.59GB)を指定して手動スキャンを実行。
【テスト結果】
スキャン時間:「スパイゼロ 2006」:1分21秒、A社製品:1分46秒、B社製品:3分05秒
CPU使用率、メモリ使用率については、Windows XPのタスクマネージャを使用して測定および比較を実施。

※4
定義ファイルの対応項目は120,000個以上(2005年2月現在)

※5
常時接続環境で利用する場合

※6
履歴(ブラウザなど)、オートコンプリート(フォーム、パスワードなど)、インターネット一時ファイル、Cookie、最近使ったファイルなど

■主要機能一覧表
・スパイウェア検出
・スパイウェア駆除
・リアルタイム監視
・システムクリーナー(個人情報一括消去)
・バックアップセンター(バックアップ機能)
・レポート(動作ログ)
・自動アップデート(定義ファイル)

■商品概要
製品名:スパイゼロ 2006
【パッケージ版】
 価格:4,980円(税込) 発売日:2005年6月3日(金)
【ダウンロード版】
 価格:3,980円(税込) 発売日:2005年4月下旬

開発元:株式会社アンラボ
販売元:株式会社インターチャネル

■動作環境
PC : メーカーサポートのPC/AT互換機(NEC PC-9821シリーズなど、PC/AT互換機以外のパソコンではご利用できません)
OS : Windows XP/2000/NT4.0(SP6以上)/Me/98SE/98 ※日本語版のみ対応
CPU : Pentium Ⅱ以上 (Pentium Ⅲ推奨)
メモリ : 32MB (64MB以上を推奨)
ハードディスク : 8MB以上の空き容量 (16MB以上を推奨)
対応ブラウザ : Internet Explorer 5.0以上
※Windows XP/2000/NT4.0でご利用の場合は、アドミニストレータ(管理者)権限でインストールしてください
※他のスパイウェア対策製品とは併用できません。

■コピーライト表記
※製品掲載時のコピーライト表記は下記でお願いいたします。
Copyright (C) 2005 AhnLab,Inc. All rights reserved.

■報道関係者様からのお問い合わせ先
株式会社インターチャネル( (リンク ») )
〒108-0073 東京都港区三田1-4-28(三田国際ビル21F)
広報グループ:山下 
TEL:03-5440-0754 FAX:03-5440-0735 E-mail:pr@interchannel.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インターチャネル・ホロンの関連情報

株式会社インターチャネル・ホロン

株式会社インターチャネル・ホロンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR