DVDレコーダー、携帯電話、PSPなどデジタル家電と強力に連携可能なDVDコピーソフト 「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」「InterVideo DVD Copy FileToDVD」発売のお知らせ

インタービデオジャパン株式会社 2005年05月12日

インタービデオジャパンは、DVDのコピー/ファイル変換ツール「InterVideo DVD Copy」シリーズの最新バージョンとして「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」(税込み価格:13,440円)およびディスク・コピー機能を持たず動画ファイルからDVDの作成、ファイル変換機能に特化した「InterVideo DVD Copy FileToDVD」(税込み価格:10,290円/)の2バージョンを2005年6月3日より発売する。

インタービデオジャパン株式会社
プレスリリース

平成17年5月12日
報道関係者各位

DVDレコーダー、携帯電話、PSPなどデジタル家電と強力に連携可能なDVDコピーソフト
DVDコピー/ファイル変換ツール、新バージョン
「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」「InterVideo DVD Copy FileToDVD」発売のお知らせ

PC用マルチメディアソフトウェアメーカーの米国INTERVIDEO社(本社:カリフォルニ州フリーモント)の日本法人インタービデオジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市 田中 俊輔社長)は、DVDのコピー/ファイル変換ツール「InterVideo DVD Copy」シリーズの最新バージョンとして、フルスペック・バージョンの「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」(インタービデオ・ディーブイディー・コピー・フォー・プラチナム、税込み価格:13,440円/税別価格:12,800円 アップグレード/乗り換え版価格:税込み9,240円/税別8,800円)およびディスク・コピー機能を持たず動画ファイルからDVDの作成、ファイル変換機能に特化した「InterVideo DVD Copy FileToDVD」(インタービデオ・ディーブイディー・コピー・ファイル・トゥ・ディーブイディー、税込み価格:10,290円/税抜価格:9,800円)の2バージョンを2005年6月3日より発売する。

「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」はDVD-Video、DVD±VR、VideoCD、SVCDなど映像ディスクの高速・高品質コピーが可能なユーティリティ・ソフトのフルスペック・バージョン。現行の全DVDメディアに対応し、単純なディスク・コピーからCD/DVDメディアの各フォーマットやWMV、DivXフォーマットでプロファイル設定可能なファイルコピーまで、柔軟な対応コピー/ファイル変換機能を特徴としている。今回のバージョンアップではDVD-VRコピーの機能強化、3G携帯電話動画ファイル出力機能、携帯ゲーム機PSP向けムービー・ファイル出力機能、DVD+VRのサポートを新たに装備した他、サウンドトラック・リッピング機能やインターネット・コピー機能など便利な機能を多数搭載した。

DVD-VRコピー時にディスク丸ごとのコピーのみが可能であった前バージョンに比べ、タイトル/チャプターを選択してコピーが可能となり柔軟性が増した。さらにDVD+VRフォーマットも新たにサポートすることで、家庭用DVDレコーダーとの親和性をより高めた。また従来のDVD+R DoubleLayerサポートに加え、最新のDVD-R DualLayerに対応、片面2層DVDを丸ごとコピーできるだけでなく、8.5GBの大容量を活かしたマルチタイトルDVD作成ができる。なお、容量が規格外の4.85GB DVD-Rメディアにも対応し150MBのプラスアルファを無駄にすることなく利用できる。

携帯電話用ムービー・ファイル出力機能はNTT Docomo、KDDI au、Vodafone各社の3G携帯電話フォーマット3GPP/3GPP2に対応した映像ファイルの出力機能。この機能によりPC内のムービー・ファイルやDVDの映像を外部メモリーにコピー、携帯電話により外出先でも鑑賞できる。また、逆に3G携帯電話で撮影した3GPP/3GPP2ファイルのインポートにも対応、撮影したムービーをDVDに書き込むこともできる。

また、携帯ゲーム機PSPのメモリースティック・ビデオフォーマットに対応したMP4ムービー出力ができる。ワイドスクリーン・アスペクト比での映像出力にも対応し、PSPの液晶ディスプレイを最大限に活用した映像が楽しめる。

「InterVideo DVD Copy 4」はDivX5 CoDecによるDivX AVIファイル出力が可能だが、DivX6およびDivXMedia対応を無償アップデータも後日Webサイトより提供を予定している。これによりメニュー構造やマルチタイトルのサブタイトルを保持したままDVDのコピーが可能になる。

操作面では使い勝手が良いと好評の「ソース指定」「ターゲット指定」「フォーマット設定」の3ステップで書き込み準備ができる。また高速かつ高品質なディスク作成によりPC、家庭用DVDレコーダー/プレイヤーを問わず再生可能なディスクが作成できる。

さらに今回のバージョンアップでMPEG/AVI/WMVなどのビデオファイルをCDやDVDへ書き込む「FileToDVD」機能も向上し、Web上のムービー・ファイルをディスクに書き込む「インターネット・コピー」機能」を新たに搭載した。これによりWeb上のビデオファイル、PCのハードディスク上のビデオファイルを意識せず、簡単にムービー・ファイルをDVD化できる。

また前バージョンより装備したDVD-Video、VideoCD、SVCD、DVD-VRディスクからからオーディオトラックのみをオーディオCDとしてコピーする「サウンドトラック・リッピング機能」もwma、mp3、wavの各種サウンド・ファイルへの変換機能を加え、使い勝手をより高めている。なお、ハードディスクへのファイル出力時にはチャプターごとに分割しての出力を可能とした。

なお「InterVideo DVD Copy FileToDVD」は「InterVideo DVD Copy」シリーズで評判のMPEG/AVI/WMVなどのビデオファイルをCD/DVDへ書き込む「FileToDVD」機能に特化したバージョン。ディスクからディスクへのコピー機能は持たないが、HDDやWebに蓄積した動画データから簡単にDVDやVideoCDの作成ができる。また、各種ソースファイルから、異なるフォーマットで動画ファイル出力も可能である。

◆「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」の新機能/機能強化
●DVD±VRフォーマット対応:家庭用DVDレコーダーで録画したDVDのコピーが可能
●携帯電話動画ファイル出力機能: 3G携帯動画フォーマット3GPP/3GPP2に対応したムービー・ファイル出力
●PSP用ムービー・ファイル出力機能:携帯ゲーム機PSPに最適化したムービー・ファイル出力
●インターネット・コピー機能:Web上のムービー・ファイルをURL指定で検出、チェックボックスによるファイル選択、ダウンロード、シームレスにDVDに書き込み
●サウンドトラック・リッピングの機能アップ:DVDのオーディオトラックをオーディオCD、MP3 CD、WMA CD書き込み、およびwma、mp3、wavファイル出力
●片面2層のDVD-Videoから4.7GB DVDメディアへのコピー時に、圧縮前にビデオクオリティのプレビューが可能
●4.7GB規格を超える4.85GB DVD-Rメディアに対応し150MBの容量を無駄なく活用
●DivX6およびDivXMedia対応の無償アップデート・ファイルを後日提供予定

◆「InterVideo DVD Copy 3 Platinum」シリーズからの基本機能
●マルチタイトルDVD:従来DVD-Videoからに限られていたM-DVD機能を改良、複数枚のVideoCDやSVCDからマルチタイトルDVD作成が可能
●タイトルごとのビットレート設定:タイトルごとにオリジナルクオリティを含む、6段階でビットレートを設定可能
●サブタイトルコピー:複数言語字幕を適宜選択コピーすることが可能
●オーディオトラック コピー:複数オーディオトラックを適宜選択コピーすることが可能
●Windows Media Video/DivXフォーマットのサポート:DVD-VideoをWindows Media Video (WMV)ファイルおよびDivX AVIファイルとして出力可能に
●2層DVDを2枚の4.7GB DVDへコピー:2枚の4.7GB DVDメディアへ再エンコード無しの元画質コピー
●2層DVDを1枚の4.7GB DVDへコピー:1枚の4.7GB DVDメディアへ全てのコンテンツをトランスコード、圧縮率を調整してコピー
●DVD-Videoを複数CDへコピー:VideoCD/SVCDフォーマットで複数枚CD-R/RWへコピー
●HDD上のDVD-VideoイメージをCDやDVDへコピー:ビデオ編集ソフト等で作成されたHDD上のDVDフォルダからCDやDVDへ出力
●DVD-Videoのカスタマイズ:チャプターや字幕、オーディオ、縦横比を選択、欲しい部分だけコピー

「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」製品仕様
●ソースディスク: DVD-Video(またはHDD上のDVD-Videoイメージ)、DVD-VR、DVD+VR、VideoCD、SVCD、オーディオCD、データCD/DVD
●ソース・フォーマット:avi、mpg、mpeg、dat、m2v、dvr-ms、asf、wmv、asx、wm、vro、vob、asf、mov、qt、mp4、3gp、3g2
●ターゲットドライブ:CD-R/RW、DVD±R/RW、DVD±R DL、DVD-RAM、HDD
●出力ビデオ・フォーマット:DVD-Video、DVD-VR、VideoCD、SVCD、MPEG(VideoCD、SVCD準拠)、WMV、DivX AVI、MP4(PSPプロファイル)
●出力オーディオ・フォーマット:MP3、WMA、WAV
●出力携帯電話フォーマット:3GPP、3GPP2

★商品構成
・InterVideo DVD Copy 4 Platinum アプリケーションCD-ROM×1
・ユーザーズマニュアル

★動作環境
OS:Microsoft Windows 2000 Professional、Windows XP Home/Professional日本語版
対応PC:上記OSが正常に動作するPC(デュアルCPU構成PC及びデュアルブート環境を除く)
CPU: Intel Celeron800MHz以上(Intel Pentium4 1.6GHz以上を推奨)
RAM: 128MB以上(256MB以上推奨)
HDD:50MB以上の空き容量(アプリケーションのインストールに必要)
光学ドライブ:
CD-R/RWドライブ(CD-R/RWメディアへの書き込み時)
DVD±R/RW、DVD-RAMドライブ(DVDメディアへの書き込み時)
片面2層DVD+/-R DL対応ドライブ(片面2層DVD+/-R DL書き込み時)
ビデオカード:ハードウェアオーバーレイに対応したAGPグラフィックスカード
(16bit、SVGA以上表示可能なもの)
サウンドカード:44.1/48KHzステレオ再生をサポートするサウンドカード(PCI接続を推奨)
その他:Microsoft DirectX9以上(アプリケーションCDに同梱)
各種メディアへの書き込みに対応するリーダー/ライター必要
インターネット接続環境(アップデータの提供は弊社Webサイトからのみ行われます)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
ブランドセールス 担当:竹上 e-mail press@intervideo.co.jp
製品に関する技術的なお問い合わせ先
プロダクトマーケティング 担当:山下 e-mail yamashita@intervideo.co.jp
〒220-6212
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC-12F
TEL045-226-3832,FAX045-226-3833
Web (リンク »)

紙面等掲載用読者お問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
Web (リンク »)
テクニカルサポート: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

InterVideo DVD Copy 4 Platinumパッケージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インタービデオジャパン株式会社の関連情報

インタービデオジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR