急増するフィッシング詐欺対策、サポート等の同報メールのセキュリティ対策に有効 ビートラステッド・ジャパン、企業向け電子メール署名用電子証明書「SureMail」を提供開始

~企業や組織の実在性を認証し、重要な通信手段である電子メールのセキュリティを強化~

サイバートラスト 2005年05月16日

ビートラステッド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ポール・オルーク)は、大量に電子メールの送信を行う企業や組織を対象に、その実在性を認証し、電子メールの安全性を高める電子メール署名用電子証明書「SureMail(シュアメール)」の提供を、本日より開始したことを発表しました。価格は78,750円(1年間有効、税込)からとなります。

<有効期間>   <価格(税込)>
1年間          78,750円
2年間          144,900円 (72,450円/年)
3年間          207,900円(69,300円/年)

<対応メールソフト>
Outlook / Outlook Express / Thunderbird
その他S/MIME対応メールソフト

「SureMail」により、電子メール受信者は電子メール送信元である企業や組織等の実在性及び電子メールの内容が改ざんされていないことの確認を行うことが可能となります。これにより、電子メール送信元のなりすましを防止することが可能となり、電子メール受信者をフィッシング詐欺の被害から保護するフィッシング詐欺対策としても有効です。また、サポートや情報提供を目的とした同報メールに関しても同様に、内容の正確性及び送信元の保証をすることができます。

「SureMail」は、電子メール送信元の実在性を認証した上で発行される、信頼性の高い電子メール署名用電子証明書です。ルートには、各種汎用ブラウザや携帯電話等に幅広い搭載実績があるパブリックルート証明書「OmniRoot(オムニルート)」を保有しているため、信頼性が高いことに加え、ほとんどのS/MIME対応メールソフトにおいて利用できる汎用性を備えています。

さらに今回、「SureMail」の提供開始と共に、電子メール受信者が「SureMail」の失効情報の確認を容易に行える検証サービス「SureValidator(シュア・バリデータ)」、並びに電子メールへの電子署名をゲートウェイで行う「S/MIME eXchange(エスマイム・エクスチェンジ)」を提供します。「S/MIME eXchange」は、既存のメール環境に大幅な変更を加えることなく容易に導入することが可能なうえ、従業員の電子証明書管理の負荷を軽くします。

ビートラステッド・ジャパンでは、今後も、重要な通信手段である電子メールのセキュリティ向上を図るため、製品・サービスの提供並びにパートナ企業との協業などを進めていきます。

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-3537-2020  Fax:03-5541-6390
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL: (リンク »)

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
経営企画室 冨安 玲
Tel:03-3537-2026  Fax:03-5541-6392
E-mail:press@betrusted.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR