ホームネットワーク、H.264/MPEG-4 AVC対応新世代ユニバーサル・プレイヤー 「WinDVD 7」シリーズ発売のお知らせ

インタービデオジャパン株式会社 2005年05月30日

インタービデオジャパン株式会社は、ソフトウェア・ユニバーサル・プレイヤー「WinDVD」を1年ぶりにメジャー・バージョンアップ、「WinDVD 7」シリーズとして6月24日より発売する。

インタービデオジャパン株式会社
プレスリリース

平成17年5月30日
報道関係者各位

ホームネットワーク、H.264/MPEG-4 AVC対応新世代ユニバーサル・プレイヤー
「WinDVD 7」シリーズ発売のお知らせ

PC用マルチメディアソフトウェアメーカー米国INTERVIDEO社(本社:カリフォルニ州フリーモント)の日本法人インタービデオジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市 田中 俊輔社長)は、ソフトウェア・ユニバーサル・プレイヤー「WinDVD」を1年ぶりにメジャー・バージョンアップ、「WinDVD 7」シリーズとして6月24日より発売する。「WinDVD 7」シリーズはスタンダード版の「WinDVD 7 Gold」(ウィンディーブイディー・セブン・ゴールド、税込み標準小売希望価格:3,990円)とAV機能を強化したハイエンド・バージョンの「WinDVD 7 Platinum」(ウィンディーブイディー・セブン・プラチナム、税込み標準小売希望価格:9,240円、アップグレード/乗り換え版:税込み6,090円)の2バージョンでの展開となる。

今回のメジャー・バージョンアップはPCのスペック向上に歩調を合わせ、ハイスペックPCをターゲットとした機能を備えた。「WinDVD 7 Platinum」はMPEG2の2倍以上、MPEG4の1.5倍以上の高圧縮率を実現し、デジタルハイビジョン放送や次世代DVD用のビデオ・コーデックとして注目を集めている次世代高品位ビデオフォーマットH.264/MPEG-4 AVCをサポートした。H.264/MPEG-4 AVCの使用要件として推奨CPUをIntelPentium4 3.6 GHzに設定、ハードウェアの性能をフルに引き出すことで機能登載を実現した。さらに「WinDVD 7 Platinum」のDVD-Audio再生機能によりWindowsプラットホームにおけるデジタル・ビデオ/オーディオ再生のユニバーサル・プレイヤーとしてのポジショニングをさらに確固たるものとした。また「WinDVD 7 Platinum」は新たにUPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)クライアント機能を備えた。この機能により家庭内でLAN接続されたUPnPサーバー機能を持つDVD/HDDレコーダーとPCで共有されたメディア・コンテンツのリモート再生を可能とした。

「WinDVD 7」の操作面ではユーザーインターフェースを一新、より直感的で分かりやすいものとしている。さらにプレイリストやブックマーク、静止画キャプチャ・メニュー等がビデオウィンドウ内部に表示可能となり、視聴エリアをさえぎらず操作性の向上に貢献している。またオーディオ・エフェクト/コントロールメニューおよびビデオ・エフェクト/コントロールメニューをそれぞれ「オーディオセンター」「ビデオセンター」に集中、それぞれの効果の使用前/使用後での違いをリアルタイムで確認しながら詳細な設定ができる。

また今回「WinDVD 7 Platinum」はハイエンドTVで採用されている「TrimensionDNM」(デジタル・ナチュラル・モーション)テクノロジーの発展形となる「アドバンストTrimensionDNM」を搭載し、設定の詳細化によって画質向上を果たした。24fpsの映画のソースをPCモニタで60fpsプログッシブ再生する場合に発生するMotion Judderと呼ばれる映像の非連続表示現象も大幅に改善し、よりスムースな映像表示を実現する。また「アドバンストTrimensionDNM」の効果をリアルタイムで確認できるようデモモードを追加、ディスプレイ上で同じコンテンツを効果の有無を見比べることができる。さらに「WinDVD 6 Platinum」に搭載の「TrimensionDNM」はシステムのパフォーマンス等により機能を発揮できる環境が限られていたが、「アドバンストTrimensionDNM」では低CPU負荷で動作する「シネマティック"モード」を搭載することで、より多くの環境で利用可能となった。

「WinDVD」シリーズは最先端のサラウンド機能を登載してきたが、「WinDVD 7」は「IVIヘッドフォン」「ICEサラウンド」「IVIホールエフェクト」と3種類のインタービデオ・オリジナルのサラウンド拡張機能を搭載した。「IVIヘッドフォン」はヘッドフォンでバーチャルサラウンド再生を行う。「ICEサラウンド」ステレオソースをサラウンド化することでマルチ・チャンネル環境に最適なサラウンド・サウンドを再生する。「IVIホールエフェクト」はコンサートホールをエミュレートし再生する。

その他、前バージョンの「WinDVD 6」より装備した動画のアニメーションGIFキャプチャ機能「QuickClip」(クイッククリップ)を大幅に改良し「QuickClip2」とした。従来の「QuickClip」はキャプチャサイズが240×180dピクセルの固定だったが、「QuickClip2」はピクセル単位で解像度を縦横自由に設定できる他、キャプチャ間隔と再生スピードをミリ秒単位で自由に設定できる。これによりホームビデオのシーンをアニメーションGIFでキャプチャ、Webページに貼り付けたりメールに添付して送信したりといった楽しみ方ができる。

★「WinDVD 7」シリーズ新機能
●H.264/MPEG-4 AVCをサポート(Platinum):高画質高圧縮の次世代ビデオ・コーデックに対応
●UPnPクライアント機能サポート(Platinum):ネットワーク上のUPnPサーバーの公開ファイルをリモート再生
●アドバンストTrimensionDNM(Platinum):高画質かつスムースな映像表示を実現、低CPU負荷のシネマティックモードも搭載
●新ユーザーインターフェース:独自操作パネルをより使いやすく改良、よく利用するコントロールが短いステップでアクセス可能
●3種類のインタービデオ・オリジナルサラウンド拡張機能搭載:「IVIヘッドフォン」「ICEサラウンド」「IVIホールエフェクト」
●オーディオセンター:オーディオ・エフェクト/コントロールメニューを集中統合
●ビデオセンター:ビデオ・エフェクト/コントロールメニューを集中統合

☆「WinDVD 7」シリーズ製品仕様
●再生可能ディスク・フォーマット:DVD-Video、DVD-Audio(Platinum)、VideoCD、SVCD、MiniDVD、CD-DA
●再生可能ビデオ・ファイル:H.264/MPEG-4 AVC(Platinum)、3GPP/3GPP2(Platinum)、MPEG-1/2/4、MPEG-2 TS、DivX AVI、WMV、ASF、AVI、Real、QuickTime
●再生可能オーディオ・ファイル:MPEG-2/4 AAC(Platinum)、WAVE、MP3/MP2/M2A、AC3、DTS(Platinum)、AMR
●オーディオ・サラウンド機能:DolbyDigital 5.1、DolbyDigital EX(Platinum)、Dolby Headphone(Platinum)、Dolby Virtual Speaker(Platinum)、Dolby Pro Logic II (Platinum)、DTS 2ch / 5.1ch(Platinum)、24bit/96KHzデコード(Platinum)、ICE、SRS TruSurroundXT、SRS TruSurroundXT Headphone、Spatializer N-2-2 Ultra(Platinum)、Spatializer Natural Headphone(Platinum)
●インタービデオ・オリジナル・オーディオ機能:IVIヘッドフォン、ICEサラウンド、IVIホールエフェクト
■IVIヘッドフォン:ヘッドフォンでバーチャルサラウンド再生
■ICE(InterVideo Channel Expansion)サラウンド:2chステレオソースをサラウンド化
■IVIホールエフェクト:3コンサートホールをエミュレート
●ビデオ表示/品質:ソフトウェア・デインターレース、ISO互換MPEGデコード、カラーコントロール(明るさ、コントラスト、色調、カラー)、ガンマ補正、MovieEffector II、アドバンストTrimensionDNM(Platinum)、TV出力サポート、パン&ズーム機能、ビデオデスクトップ、OSD表示
●再生コントロール:統合ブックマーク/キャプチャ/プレイリストブラウザ、タイムストレッチ機能(0.2×~2.0×)、スムース・リバース・プレイバック(-0.2×~-2×)、早送り/早戻し機能(最大60×)、コマ送り/コマ戻し、A/Bリピート、LanguageMate(6秒、12秒、18秒)、インスタントリプレイ/先へスキップ、ハードディスクのDVDイメージ再生

★商品構成
・インストールCD-ROM×1
・ユーザーズマニュアル

★動作環境
OS:Microsoft Windows 2000 Professional、Windows XP Home/Professional日本語版
対応PC:上記OSが正常に動作するPC(デュアルCPU構成PC及びデュアルブート環境を除く)
CPU:PentiumIII500MHz以上または相当のCPU(DVD-Audio再生:IntelPentiumIII1GHz以上、アドバンストTrimensionDNM機能:Pentium4 2.8GHz以上、WMV-HD再生:Intel Pentium4 3.0 GHz以上、H.264/MPEG-4 AVCファイル再生:IntelPentium4 3.6 GHzを推奨)
RAM:128MB以上(モバイルテクノロジー/アドバンストTrimensionDNM機能:256MB以上、WMV HD/H.264ファイル再生:512MB以上必須)
HDD:75MB以上の空き容量(アプリケーションのインストールに必要)
光学ドライブ:フェーズII以降のDVD-ROM、DVD±R/RW、DVD-RAM各種ドライブ
ビデオカード:ハードウェアオーバーレイに対応したAGPグラフィックスカード(16bit、SVGA以上表示可能なもの)
サウンドカード:44.1/48KHzステレオ再生をサポートするサウンドカード(PCI接続を推奨)、24bit/96KHzのDVD-Audio出力にはCreative Audigy2シリーズまたはIntel HighDefinision Audio対応必須
その他:Microsoft DirectX9以上(アプリケーションCDに同梱)、インターネット接続環境(アップデータの提供はWebサイトからのみ実施)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
ブランドセールス 担当:竹上 e-mail press@intervideo.co.jp
製品に関する技術的なお問い合わせ先
プロダクトマーケティング 担当:山下 e-mail yamashita@intervideo.co.jp
〒220-6212
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワーC-12F
TEL045-226-3832,FAX045-226-3833
Web (リンク »)

紙面等掲載用読者お問い合わせ先
インタービデオジャパン株式会社
Web (リンク »)
テクニカルサポート: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

WinDVD7Platinumパッケージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インタービデオジャパン株式会社の関連情報

インタービデオジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR