CTOとターボリナックスがDID(Disk Image Distribution)シンクライアント・ソリューションで協業

デスクトップLinuxを搭載した国内初のシステムを提供

ターボリナックス株式会社/CTO株式会社 2005年06月29日

CTO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:蔡 永桂、電話:03-5484-8251、以下CTO)とターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、シンクライアント・ソリューション分野において協業し、CTOのネットワーク端末「シンクライアント」およびサーバーシステム「DID(Disk Image Distribution)システム」に、シンクライアント端末のOSとしてターボリナックスのデスクトップ向けLinux OS「Turbolinux 10 Desktop」を組み合わせたシステムを共同で提供していくことを発表いたしました。

シンクライアントは記録ドライブを持たないことにより、TCOを抑えるねらいで開発されたクライアント/サーバーシステムですが、個人情報保護法への対応を背景に、情報漏洩対策の切り札として、官庁・大手企業等を中心として急速に広まりつつあります。

CTOでは2005年5月10日に独自のプロトコル(DID)を使用するネットワークブート型のクライアント/サーバーシステム「DID(Disk Image Distribution)シンクライアント・ソリューション」ビジネスを開始し、様々なタイプのハードウェアの提案を通して普及を進めている中、普及目覚しいLinux OSを搭載したシンクライアントの市場への投入を検討していました。そこで、純国産ディストリビュータとして高品質な製品、充実したサポートサービスで日本市場を牽引するターボリナックスとの協業により、特にLinux OSの需要が高い教育・研究機関向けおよび独自のシステム環境を必要とするコールセンター向けへの、シンクライアントのより一層の普及に向け取り組んでいくことといたしました。

<DID(Disk Image Distribution)シンクライアント・ソリューションとは>
今日のIT環境はストレージと深い関係で成り立っています。IT管理者は日々、高い頻度でアプリケーション・デバイスドライバ・OSおよび接続情報をストレージ上でインストール、アップデート、削除、復元、バックアップおよび配信等の作業を行っていることでしょう。もし、各々のクライアントのストレージをサーバーで一括管理出来れば、TCO(Total Cost of Ownership)の削減ができる上、情報漏洩防止などの一助にもなるので、IT管理者にとってありがたいことです。
CTOのDID(Disk Image Distribution)シンクライアント・ソリューションとは、上記のコンセプトに基づき、クライアント側のハードディスクを全てなくして、OS及びアプリケーションなどのイメージをサーバーで一括管理し、LAN経由でクライアント側に供給する仕組みです。一方、クライアント側では、仮想Cドライブが作られ、普通のコンピュータとして稼動します。ISOにより定められたOSI(Open System Interconnection)のLayer2に構築された一種のSAN(Storage Area Network)ですので、物理層の上に、独自のDID Protocolでディスクイメージをブロック単位で効率よく伝送します。
既存のOSおよびアプリケーションとの互換性も高く、個人情報保護法の施行により需要が高まっているシンクライアントへ環境移行することが容易です。
(リンク »)

<Turbolinux 10 Desktopとは>
Turbolinux 10 Desktopは、最新のLinux2.6カーネルを採用した世界初のLinuxディストリビューションです。Windowsとの高い互換性を備え、既存Windowsとの共存を実現したデスクトップパソコン/ノート パソコン用オペレーティングシステムで、国産OSならではの完成された日本語環境、業界最高水準の商用ソフトウェア、さらに厳選されたオープンソースソフトウェアにより、最強のオールインワン・デスクトップ環境を実現しています。
IT情報専門誌「Business Computer News」のデータ週間ランキングのOS部門において、2003年10月の発売以来他のTurbolinux 10シリーズと合わせて52週連続でリナックスOSの売上本数第1位を記録したほか、100校を超える国内外の教育機関に10,000ライセンス導入されるなど、デスクトップOSとして高い信頼と実績を誇ります。
(リンク »)

<CTO株式会社 概略>
CTO株式会社は、コンピュータメーカーとして世界有数の実績を誇るワールドワイド企業、First International Computer, Inc(FIC)(本社:台湾、台北市)のグループ企業です。FICのOEM実績を元にあらゆるタイプのハードウェアを供給しており、近年では低価格液晶ディスプレイやタッチパネルディスプレイの分野でも実績を上げております。
シンクライアントの分野においても、優れた端末の管理ツールとしてのDIDシンクライアントソリューションを中心として、顧客のニーズや環境に真に最適のハードウェアを提供していくことを目指していくとともに、CTO株式会社はトータルハードウェアシステムプロバイダーとしてより一層の発展を目指していきます。

<ターボリナックス株式会社 概略>
ターボリナックス(株)は、 インテル、メインフレームなどの各種プラットフォームに対応するLinux OS製品を開発、提供しています。 主要開発拠点である本社を日本に構えるターボリナックスの製品は、日本語や中国語などのダブル・バイト文字セット圏のために開発されたLinuxに定評があり、日本をはじめとするアジア市場で最も普及しているLinuxディストリビューションです。
全社員の半数以上が開発・サポートエンジニアであり、日本語対応に留まらない製品開発ならびに充実したサポートを提供するとともに、Linux普及と技術レベル向上に貢献するために各種認定制度も実施しています。 また、ビジネス市場での本格的なLinux導入を促進するため、パートナー企業との広範なアライアンスを推進しています。

ThinクライアントプレスリリースURL
(リンク »)

*Thinクライアントに関するお問い合わせ先
CTO株式会社 営業本部
〒108-0023 東京都港区芝浦4-18-25
TEL:03-5484-8251(代表) FAX:03-5484-8252
CTOホームページ: (リンク »)
E-mail:info@cto.co.jp

*Turbolinux 10 Desktopに関するお問い合わせ先
ターボリナックス株式会社 ユビキタスグループ
TEL:03-6406-2911
(リンク »)

*FICグループについてのお問い合わせは
広報担当までお問い合わせください。
TEL:03-5484-8251
E-mail:info@cto.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR