日本ピープルソフト、中堅企業市場への製品戦略強化を発表

~特別導入パッケージ「JD Edwards EnterpriseOne Rapid Start(TM)」出荷開始JD Edwards EnterpriseOneの中堅企業への更なる拡販を狙う~

日本ピープルソフト株式会社 2005年08月25日

2005年8月25日、東京発 --- 日本ピープルソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:マーク 広渡、以下 ピープルソフト)は本日、同社の中堅企業市場向け製品戦略の強化を発表しました。ピープルソフトはこれまでJD Edwards EnterpriseOneの販売を通じて中堅企業市場において着実な実績をあげてきましたが、昨今の中堅・中小企業におけるERP導入ニーズのいっそうの高まりを受け、同製品の短期導入を支援する特別導入パッケージである「JD Edwards EnterpriseOne Rapid Start(TM)(以下、Rapid Start)」により、中堅企業市場への取組みを強化します。

昨今の企業間競争の激化、グローバル化の進展、企業コンプライアンスへの対応などに見られるようにビジネス環境の変化が激しくなるにつれ、中堅・中小企業においてもリアルタイム経営への対応が急務となっており、本格的ERP導入の機運が高まってきています。特に中堅企業のERP導入には、初期投資や運用費用などのトータルコストの抑制というニーズがある一方、「財務会計、人事給与」といったバックエンドの管理システムにとどまらず「生産、物流、購買、在庫」など市場競争に直接関わる業務をリアルタイムに連携させる「統合業務型」システムであることも求められます。

ピープルソフトのJD Edwards EnterpriseOneは個別業務パッケージと違い、会計、流通、製造の豊富な機能を備える「統合型の本格ERP製品」であり、企業の成長に合わせて継続的に拡張できます。さらに今回、同製品の特別導入パッケージであるRapid Startで提供される様々な導入ベネフィットによって、ERP本来の機能性を求めながらも投資コストを押さえたい中堅成長企業のシステム導入ニーズに応えられるようになりました。Rapid Startはベンダ100%保証の標準製品であるため、中堅・中小企業向けのERPパッケージによくある、ビジネス・プロセスを固定化した「テンプレート ソリューション」のようにアプリケーションの柔軟性が充分に活かせなくなるということもありません。そのため経営環境の激しい変化に対応して組織や業務の統廃合が頻繁な企業や時代にあわせて新しいビジネスモデルを模索していくような企業に適しています。またグローバルレベルで現地サポート体制を整えているため、国を超えてITインフラを構築する必要のあるグローバル展開型の製造業・流通業のニーズに応えます。

Rapid Startは、スモールスタートから段階的なシステム拡張を考える中堅企業を対象とし「体感、ERP!はじめなければ変わらない」をキャッチフレーズにしています。導入の適合性を評価する「適合性分析ワークショップ」を無償で提供、定額制サービス価格の採用で導入価格を明確化、さらにオラクルファイナンスの提供するリースタイプの柔軟な支払いプログラムを採用するなどシステムを購入しやすくしました。また、当社従来製品と比較して導入期間を約50%短縮してコスト削減も実現し、お客様企業の予算に合わせた導入を可能にします。販売体制においては当社の営業組織ならびに協業パートナー支援を強化します。さらに、導入後も2013年までは継続して製品サポートを行うことを保証し、次世代アプリケーションとなる「プロジェクト・フュージョン」へのアップグレード パスを提供していきます。

JD Edwards EnterpriseOne 8.11(最新版)は現在出荷中、またJD Edwards EnterpriseOne Rapid Startは今秋出荷予定です。

以上

「JD Edwards EnterpriseOne」について
「JD Edwards EnterpriseOne」は、中堅企業市場を対象にしたオール イン ワン型で短期導入が可能なビジネス アプリケーションスイートで、特に製造、流通、サービス、建設・不動産業などに特有のソリューションに強みを有しています。
詳細は、 (リンク ») をご参照下さい。

日本ピープルソフトについて
日本ピープルソフトは、Oracle Corporationの100%出資の子会社です。PeopleSoft EnterpriseとJD Edwards EnterpriseOneは、世界150カ国、25種以上の産業において、1万3,400社の企業で導入されています。日本では、トヨタ自動車、NTTグループをはじめとする優良企業が当社製品を採用しています。
詳細は (リンク ») まで。

PeopleSoft、JD Edwardsおよびそれらに付随するロゴはOracle Corporationの商標です。その他の会社名および製品名は、所有各社の商標です。
All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本ピープルソフト株式会社の関連情報

日本ピープルソフト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR