ブロードキャストメディアコンテンツ作成システム SZ-Express発売

エム・アンド・アイ ネットワーク 2005年09月01日

 「Digital Rapids(デジタルラピッド):DRC-Streamボード」を搭載した「SZ-Express」は、ビデオ機材から入力されたアナログ・デジタル映像・音声信号を入力し、ブロードキャスト コンテンツ用ファイルを作成する。

 再生・停止・早送り・巻き戻しなど、RS422を使ったデッキコントロールとタイムコードが連動し、半自動化されたバッチキャプチャのエンコードを行う。デジタルベータカム(SDI、AES)から高品質に入力し、膨大なテープメディアからのコンテンツ・エンコードには、SZ-Expressが最適。
走査線解除、ノイズ除去を行った高品質なエンコードで、WMV9、Mpeg2、Mpeg4、H.264、Flashvideo形式のファイルを作成し、VOD配信やDVDオーサリング前の映像品質の向上、他メディアへの2次利用に応用できる。

 機体構成もXeon3.6 / 3.2 / 2.8 GHzモデルを選べ(カスタマイズも有)、お手頃なエントリーモデルからパワフルかつ複数の高画質同時生成もこなすハイエンドモデルまでラインナップ。
DRC-Streamボードの選択により、コンポジット入力からSDI・AES入力、2系統の入力まで幅広く対応。ソフトウェアとハードウェアを最適化したターンキーシステムで高い安定性と保守で業務を支援する。

価格:オープン(市場予想価格 842,100円前後~:税込)
問い合わせ先:株式会社エム・アンド・アイ ネットワーク
担当:竹内
TEL:03-3552-7241
URL: (リンク »)
MAIL : mail@min.co.jp

関連リンク
販売元:digitalrapids.inc
(リンク »)
輸入総代理店:株式会社 日本デジタル・プロセシング・システムズ
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

SZ-Express series

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR