パケットシェーパーが日本電気株式会社(NEC)様の「UNIVERGE CERTIFIED製品」認定を取得

パケッティアジャパンインク 2005年09月09日

 UNIVERGEとは、企業内・企業間の効率的かつ効果的な業務連携を可能とするほか、顧客対応力の向上をも可能とし、企業力を強化することで市場競争力を高めることを目的とした、NECの新しいソリューションブランドです。
 このコンセプトで、NEC様が別途定めるコンフォーマンス・プログラムに基づく検証試験を実施し、NEC UNIVERGE製品群との相互接続性を保証された製品を、UNIVERGE CERTIFIED製品と定義しています。

 2005年8月15日、パケッティアのパケットシェーパーは、NECのUNIVERGE CERTIFIED製品認定を取得いたしました。今回のUNIVERGE製品認定の取得により、NEC様の取り扱い製品群である NEC UNIVERGE製品群との相互接続性が実証され、マルチ・ベンダーによる接続性の問題を解決いたしました。今後、より進化していくネットワーク製品に最も重要な相互接続性が実証されたことにより、ユーザーがより選択しやすい幅広い製品構成でユーザー環境にベスト・フィットのネットワーク・システムを提供することができるようになりました。

 今回の相互接続性の試験では、NEC社製Expressサーバー、SIPサーバー、IP電話機などとパケットシェーパーによる接続及び回線品質検査をした結果、パケットシェーパーを有効にすることによりIP電話機での通話品質、発呼レスポンスの向上、音声パケットの安定を実現したことを確認しました。 本検証により、パケットシェーパーがUNIVERGEパートナー製品群において高い相互接続性と有効性が発揮されたことを実証しました。

 UNIVERGE製品認定の検証環境におきまして、競合トラフイックが存在した場合であっても、
1.SIPメッセージ(音声発呼)のパフォーマンスの劣化なし
2.RTP音声パケット遅延、揺らぎの排除
が確認できました。

 「昨今の顧客ネットワークでは、ブロードバンド化と進化したモバイル技術の導入が進む中、最重要視する顧客要求の一つとして、回線品質と信頼性があげられます。パケッティア社のパケットシェーパーは、そのような顧客のニーズを満足させることができるとともに、弊社のUNIVERGEソリューションのコンセプトに十分見合った戦略的製品と言えるでしょう。」
(日本電気株式会社 ソリューション業務本部 プロダクトビジネス推進部長 岩間 優仁様 談)

 「今回の検証でパケットシェーパーがSIP、IPフォン環境のパフォーマンスに対して非常に効果的である事が実証されました。多様化するネットワーク/アプリケーション性能管理において、パケットシェーパーの大きな導入効果が期待できることを裏付ける結果となったと言えます。」
(パケッティア ジャパン インク SIビジネス支援統括部 シニアシステムコンサルタント 塚本 靖 談)

 今回の認証取得は、現在パケッティア ジャパン インクが推奨するパートナー・クロス・サーティファイド・プログラムの一環として、パケッティア社とパケッティア社の販売代理店様及びタイアップ・メーカー様との相互協力による認証取得により、ユーザー様へ安心で安定した接続環境の提供を実現するためのスタートアップになります。パケッティアは、今後もパートナー様及びタイアップ・メーカー様との協調関係により、より充実した認証取得を推進し“顧客利益を第一に考えた製品戦略”を遂行したします。

NEC社 UNIVERGE CERTIFIEDホームページ:
(リンク »)


<パケッティア社について>
 パケッティア社(Packeteer(R), Inc., (NASDAQ: PKTR))は、WANアプリケーション・トラフィック管理分野におけるリーディング・カンパニーです。全世界50カ国以上で7,000社を超える企業に導入され高い信頼性を得ています。 パケッティア社は、その独自の通信制御の特許取得技術により、ネットワーク・トラフィックの統合管理、分析、制御、高速化を可能にし、柔軟性、拡張性のあるITインフラを提供し、企業がネットワーク資産を有効活用することを実現します。同社詳細につきましては、www.packeteer.co.jpをご参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR