重要データを所有の企業に朗報! 既存のLAN環境に接続するだけで強固な情報漏洩対策が可能な『電子割符セキュアプリセット』(専用のUSBメモリとプリセットサーバーのパッケージ)シリーズを発売。

GFIビジネス株式会社 2006年01月10日

ソフト開発ベンチャーのグローバルフレンドシップ(GFI、東京・新宿)と日立製作所、アイ・オー・データ機器の3社が設立したGBIビジネス㈱より『電子割符セキュアプリセット』(専用のUSBメモリとプリセットサーバーのパッケージ)シリーズを発売開始。既存のLAN環境に接続するだけで「電子割符®」を用いた強固な情報漏洩対策が可能な製品。重要データを所有する全ての企業が対象となりますが、導入/運用が簡単な事から主に、システムでの対策が煩わしい/専任の情報管理者が居ない/既存のシステム環境に影響を与えたくない/などのお客様に最適なツールです。外部への持ち出しや特定者とのデータのやり取りにセキュアな環境を実現します。複数に分割されたデータの内1つ盗難/紛失した場合にも原本への復元が可能です。専用サーバーはミラーリング仕様となっており故障時の際も安心です。

応用例はこちら
(リンク »)
お問い合わせ kaneko@gfi-biz.jp

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

「電子割符®」は、グローバルフレンドシップ株式会社によって世界で初めて商用に開発された秘密分散法セキュリティーソフトウェア(開発関数)です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

GFIビジネス株式会社の関連情報

GFIビジネス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!