エスマテック、クラス最高の利便性を持つM2M市場向けソフトウェア・ソリューション OSVM Universeを発表

エスマテック株式会社 2006年03月24日

通信、双方向メディア、家庭用電気製品市場向けにワールドクラスのソフトウェア・ソリューションとサービスを提供する大手プロバイダのエスマテック(SWX:ESMN)は、米国ラスベガスにて開催されるCTIA Wireless 2006及び同サンノゼにて開催されるEmbedded Systems Conference Silicon Valleyにおいて、同社最新鋭のクライアントサーバM2Mソリューション、OSVM Universeを公開致します。

OSVM Universeは、M2M市場に画期的なエンド・ツー・エンド機能を提供する製品で、オートメーション、車両管理、自動販売機などの用途に最適なソリューションです。また同製品は、サーバ側にプラグインして、ERPやCRMシステムといった既存の企業ソリューションにシームレスに統合することも可能です。

双方向のワイヤレス通信機能を搭載したOSVM Universeを使用することにより、企業は様々な現場に展開している機器の、リモートによる点検及びアップデートを、安全かつ低コストで行うことができます。更にOSVM Universeを開発用のツールとして使用すれば、各機器とサーバ間でのセキュアなアプリケーション・データの交換を可能にするための、強力なM2Mアプリケーションを、簡単な操作で作成することも可能です。

OSVM Universeは、あらゆる機能をひとつにまとめたソリューションであり、操作性の高い統合開発環境(IDE)、バーチャルマシン・ベースの組込みプラットフォーム、及びセキュアな遠隔機器アドミニストレータ(RDA)機能を搭載しています。RDA機能により、拡張性が高く、また、自動化されたオンザフライ・ソフトウェア・アップグレードを、稼動中の多数のM2M機器に対してリモートで行うことが可能となります。

エスマテックのチーフアーキテクト、ラース・バックは次のように語っています。
「OSVM Universeは、リソースが限定された機器のためのM2Mソフトウェア・ソリューションです。この製品は、既存のプラットフォーム上に容易に実装でき、リモート機器管理上のコスト削減を実現します。OSVM Universeの双方向接続性とデータ交換機能は、強力かつセキュアな新しいM2Mサービスの可能性を拓くものです。」

詳細については、CTIA Wireless 2006 (M2Mパビリオン、ブース#5221)、もしくはEmbedded Systems Conference Silicon Valley(ブース#5063)にて、エスマテックの展示をご覧下さい。なお、2006年4月20日午後5時30分(中央ヨーロッパ標準時/日本時間翌21日午前12時30分)から開始されるエスマテックのウェブセッション(ライブ)でも、詳細をご覧いただけます。
(詳しくは、同社ウェブサイト (リンク ») をご覧下さい。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR