「Shunreader RSSファミリー」を販売開始

RSS技術で“旬な”情報を業務・マーケティングに活かす

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ 2006年04月17日

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)と株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:平木 秀、以下:FST)は、Webサイトの最新情報を配信する仕組みであるRSS技術を活用したソフトウェア「Shunreader RSS(シュンリーダー・アールエスエス)ファミリー」を本日より販売開始いたします。

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)と株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:平木 秀、以下:FST)は、Webサイトの最新情報を配信する仕組みであるRSS(注1)技術を活用したソフトウェア「Shunreader RSS(シュンリーダー・アールエスエス)ファミリー」を本日より販売開始いたします。

【『Shunreader RSSファミリー』の各製品と特長】
1.Shunreader RSS Enterpriseシステム
 RSS対応していないWebサイトでも、株式会社富士通研究所の特許出願中の技術である「タイムパターン抽出とHTML構造解析」により、業界最高レベルの精度でRSSを自動生成しRSS対応サイトと同様に更新情報を収集することができます。また、収集した情報をWebサイトとキーワードの2つの切り口で有用な情報を絞り込み、組織内で共有することができます。

2.Shunreader RSS配信管理システム
 既存コンテンツ(メール、データベース、Webサイト)からRSSを自動生成します。また、RSSのマージや編集などの加工、エラーチェック、配信スケジューリング、承認プロセス設定などの機能を持ち、組織の情報配信ポリシーに沿って顧客へタイムリーで安全な情報提供を行うことができます。

【販売価格、および出荷時期】
●Shunreader RSS Enterpriseシステム
 販売価格(税別):200万円
 出荷時期:4月20日

●Shunreader RSS配信管理システム
 販売価格(税別):100万円
 出荷時期:6月末日

【 販売目標 】2年間で200本

【注釈】
(注1) RSS: RSSとは、ウェブサイトの見出しや要約などを配信するためのフ
    ォーマットで、ニュースサイトやウェブログなどで更新した記事を配信
    する目的で利用されています。RSSは、RDF Site Summary、
    Rich Site Summary、Really Simple Syndicationなどの略称として使用
    されています。
(注2) Shunreader RSS Enterpriseシステム:富士通SSLの製品です。
(注3) Shunreader RSS配信管理システム:FSTの製品です。


以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?