事前インストールなしでインターネット経由のPC遠隔操作ができる、『NetOp On Demand Remote Control』を販売開始

必要なそのときにPC遠隔操作を可能にする、インターネット経由でのPCリモートコントロールソリューション

株式会社デザインテクノロジーズ 2006年05月08日

・事前インストール不要でPC遠隔操作 ・ヘルプデスク支援、PC遠隔操作、コールセンター支援 ・操作する側の本数によるライセンス体系 ・ファイアウォールの設定不要 -標準的なウェブサービスで接続

報道機関各位
プレスリリース

株式会社デザインテクノロジーズ
代表取締役 西中順三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社デザインテクノロジーズ
事前インストールなしでインターネット経由のPC遠隔操作
『NetOp On Demand Remote Control』を発表
- NetOpシリーズの新製品 - (リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社デザインテクノロジーズ(所在地:東京都中央区 代表取締役 西中順三)は、事前インストールなしでインターネット経由のPC遠隔操作ができる、『NetOp On Demand Remote Control』を発表した。

今回 発表するNetOp On Demand Remote Controlは、次のとおりである。

■製品・サービス詳細

・事前インストール不要
・インターネット経由でのPC遠隔操作、リモートコントロール
・操作する側の本数によるライセンス体系
・ライセンス購入形式(サブスクリプション不要)
・ヘルプデスク運営コストの削減可能

■特徴

・ソフトウェアの事前インストール不要
・650KBのファイルをウェブサイトからダウンロードするだけで利用可能
・実行時にPC管理者の権限が不要
・簡単な操作
・ファイアウォール越え対応
・ヘルプデスク担当者数のライセンス体系
・エンドユーザのPCに痕跡を残さない
・簡単な5ステップの接続
・世界80カ国の実績を持つNetOp Remote Controlの技術を基盤に開発

[ステップ1]
エンドユーザがヘルプデスクに連絡してNetOp On Demandをダウンロード

[ステップ2]
ダウンロードするとプログラムが自動的に展開。サービスチケットが入力されると、エンドユーザとヘルプデスク担当者のPCをインターネットを通じて接続

[ステップ3]
エンドユーザはヘルプデスク担当者がPCにアクセスすることを承認

[ステップ4]
ヘルプデスク担当者はエンドユーザの画面を閲覧、もしくは操作

[ステップ5]
問題が解決したらエンドユーザはNetOpを終了させると、ハードディスクから自動的にNetOpが削除される

【製品パンフレット】
(リンク »)

【株式会社デザインテクノロジーズとは】

世界の優秀なソフトウェアを日本市場に提供。海外ソフトウェアの販売に伴い、セミナー、講習会の開催、システムのコンサルテーションを実施

【主要取扱製品】

・NetOp Remote Control IT技術者向けリモートコントロールソフト
・NetOp On Demand インターネット経由でのPC遠隔操作ソフト
・NetOp Desktop Firewall 情報漏えい対策・セキュリティ対策ソフト
・NetOp School コンピュータ教育支援ソフト
・統計解析環境 XploRe
・離散系シミュレーションソフト Simul8

【本件の連絡先】

日本総代理店
株式会社デザインテクノロジーズ
ソフトウェアプロダクト部
Tel 03-3667-1110
e-mail info@d-tec.jp URL: (リンク »)
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-3-15 藤和日本橋堀留ビル

このプレスリリースの付帯情報

NetOp On Demand

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから