日本オセ、CAD向け大判カラーインクジェットプリンタを販売開始

優れたカラー品質と高速性を両立させた「Oce TCS300」を発表

日本オセ株式会社 2006年06月21日

日本オセ株式会社(本社:東京都港区西新橋、社長:山本義明、以下日本オセ)は、6月21日、大量のCAD図面出力に最適な大判カラーインクジェットプリンタ「Oce TCS300」(オセ ティーシーエス・サンビャク)の、国内での販売を開始しました。

Oce TCS300は、CAD図面を高速出力し、高い生産性を実現するために設計された大判カラーインクジェットプリンタです。A4からA0までの定形はもちろん5mの長尺図面もプリントすることができ、大量のモノクロ出力に加えカラー出力も必要となることが多い現場のニーズに1台で対応することができます。さらにOce TCS300は、独自のダイナミックスイッチングテクノロジにより、カラーの出力においてもモノクロLEDプロッタに匹敵する効率の良い出力を可能にしています。

Oce TCS300は、既にリリース済みのコピー、スキャン機能などの拡張性に優れたその上位機種Oce TCS500複合システムのCADプリンタ専用モデルです。しかも、CAD分野で優れた実績を持つ前機種Oce TCS400の使い易さと高い生産性を継承しつつ、そのプリントの機能と性能を更に向上させています。

Oce TCS300の主な特長は以下のとおりです。

*大判プリント業界最高速 (A0サイズ:カラー出力63秒/モノクロ出力41秒)
CADプリンタとしては業界最高速を誇ります。A0カラー1枚を63秒、A0モノクロ図面の場合は、41秒で出力します。

*ダイナミックスイッチングテクノロジ
ダイナミックスイッチングテクノロジは、線画や面画など受信した図面の種類に合わせて最適なプリント・モードを自動選択してプリントを行なうオセ社独自の機能です。これによって送信前に細かい設定作業などの操作が不要となり、しかも常に必要十分なプリントスピードで高画質の出図が可能となりました。

*優れたカラーマネージメント
Oce TCS300では、カラーマネージメント機能を活用することで、カラー出力に対する緻密な制御ができます。出力の種類に合ったワークフローを実現するために、プリセットされた設定の選択により適確なカラー出力ができます。また、他のインクジェットプリンターをシミュレーションすることもできます。

尚、Oce TCS300は、6月21日(水)から23日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催される第17回 設計・製造ソリューション展(DMS)のオートデスクブース(ブースNo.12-2)で展示されています。(第17回 設計・製造ソリューション展の詳細については (リンク ») をご覧ください。)

*****************************
価格、発売時期および出荷時期
*****************************
価格は、オープンプライス。 販売は、6月21日から開始。 出荷開始時期は、7月下旬予定

用語解説

****************
日本オセについて
****************

日本オセは、大判業務用プリント市場で世界をリードするオランダ オセ社の、日本市場への拠点として設立されました。日本オセは、ハードウェア、ソフトウェア両面にわたる多彩な製品ラインアップで、CAD市場および複写機による複写業界への参入、オンデマンド印刷用デジタル・プリンタ事業に取り組んでいます。東京、大阪、名古屋、福岡に営業拠点を持ち、その大判業務用入出力ソリューションは、自動車業界をはじめとする数多くの企業で採用されています。

**************
オセ社について
**************

オセ社は、ドキュメントの出力・複写・配布・管理のための、さまざまな製品とサービスを提供するドキュメントのリーディング・カンパニーです。世界80カ国以上で事業展開を行い、24,164人の従業員と、2,677百万ユーロの年間売上高(2005年度)を誇ります。業務用大判プリンタでは欧州で75%、米国で60%のシェアを獲得。詳細につきましては  (リンク ») を参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本オセ株式会社の関連情報

日本オセ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR