コンパクトな4ノード一体型静音システム「CuartoG-O」発売開始

プロサイド株式会社 2006年07月07日

プロサイド株式会社(本社:千葉県千葉市美浜区真砂1-8-2、代表取締役:椎名晋大郎)は、7月3日よりCAE或いはEDA業務の効率化を実現する64ビットデュアルコアAMD Opteronプロセッサ対応4ノード静音HPCグラフィッククラスタシステム「CuartoG-O」を発売開始致します。

「CuartoG-O」はコンパクトなボディで最大16Core、メモリ256GBの4ノードHPCクラスタを構築でき、高性能グラフィックカード、Quadro FX4500Gを搭載することにより、CAEやEDAの大規模解析、可視化環境を実現可能です。
流体解析、熱解析等の解析処理を、各ノードにて実施し、可視化を各ノードから分割して表示することにより、より高速な可視化環境が構築できるようになります。
全ノードに高性能なワークステーション用グラフィックカード、Quadro FX4500Gを搭載でき、Genlock/Frame lock機能を使って画像表示の同期化が4画面にするといったことも可能になります。プロジェクタを使用して半球面スクリーンへの画像投射をしたばあいでもGenlock/Frame lockの機能によってシームレスな画像が作り出せます。
また、使用環境に応じて、4ノードすべてを可視化ノードにすることも可能ですが、1ノードを可視化ノードにして、のこりの3ノードを計算ノードにするといった構成への変更も容易に可能です。
さらに、4ポートKVM(キーボード、グラフィック、マウス)の切り替え機、Gigabit HUBを標準搭載していて、独立したクラスタ環境をそのまま構築できます。

弊社の他CAE/EDAモデル(edAEWシリーズ)同様、大容量メモリ搭載システムで長時間かつ高負荷環境下で運用する点を考慮し、メモリのバリデーション(適応検証)から始まり、長時間に渡る出荷前システム総合エージング検査を実施しています。

*本製品は、プロサイドのパテントに準拠しております<特許 第3401384号>

【その他製品特長】
○ Microsoft Windows Compute Cluster Server 2003に対応しています。
○ 拡張スロットは1ノードあたり2スロット構成が可能です(PCI Express16倍スロット x1、PCI-X スロットx1)
○ 静音性を重視し、システムで45dB以下をターゲットとしています。
○ システム最大消費電力を4ノードで1500W以下にすることも可能です。

システム構成は、BTOに対応し、CPU、メモリ容量、HDD構成、各種インタフェース、OS等の選択が可能となっています。

本体サイズ、220×550×590mm (幅×高さ×奥行き、突起物・キャスターを除く)

―― 1ノードあたり構成 ――
■CPU: デュアルコアAMD OpteronプロセッサHE
■メモリ:DDR ECC Reg upto 64GB
■グラフィック:オンボード (ATI RAGE XL 8MB) or High-End Graphic Card
■HDD:SATA Disk ×2
■イーサネット:オンボード (1000BASE-T)×2

―― 基本最小構成価格 ――
オープンプライス

―― 販売要項 ――
納期:別途お問い合わせください。
お支払方法:法人お取引、現金振込、代金引換、カード払い、分割払い、その他


<エンドースメント>
日本AMD株式会社 エンタープライズビジネスデベロップメント本部
本部長 多田 和之

この度プロサイド株式会社様が販売開始されるCuartoG-Oシステムは、各業界で需要が拡大している解析および可視化分野での顧客ニーズに的確に対応され、コンパクトで省電力、容易な運用管理機能を備えつつも優れたコストパフォーマンスを発揮することで、今後、より広範囲なお客様に活用されるものと確信しております。CuartoG-Oシステムのこれらの特長は、AMD Opteronプロセッサ独自の強みである、ダイレクトコネクト・アーキテクチャによる大容量データの高速処理性能や、優れたワット性能等が効果的に発揮できることで実現しています。AMDは今後も引き続き、AMD Opteronプロセッサの優位性をより多くのお客様に実感していただけるよう、プロサイド様と協力し努めてまいります。


マイクロソフト株式会社 業務執行役員 サーバープラットフォームビジネス本部
本部長 ガース フォート

CuartoG-Oの発売、誠におめでとうございます。
マイクロソフトは、HPC向け新製品であるMicrosoft Windows Compute Cluster Server 2003 日本語版のリリースを2006年8月に予定しています。CuartoG-Oのような個人やグループレベルで使用可能な高性能マシンの登場により、HPCの裾野拡大に拍車がかかると考えております。マイクロソフトは、プロサイド株式会社様との協業により、Windowsプラットフォームの利点を活かしたソリューションを様々なお客様に提供できるよう努めてまいります。


―― ホームページ ――
プロサイドのホームページ
(リンク »)
製品情報
(リンク »)

―― 商品に関するお問い合わせ ――
プロサイド株式会社
東京都千代田区神田須田町2-8-1
須田町MKビル5F
TEL:03-3252-7831
IP電話:050-5520-9000
FAX:03-3252-1315
e-mail:sales@proside.co.jp

―― 商品の貸出及び広報担当 ――
プロサイド株式会社
広報担当:寺岡 功司
e-mail:sales@proside.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

CuartoG-O

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プロサイド株式会社の関連情報

プロサイド株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!