ウォッチファイア・ジャパン、Webアプリケーションの脆弱性検査ツールの新製品「AppScan QA Single Server版」を販売開始

--- 企業のWebサイト管理者向けに、低価格でWebアプリケーション脆弱性検査を可能に --- --- 期間限定キャンペーンを実施し、約30%の割引価格で提供 ---

ウォッチファイア・ジャパン株式会社 2006年10月05日

 ウォッチファイア・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役
:山田 聡、以下ウォッチファイア)は、Webアプリケーションの脆弱性検
査ツール「AppScan(アップスキャン)」の新製品「AppScan QA Single
Server版」を本日より販売開始します。本製品は、導入した企業のWebアプ
リケーションの診断範囲を一つのドメインとIPアドレスに限定し、企業の
Webサイト管理者が利用しやすい価格設定をした新しい製品です。標準価格
は135万円(税別、年間ライセンス、年間保守/アップグレード込み)で、販
売パートナー各社を通じて販売されます。また本日より2006年12月22日まで
の期間、約30%の割引価格を設定した「スターター・キャンペーン」を実施
し、期間内に限り95万円(税別)にて提供します。本日の発表により、Web
アプリケーションの脆弱性検査ツール「AppScan」は、対象の範囲に制限が
なく主にセキュリティや監査を業務とするコンサルティング企業がクライア
ント企業に対して利用する「AppScan Audit版」、自社内での使用に制限さ
れるがドメインやIPアドレスの数に制限がなく主にWebアプリケーション開
発会社などが使用する「AppScan QA版」、企業のWebサイト管理者などを対
象とした新製品「AppScan QA Single Server版」と、診断範囲に応じた3種
類の製品ラインアップとなります。

 「AppScan QA Single Server版」は、診断対象となるWebサイトに対し、
「構造解析」「テスト」「評価/分析」の3つのフェーズを自動で実行し、
詳細な分析結果をレポートファイルとして出力します。担当者はその分析レ
ポートをもとに脆弱性が認められたWebアプリケーションを修復し、自社の
Webサイトの安全性を常時高いレベルで維持していくことが可能となります。
診断に要する時間は、大規模サイトにおいても通常数十分から数時間以内で
完了するため、業務への影響も最小限に留めることが可能です。「AppScan
QA Single Server版」を導入し継続的に使用することにより、Webサイト管
理者はいつでも簡単に自社のWebアプリケーションの脆弱性を診断すること
ができるようになり、脆弱性の早期発見によって悪質な攻撃を抑制すること
で、企業の信頼性を高いレベルで維持していくことができます。

 近年Webサイトへのセキュリティ攻撃の多くは、ネットワークやサーバー
を対象としたものからWebアプリケーションを対象にしたものに移りつつあ
ります。しかし、多くの企業のWebサイトでは、ネットワークやサーバーの
セキュリティ対策は行われていますが、Webアプリケーションの対策は進ん
でいないのが現状です。ひとたび、個人情報や機密情報の漏洩などが起こ
れば、企業は信頼性を損なうだけでなく、時には社会問題にまで発展する
ケースも増えています。一方、企業のWebアプリケーションのチェック項目
は膨大で、人手による検査では、日々更新されていく数千から数万に及ぶ
Webページを網羅することはもはや不可能です。このため、セキュリティ検
査は、監査業務やコンサルティング業務を行う専門企業に委託するか、も
しくはWebサイトの構築時やリニューアルの際にWebアプリケーション開発
会社が併せて提供するというケースが多く、企業のWebサイト管理者が必要
に応じて自社で行うケースはあまり多くありませんでした。「AppScan QA
Single Server版」は、診断に必要な工程の自動化による省力化と、診断範
囲の限定による低価格化を同時に実現した、企業のWebサイト管理者に最適
なWebアプリケーション脆弱性検査ツールです。

■ウォッチファイアの「AppScan」について
 「AppScan」はこれまで人的な作業に頼っていたWebアプリケーションの脆
弱性診断を自動化するソフトウェア製品です。診断できる範囲に応じて以下
の3種類の製品があります。

「AppScan Audit版」:
診断対象となる範囲やドメイン数、IPアドレス数の制限がないため、主にセ
キュリティ監査を業務とするコ ンサルティング企業がクライアント企業に
対して利用します。

「AppScan QA版」:
診断対象範囲を自社内に限定した製品です。自社内であればドメインやIP
アドレスを複数指定できるので、自社サイトの診断はもとより、Webアプリ
ケーション開発企業などがWebアプリケーション開発サイクルに採用し、出
荷前に包括的にWebアプリケーションの診断を実施することも可能です。

「AppScan QA Single Server版」:
「AppScan QA」と製品機能は同じで、診断範囲を一つのドメイン、IPアド
レスに限定し、低価格で提供さ れるため自社Webサイトの脆弱性診断に最
適です。

■ウォッチファイアについて
ウォッチファイアは、企業や政府機関など膨大な情報を抱えるWebサイトの
セキュリティやコンプライアンスに関するリスクを早期に発見し、信頼性の
高いWebサイトを継続的に運用していくためのソフトウェアとサービスを開
発・販売しています。現在世界の500を超える企業や政府機関が、Webサイト
の信頼性向上のためにウォッチファイアのソリューションを利用しています。
ウォッチファイアは1996年に設立され、米国マサチューセッツ州ウォルサム
を本拠地として、米国、カナダ、イスラエル、日本の各拠点で活動していま
す。日本法人は2005年に設立されました。ウォッチファイアに関する詳細は、
(リンク ») でもご参照いただけます。

■本件に関する一般のお客様からのお問合せ先:
ウォッチファイア・ジャパン株式会社 
雨宮
TEL: 03-5789-5962 FAX: 03-5789-5757
japansales@watchfire.com

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先:
ウォッチファイア・ジャパン株式会社 広報担当
株式会社プラスワン・コミュニケーションズ 池田/田中
TEL: 03-3443-1007 FAX: 03-3443-1008
contact@plusonecomm.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!