3ds Max シェーダープラグイン Pencil+ 2 ベータ版を公開

~鉛筆画調CGを作成するノンフォトリアリスティック・シェーダープラグイン最新版~

株式会社ピー・ソフトハウス 2006年10月19日

株式会社ピー・ソフトハウス (本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:畠山慶輝)は10月19日、3ds Max シェーダープラグインPencil+ 2 リリースに先駆け、日本語ベータ版を一般公開します。Pencil+ 2 ベータ版はサンプルファイルもあわせて、PSOFT ウェブサイトからダウンロード可能です。

■Pencil+ 2 の特徴、及び新機能

Pencil+ 2 は、3ds Max 用 Windows 版 NPR シェーダープラグインで、鉛筆画風のストローク表現により、ペン画や色鉛筆画調のCG を作成します。構成するふたつのプラグイン、Pencil+ 2 マテリアルとPencil+ 2 ラインに、更に幅広い表現力が加わりました。

[Pencil+ 2 マテリアル]
ハイライトデザイン、グラデーションオフセット、ライトカラー、シャドー合成、ストロークなどをゾーンによるコントロールで、セル画調アニメーションを生み出します。

[Pencil+ 2 ライン]
シンプル操作で、より緻密なラインコントロールができます。短時間で輪郭線を描き、精密なライン検出と高品質なアンチエリアシングで、ひときわ滑らかなアニメーションを作成します。繊細かつ滑らかなストローク表現による静止画描写も可能です。

詳細については下記製品概要、及び新機能紹介ページをご覧下さい。

◎Pencil+ 2 ベータ概要
(リンク »)
◎Pencil+ 2 ベータ機能紹介
(リンク »)

■Pencil+ 2 ベータ版公開について

[公開期限]
2006年10月19日より約1ヶ月
※状況により上記期間が変更される場合があります。

[入手方法]
PSOFT ウェブサイト下記ダウンロードページより、入手可能です。
Pencil+ 2ベータ版 (マニュアル含む) とあわせて、サンプルファイルも公開中です。

[3ds Max対応バージョン]
3ds Max 6, 7, 8

[機能制限]
ベータ版には次のような制限があります。
・レンダリングイメージに透かしが入る。
※設定済みパラメータは、Maxファイルに保存可能。
(製品版購入後、ベータ版利用時の既存設定が有効)

◎ダウンロードページ
(リンク »)

■Pencil+ 2 ベータテストのお願い

Pencil+ 2 リリースに向け、ユーザーへ安定して動作するソフトウェアの提供を目指し、日夜取り組んできました。何よりも、ユーザーが安心してご利用いただけるソフトウェア作りを目指しています。 製品を試用し、予期せぬ動作が見られた場合は、お気軽にご報告ください。ご報告頂いた方に、PSOFT 3ds Max 関連製品 (Pencil+ 2, Liquid+,NPR Combo Pack) 購入割引優待券 (下記詳細ページ参照) をお贈りします。その他、ご意見やご感想につきましても随時受け付けております。ご連絡の際には下記専用フォームをご利用ください。

◎不具合報告フォーム
(リンク »)
◎ご意見ご感想投稿フォーム
(リンク »)
◎割引優待券詳細
(リンク »)

■Pencil+ 2 予定価格

Pencil+ 2 の予定販売価格は以下の通りです。また、Pencil+ 2 発売時より2007年3月末まで「期間限定アップグレードキャンペーン」を実施します。尚、Pencil+1.x はPencil+ 2 の発売をもって、販売を終了させて頂きます。

Pencil+ 2 45,150円(税込)
Pencil+ 2 へのアップグレード(通常価格) 21,000円(税込)
Pencil+ 2 へのアップグレード(キャンペーン価格) 10,500円(税込)
NPR Combo Pack (Pencil+ 2とLiquid+1.x のセット) 79,800円(税込)

※Pencil+ 2 ベータ版の不具合を報告された方に送られる購入割引優待券は、上記キャンペーン中にもご利用可能です。

■お問合せ先

株式会社ピー・ソフトハウス
(リンク »)
PSOFT製品インフォメーション
Email: info@psoft.co.jp
TEL:022-295-2783

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ピー・ソフトハウスの関連情報

株式会社ピー・ソフトハウス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!