リアルタイム・トレーディング・プラットフォーム「SPRINT」を採用 インデックスと共同開発

松井証券は、2006年10月27日より「ハイスピードα」を同社のすべての顧客に向け、無料で提供開始 NTTドコモの携帯電話FOMA900iシリーズ以降に対応

松井証券向けに携帯電話向けリアルタイム・トレーディング・ツール「ハイスピードα」を開発 2006年10月25日

今後は、ASPサービスとしてパソコン向けだけでなく、携帯電話向けのリアルタイム・トレーディング・ツールも展開

金融機関の収益業務(フロント業務)に特化したシステムソリューション開発事業を展開する株式会社シンプレクス・テクノロジー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:金子 英樹 東証一部:4340 以下 シンプレクス・テクノロジー)は、松井証券株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松井 道夫 東証一部:8628以下 松井証券)向けの携帯電話向けリアルタイム・トレーディング・ツール「ハイスピードα」を、株式会社インデックス・ホールディングス(代表取締役社長:小川 善美 JASDAQ:4835)子会社の株式会社インデックス(代表取締役社長:小川 善美)と共同開発しました。
松井証券は、この「ハイスピードα」を、2006年10月27日(金)より、松井証券のすべての顧客に無料(※)で提供します。
※ 通信料は当サービス利用者のご負担となります。なお、ハイスピードαは設定によっては自動的に通信が発生するため、高額のパケット通信料を請求される場合があります。ご利用にはパケット定額制サービスへの加入を強くお勧めいたします。

「ハイスピードα」は、自動更新機能を備え、クリックなしで最新の株価情報や複数気配情報(板情報)を表示します。また、発注機能も兼ね備えており、携帯電話向けトレーディングツールとしては日本で初めて、複数気配情報(板情報)画面より直接注文が可能です。さらに、各種チャート、指数など多彩な投資情報を閲覧することができます。

この「ハイスピードα」で採用されているリアルタイム・トレーディング・プラットフォームである「スプリント」は、シンプレクス・テクノロジーが証券会社など金融機関向けにリアルタイム・トレーディング・ツールを提供するサービスです。「スプリント」を利用したトレーディングツールの個人投資家向けのサービスは、証券会社を通じて個人投資家に提供されます。
「スプリント」は、当社初のASPサービスで、松井証券にはパソコン版のリアルタイム・トレーディング・ツールである「ネットストック・ハイスピード」としても採用されており、その正式リリース(2006年9月19日)以降の1ヶ月間での本ツール経由の取引は、松井証券の約定件数ベースで16%にまで達しています。
当社は今後、従来のパソコン向けに加え、携帯電話向けのリアルタイム・トレーディング・ツールについても、証券会社を中心に他社への拡販を目指します。

なお、当該契約による当期の決算への影響は折り込み済みです。当期決算につきましては当初の予想通り順調に推移しております。


「ハイスピードα」に関するお問合せにつきましては、松井証券までお問合せください。(松井証券株式会社 総務企画部 Tel: 03-5216-8650)


システム開発、コンサルティングに関するご相談・お問い合せ先
(株)シンプレクス・テクノロジー
営業担当:藤野
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1日本橋一丁目ビルディング15階
Tel: 03-3278-6750  
eMail: sales@simplex-tech.co.jp


本件に関するマスコミの方のお問い合せ先
(株)シンプレクス・テクノロジー
アドミニストレーショングループ:瀬尾

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1日本橋一丁目ビルディング15階
Tel: 03-3278-6750  
eMail: ir@simplex-tech.co.jp

用語解説

シンプレクス・テクノロジーは、金融機関のフロントオフィス業務(収益業務)分野におけるシステム開発のリーディングカンパニーです。1997年の会社設立以来、大手証券会社や都市銀行などでのディーリング・リスク管理に代表されるフロント業務を高いレベルでサポートできる最先端かつ高品質のコンサルティング・システムソリューションを提供しています。また、当社のシステムソリューションは、デリバティブ、仕組債、債券、資金・担保、為替、株式などほぼすべての金融商品に対応しています。

シンプレクス・テクノロジーは、2002年2月のJASDAQ上場、2004年5月の東京証券取引所第二部上場を経て、2005年9月に会社設立以来7年11ヶ月で東京証券取引所第一部へのスピード上場を果たしました。当社は今後もお客様のビジネスパートナーとして、常に最先端かつ最高峰のソリューションを提供してまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?