帳票 i ワールド、レガシーマイグレーションとオープン環境下の基幹帳票運用を具現化する製品連携情報を一挙に公開 基幹システム移行を帳票分野から課題解決する新しい手引きに

ウイングアーク1st株式会社 2004年06月24日

検証を前提とした製品連携で各ソリューションと結ぶ基幹システムのオープン化を実現し運用を最適化する「総合帳票基盤」情報を網羅

 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、本日、帳票分野と企業システム構築を推進する各社製品との連携を情報公開する「帳票 i ワールド(企画運営:ウイングアーク テクノロジーズ)」において、レガシーマイグレーションとオープン環境での基幹帳票運用に関する連携情報を一挙に公開いたしましたので、お知らせいたします。

 「帳票 i ワールド」は、検証済みのソリューションや構成製品に関する情報をはじめ、ソリューションプロバイダーの直言、セミナー告知などの内容で構成され、レガシーマイグレーションにともなうオープン環境での基幹帳票運用に関する情報を網羅した唯一のサイトとなります。 具体的には、

・ レガシーマイグレーション:リライトと総合帳票基盤の連携
  (:株式会社ジェー・アイ・イー・シー 製品「EZ Legacy」との連携について)
    (リンク »)
・ レガシーマイグレーション:リホスティングによるオープン化と総合帳票基盤の連携
  (:株式会社CSK 製品「Omni-Frame」との連携について)
    (リンク »)
・ COBOL資産をどう活かすか?オープンシステムで活躍するCOBOLプログラムとの連携
  (:東京システムハウス株式会社 製品「ACUCOBOL-GT」との連携について)
    (リンク »)
  (:マイクロフォーカス株式会社 製品「Micro Focus Net Express」「Micro Focus Server Express」との連携について)
    (リンク »)
 さらに、現実的なレガシーマイグレーションの手法について、サイト情報と連動したセミナーを下記のとおり企画開催します。

・ 【COBOL資産の活用について】:6/29開催「COBOL資産の活用手法」セミナー
  (:東京システムハウス株式会社 協力/ウイングアークテクノロジーズ 主催)
    (リンク »)

・ 【レガシーマイグレーションの方法論と留意点について】:7/15開催セミナー
  (:株式会社CSK 殿/株式会社ジェー・アイ・イー・シー 殿/ウイングアークテクノロジーズ 共催)   (リンク »)


 企業システムにおいてTCO削減やROIが命題となっている昨今、さらに2007年問題をかかえ、メインフレームを中心とした既存の基幹システムの見直しが大きく問われています。レガシーマイグレーションでは、とくに現行の業務を忠実にオープン系に移行することが最優先の目標です。しかしながら、新たなシステム構築において、業務を継承するための大量帳票データのスプールやセンター印刷、拠点間の運用については課題解決が取り残されたままになっています。

 ウイングアークテクノロジーズが企画運営する「帳票 i ワールド」は、システム構築を「帳票開発」から考え、企業システムのオープン化に欠かせない各社製品と帳票分野を「繋ぐ/組み合わせる」連携情報として提供し、企業の情報システム部門やSI企業に対して認知させる目的でサイトアップしています。
 現在19のカテゴリーで65製品/協業各社の賛同によって展開するサイトとなり、最新技術への対応と連携の検証を前提とした各社製品・ソリューションの関連情報、運用を最適化するための「総合帳票基盤」情報を網羅し、運用に直結する帳票分野からのシステム構築に手引きとなる情報を提供しています。

 ウイングアークテクノロジーズは、今後さらにレガシーマイグレーションをテーマとして、新たなレガシーtoオープンの製品連携をすすめ、検証済みソフトウエア部品の組み合わせによる具体的な連携方法を、「帳票 i ワールド」に掲出していく予定です。

 「帳票 i ワールド」に賛同する19のカテゴリー65製品各社の内容は、以下のとおりです。


● OS
Microsoft Windows (マイクロソフト株式会社)
MIRACLE LINUX (ミラクル・リナックス株式会社)
Turbolinux (ターボリナックス株式会社)
● Webアプリケーションサーバ/Webサーバ
ActiveGlobe WebOTX (日本電気株式会社)
BEA WebLogic Platform (日本BEAシステムズ株式会社)
Borland AppServer (ボーランド株式会社)
ForeSite アプリケーションサーバ(株式会社ビーコンIT)
IBM WebSphere Application Server (日本アイ・ビー・エム株式会社)
INTERSTAGE (富士通株式会社)
iPlanet Application Server (iPlanet E-コマース・ソリューションズ ジャパン)
iPlanet Web Server Enterprise Edition (iPlanet E-コマース・ソリューションズ ジャパン)
Macromedia JRun Server (株式会社アイ・ティ・フロンティア)
Macromedia ColdFusion MX (株式会社アイ・ティ・フロンティア)
Oracle Application Server 10g (日本オラクル株式会社)
SilverStream Application Server (テクマトリックス株式会社)
● ERP
glovia.com (グロービアインターナショナル株式会社)
GRANDIT (インフォベック株式会社)
mySAP.com (SAPジャパン株式会社)
Oracle E-Business Suite (日本オラクル株式会社)
● データ統合ツール
Asteria (インフォテリア株式会社)
DataSpider (株式会社アプレッソ)
xCOMMERCE (テクマトリックス株式会社)
● 開発支援ツール
JClass ServerChart (グレープシティ株式会社)
QuiQpro-Web (株式会社富士通システムソリューションズ)
XupperII (ケン・システムコンサルティング株式会社)
● サーバベースコンピューティング
MetaFrame (シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)
● FAX出力
FaxPress (株式会社マクニカ)
TransFax for TSUBASA Super Visual Formade (株式会社トランザクト)
● プリンタ
CANON Printing Solution (キヤノン販売株式会社)
FUJI XEROX Printing Solution (富士ゼロックス株式会社)
Hitachi High-Technologies Printing Solution (株式会社日立ハイテクノロジーズ)
Hitachi Printing Solution (日立プリンティングソリューションズ株式会社)
IBM Total Printing Solution (日本アイ・ビー・エム株式会社)
OKI DATA Printing Solution (株式会社沖データ)
RICOH Printing Solution (株式会社リコー)
● 電子帳票・電子保存
e-image (株式会社三菱電機ビジネスシステム)
FiBridgeII (川鉄情報システム株式会社)
ILF Powered/Ex (株式会社野村総合研究所)
NEOSS (インフォコム株式会社)
Pandora (株式会社NTTデータ ビジネスブレイン)
Report Mission (日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社)
SpoolServer (NECソフトウェア北海道株式会社)
WPM (日本アイ・ビー・エム株式会社)
● 統合レポートシステム
BSP-RM (株式会社ビーエスピー)
OpenBOST (インフォコム株式会社)
●サーバ
ES 7000 (日本ユニシス株式会社)
hp serverファミリー&Proliant (日本ヒューレット・パッカード)
NX7000シリーズ (日本電気株式会社)
PowerEdge サーバ (デルコンピュータ株式会社)
PRIMEPOWER (富士通株式会社)
Sun Fire サーバファミリ (サン・マイクロシステムズ株式会社)
日立サーバファミリ&FLORAシリーズ (株式会社日立製作所)
● ファイル転送ツール
HULFT (株式会社セゾン情報システムズ)
●統合運用管理
JP1 (株式会社日立製作所)
Tivoli (日本アイ・ビー・エム株式会社)
● 署名
SignedPDF (三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社)
● 開発言語
ACUCOBOL-GT (東京システムハウス株式会社)
Micro Focus COBOL (マイクロフォーカス株式会社)
● ドキュメント管理
Millemasse (株式会社日立システムアンドサービス)
●フレームワーク
intra-martベースモジュール/フレームワーク (株式会社NTTデータ イントラマート)
●ワークフロー
ExchangeUSE (富士電機システムズ株式会社)
●レガシーマイグレーション
ACUCOBOL-GT (東京システムハウス株式会社)
EZ Legacy (株式会社JIEC)
Micro Focus COBOL (マイクロフォーカス株式会社)
Omni-Frame (株式会社CSK)

以上

<補足>
社名 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(旧・翼システム)
代表取締役社長  内野 弘幸
設立  2004年3月
資本金 1,158,840,000円
売上  48億円(2004年3月実績) 
従業員 80名
事業内容
・ソフトウエアプロダクツ ライセンスビジネス
・技術情報提供ビジネス
・ベストフィットサービス ビジネス
・ソフトウエアオンデマンド ビジネス
本社所在地 
東京〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL03-5766-2833(代表)FAX 03-5766-2835
大阪〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 大阪サンケイビル本館7F
TEL 06-6343-8960(代表)FAX 06-6343-8961
URL  (リンク »)

関連会社
株式会社エフ・アイ・ティ
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-4-1 友泉淡路町ビル7F
ディジタル・ワークス株式会社
〒060-0809 札幌市北区北九条西4丁目10番地3 エスターNガレリアビル3F

<< 帳票関連製品、セミナーに関する問い合わせ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 (旧・翼システム) 
e-mail:tsales@wingarc.co.jp 
TEL:03-5766-2833 FAX:03-5766-2835
URL (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR